就職情報

機械制御システム工学科

年度別就職先一覧

平成28年度  平成27年度  平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度

平成28年度就職先一覧



職種紹介

開発設計

どの企業も、主力となる製品や次世代に主力となる新製品の開発に取り組んでいます。機械系企業においては、機械装置の動力機構や制御技術などに関する新技術の調査・研究・開発が必要となっています。それらの新技術を製品化するためには、機構装置の設計だけでなく、材料から検討して設計していく必要があります。このような開発設計部門で多くの卒業生が活躍しています。

生産技術

どのような優秀な研究開発者がいても、どのような優秀な製造現場の技能者がいても、競争力のある製品を生み出すにはコストが安く効率のよい生産システムが構築されないといけません。新しい装置や設備の知識だけでなく、製造技術にも熟知し生産ラインをトータルに管理、改善していく必要があります。さらには、工場の新設にも携わり、工場全体のマネージメントを行います。このような生産技術部門でも多くの卒業生が活躍しています。

メカトロニクス技術者

私たちの生活を支える機械は、機械部品だけで構成されているものは少なく、電子制御装置が組み込まれた「電子機械製品」がほとんどとなっています。生産コストの高い日本においては付加価値の高い「電子機械製品」を開発することが、国際的な競争に勝ち抜く条件といっても良いでしょう。このような、機械と電子が融合したメカトロニクス分野でも多くの卒業生が活躍しています。

卒業生メッセージ

新潟工科大学は 卒業後の就職へ 確実につながる大学。

渡邊 健太郎

私は上越新幹線で運転されている車両の点検・整備を行っています。具体的には車両の定期検査や突発的な故障の修繕作業などをしています。大勢のお客様の命をあずかる新幹線の安全に携わる仕事ですので、自分の仕事の重要性とやりがいを日々感じています。
JR東日本に入社したのは、新潟工科大学で開催された企業説明会で興味をもったのがきっかけです。多くの人に関われ、役に立てる仕事がしたいと考えていたので、JR東日本はぴったりでした。また、大学で得た工業系の知識を活かせる職種に就きたいと考えていたので、車両整備の職種を希望しました。
新潟工科大学は卒業後の就職へ確実につながる大学です。先生方も親身になってサポートしてくれますので、みなさん安心して入学してきてください。

Q&A

人よりたくさんのことを 学びたい人は ぜひ新潟工科大学へ!

小林 隆浩

製菓工場の工場製造ラインのライン新設及び設備保全が私の仕事です。具体的には、故障した機械の修理や部品の交換、工事のための段取りをしています。他にも部品の図面を書いて、製作してもらうことなどがあるのですが、自分の図面から製作した部品が実際に工場で役立っているのを見ると嬉しいですね。大学時代にCADを使っていたので、今の仕事に活かせています。新潟県内で機械開発職を探して、他の企業にはないものが造れると思い入社したのですが、大学時代に学んだ知識のおかげで、特に図面制作は楽しみながら行っています。
大学生活が四年もあるなかで、研究室が一年間だけではもったいないと思い、私は1年次からクラブ活動を通じて研究室に入っていました。新潟工科大学は1年次から研究室に出入りできるので、人よりたくさんのことを学びたい人にはおすすめだと思います!

Q&A