新潟工科大学附属図書館 NIIGATA INSTITUTE OF TECHNOLOGY LIBRARY

資料紹介

おすすめ図書

死神の精度/伊坂幸太郎 著

人が生きるか死ぬかを7日間で判定する仕事をする死神が主人公の小説です。
主人公の死神が死ぬ予定の人と会話やコミュニケーションをとることで話が進んでいきます。
主人公は真面目に会話しているのですが質問などがちょっとずれていたりして、クスッとする場面も多く、
死神が最も好きなものは音楽で、最も嫌いなものは渋滞などといったまったく死神らしくないようなイメージも表現されているのもおもしろいです。
この作品は6つの短編を集めたものになっているので、飽きにくくちょっとした時間に読むことができるのもお薦めな部分です。
『Sweet Rain 死神の精度』(スウィート・レイン しにがみのせいど)のタイトルで映画化もされていますし、続編の『死神の浮力』は図書館にはありませんが、この作品よりもシリアスな内容になっています。
今、死神といえばデスノートが流行っていますが、この小説の死神もユニークなキャラクターをしていますのでどうぞ読んでみてください。