就職情報

サポート体制

1.キャリア教育


新潟工科大学では、専門教育と教養教育に加え、入学から卒業までの間を通して学生の社会的・職業的自立を図るための、就業力科目を組み込んだ実践型カリキュラムを構築しています。
就業力科目は、キャリア教育を体系的に学ぶことができるように各学年に配置されており、就職だけを目的とするのではなく、その先の企業での活躍や社会への貢献など、社会人・技術者として自立するために必要な力を育成していきます。
さらに、自分の目標への進み具合、活動記録の振り返りができ、成長が実感できるキャリアポートフォリオシステムを導入しています。


2.各種就職ガイダンス

本学では、入学時から卒業までの間に様々なガイダンスを開催し、就職活動をサポートしています。主に3年生を対象に以下の講座を実施しております。

就職ガイダンスの内容

就活準備、インターンシップ講座、自己分析、就活マナー、女子学生向け講座、内定者報告会、
業界・企業研究、卒業生との懇談会、応募書類の書き方、就活サイト活用、面接対策、模擬面接、
企業見学

その他就職イベント

就職試験対策講座、公務員ガイダンス、就活イベントへのバス運行

3.一人ひとりを個別指導

新潟工科大学では就職活動の窓口となるキャリア・産学交流推進課の相談対応に加え、学生と日常、接している指導教員が個別に指導にあたっています。指導教員が一人ひとりの就職活動状況を把握しつつ、活動方法や採用試験に関して助言と指導を親身に行っています。指導教員とキャリア・産学交流推進課とが皆さんの就職活動をしっかり支えます。また、キャリアアドバイザーを配置し、専門的な立場から個別に助言を行い、学生一人ひとりの悩みや疑問点を解決するとともに、ハローワークからも学内において企業の採用動向や就職の相談に個別に応じています。なお、産学連携で県内企業と太いパイプをもつキャリアコーディネーターを配置して、学生一人ひとりの要望に合った就職先を支援していきます。

4.学内合同会社説明会


新潟工科大学の就職支援活動の中でも特記すべきは、毎年3月中旬に学内で開く合同会社説明会です。新潟工科大学産学交流会会員企業や卒業生の就職先企業が例年多数参加しています〈平成28年度実績196社〉。各会社のブースでは人事担当者と学生が直接面談します。

5.対話型企業技術・要素会


新潟工科大学では、低学年からの学生の職業観を高めるため、対話型企業技術・要素会を実施しています。各企業の方から製品やパネル・模型等を展示して出展いただき、企業研究を行います。