特色

学生の満足度の高い就職状況

就職率95%以上、企業に求められる人材を輩出

安定した就職実績


平均95%以上の就職実績

第1期生の卒業以降、就職率の平均は95%以上を維持。平成28年度は厳選採用が続く中、産学交流会と連携し、前年度に続き100%を達成しました。また、学生の就職先企業に対する満足度が高いことも特長です。平成28年度は満足度が97%、第1~2希望の企業への就職率は87%となりました。求人企業数は3,000社を超えており、これらの数値が本学の教育成果を表しています。



入学直後からのキャリア教育


職業観や人間力の形成を学ぶ産学協同科目

1年次から正規科目として「キャリアデザイン」を開講し、学生自身がどのような能力や知識の修得が必要かを考えていきます。これに加えて、企業が重視するコミュニケーション力やプレゼンテーション力の伸長のため、グループワークやロールプレイを取り入れ、専門知識の修得と併せて「就業力(挑戦力、創造力、コミュニケーション力)」を身に付けていきます。これらのキャリア教育では、企業出身者が指導にあたります。


厚みのある就職サポート体制


学内で行う合同会社説明会

「新潟工科大学産学交流会」と連携し、「業界・企業研究」や「合同会社説明会」をはじめとした、企業と接する機会を多く設けています。学生個別の支援では、学生と大学が就職活動状況を情報共有するための「キャリアポートフォリオシステム」を導入しています。これを活用しながら教員と専門職であるキャリアアドミニストレータが連携し、学生一人ひとりに求人斡旋や具体的な就職活動指導などを行います。



関連サイト

就職データ就職支援大学教育再生加速プログラム産学交流会