NIIT ニュース

2009年11月30日

 本学では、文部科学省の「大学教育・学生支援推進事業」(学生支援推進プログラム)の採択を受けた「地域の将来を担うものづくり技術者のキャリア支援プログラム」の一環として、本年10月からキャリアカウンセラーを配置しました。
 毎週木曜日にキャリアカウンセラーによる就職相談や模擬面接、履歴書・エントリーシート等の添削指導などを行い、進路・就職問題を学生と一緒になって解決していきます。キャリアカウンセリングを通じて、学生が自身の経験・能力・価値観・興味などを見つめ直し、自分の方向性を見つけることができるようバックアップしていきます。

2009年11月27日

 機械制御システム工学科の今坂賢介さんが、平成21年度前期新潟県技能競技大会の機械系保全3級で1位を受賞しました。
 同大会は、平成21年度前期技能検定実技試験と同時に実施され、今坂さんは、機械保全(機械系保全作業)試験3級に合格しています。
 11月20日(金)に新潟市の朱鷺メッセで行われた表彰式に出席した今坂さんには、表彰状と副賞のメダルが贈呈されました。


 
 

2009年11月25日

  11月21日(土) に本学において、14回目となる「青少年のための科学の祭典柏崎刈羽大会」(主催:柏崎市教育委員会、柏崎市立教育センター、新潟工科大学ほか)が開催されました。あいにくの天候の中、約900人の親子連れが訪れました。

  会場には18の実験ブースが出展され、本学からも情報電子工学科の佐藤栄一准教授、環境科学科の竹園恵教授、小野寺正幸准教授が出展し、本学の学生も子どもたちの指導にあたりました。

 

会場の様子

 

動く絵のおもちゃ

 

いろいろイクラボトル

 

分子模型を作ろう!

2009年11月24日

 11月17日(火)に本学において、柏崎工業高等学校との高大連携に関する協議会を開催しました。
 この協議会は、同校生徒が大学教育にスムーズに移行できるように、出張講義・大学見学の実施や、同校出身者の本学での修学状況、学生生活状況等の情報交換を行っています。
 平成13年から数えて11回目となる今回の協議会では、教科の履修範囲と入学前学習の整合性や課題研究発表会への協力など、多面的な連携の調整のほか、卒業生の活躍ぶりや同校における各種競技会での成果などが報告されました。

2009年11月19日

掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:11月25日 9:00)

 

※問い合わせ先:入試広報課

2009年11月17日

平成22年度公募制B日程推薦入学試験及び3年次編入学試験2次募集を以下のとおり行います。

■入試区分

公募制B日程推薦入学試験【全学科】 
3年次編入学試験2次募集【全学科】 

■入学試験日程【公募制B日程推薦入学試験・3年次編入学試験2次募集共通】 

 出 願 期 間 

 試 験 日 

 合 格 発 表 

 入学手続期間 

 平成21年11月24日(火)
〜11月30日(月)
【締切日消印有効】 

 12月5日(土) 

 12月10日(木) 

 〜12月25日(金)まで 

■特待生制度について
 特待生は、一般前期A日程と大学入試センター試験利用A日程入学試験の成績優秀者に対し、最長で卒業までの4年間の年間授業料の半額(44万円×4年間)を免除する制度です。
 公募制B日程推薦入学試験に合格し、入学手続を行った者で、希望者は一般前期A日程入学試験及び大学入試センター試験利用A日程入学試験のどちらか又は両方を受験(検定料無料)してください。

■その他

入試の詳細については、入学試験概要(工学部)(PDFファイル)をご覧ください。 
募集要項(願書)を請求される方は、こちらをご覧ください。
入学試験における新型インフルエンザの対応については、こちらをご覧ください。

2009年11月12日

 10月10日(土)・11日(日)の両日、ツインリンクもてぎ(栃木県)スーパースピードウェイで行われた「第29回本田宗一郎杯Hondaエコノパワー燃費競技全国大会」(省エネカーレース)に自動車同好会が参加しました。
 10日(土)の練習走行は無事完走し、燃費239.5km/リットルを記録しましたが、翌11日(日)の決勝では他車と接触し、走行不能のため残念ながらリタイヤとなりました。
 しかし、公式記録にはなりませんでしたが、練習走行では目標としていた「初出場した昨年の記録の2倍の燃費」を達成しました。来年は、さらに今年の記録の2倍を目指して車両の改良を進めていきます。

【Hondaエコノパワー燃費競技全国大会について】
 一人乗りの自作車両にホンダ製50cc4ストロークガソリンエンジンをベースに改良したエンジンを登載し、1周約2.4kmのコースを平均時速25km/h以上で7周走行し、燃費を競います。 7クラスあり、大学はグループIII(大学・短大・高専・専門学校クラス)に出場します。

 
 

2009年11月12日

掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:11月18日 9:00)

 

※問い合わせ先:入試広報課

2009年11月12日

掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:11月18日 9:00)

 

※問い合わせ先:入試広報課

2009年11月10日

 新潟工科大学地域産学交流センターでは、新潟工科大学産学交流会会員企業の柏崎地区企業との懇談会を平成21年10月28日(水)に本学で開催し、18社の参加をいただきました。
 懇談会では、大学の現状報告、研究紹介・話題提供(パルス大電力技術の環境応用−今田准教授)、研究室見学(井上教授・今田准教授)及び意見交換会を行い、その後懇親会も実施しました。なお、本学からは地域産学交流センターの教職員  10名が参加し交流を図りました。

 意見交換会での主な意見・要望
・研究においては、大学側から形に見えるシーズを出してもらいたい。
・社会人向けの講座実施や聴講生の受け入れをPRされてはどうか。
・環境分野の研究をされている先生もおり、会社の環境処理に活用したい。
・介護の業務を行っており、その分野で先生からアドバイスをいただく機会を設けたい。
・学生の基礎学力(熱力学、材料力学、溶接等)が欠けている。また、最近の若者はものを調べる際にインターネットで検索するのみであるため、本を見て調べるように指導してもらいたい。
・大学図書館を市民向けにPRされてはどうか。
・各先生が地元の会合に積極的に参加されてはどうか。そうすることで親密な交流を図ることができる。
・ソフトウェア開発等に関する夜間の講座や社員向け研修会の開催を検討されてはどうか。

 懇談会の様子 

 研究紹介(今田准教授)

 研究室見学(井上教授)

 研究室見学(今田准教授)

2009年11月09日

 10月26日(月)〜11月2日(月)に、本学と学術交流協定を締結している中国の哈爾濱理工大学の学術交流団4名が訪日しました。
 10月27日(火)に学術交流懇談会、翌28日(水)には日中技術交流公開シンポジウムを行い、その後、一行は国内の視察研修に向かいました。
 同大学とは、1996年に学術交流の覚書を交わし、2005年に正式協定を結びました。学術交流では、両大学の相互訪問、客員研究員・留学生の受け入れなどを行っています。

 

2009年11月04日

  10月28日(水)に、平成21年度公開講座 技術講座・実験編(全4回)が終了しました。
  今年度は、地域の一般市民の方を対象とした「柏崎の自然水の水質を調査しよう!」を開講し、分子模型の作製や水質調査実験を行いました。受講された皆様、ありがとうございました。

  今年度の公開講座は、今回をもちまして全日程が終了しました。今後も皆様に興味を持っていただけるようなテーマを取り上げていきますので、よろしくお願いいたします。

 

2009年11月02日

 10月10日(土)・11日(日)の両日、神奈川県藤沢市の片瀬西浜海水浴場で行われた全日本ライフセービング選手権大会に、環境科学科1年生の牧口航平さんが出場しました。
 大学進学を機に、小さい頃から憧れていたライフセーバーの資格取得を決意した牧口さんは、大学入学後、先輩と共にライフセービング同好会を設立。今夏、ベーシックサーフライフセーバーの資格を取得し、柏崎市内の海岸で監視活動を行いました。
 その後、各種大会に出場しましたが、9月12日(土)に和歌山県西牟婁郡白浜町の白良浜海水浴場で行われた全日本ライフセービング選手権大会西日本地区予選会では、競技種目の1つ「サーフレース」で見事5位に入賞し、全日本選手権に進出しました。
 全日本選手権での競技結果は、残念ながら予選敗退でしたが、「海の危険、事故から人々の命を守るため、もっと上級の資格を取得したい。同好会で一緒に活動する仲間もどんどん増やして行きたい。皆さんもライフセービングを一緒にやってみませんか?ライフセービングに興味のある方は、one_for_all_life@yahoo.co.jpにご連絡ください。」と今後の抱負を語ってくれました。