NIIT ニュース

2010年10月28日

 本学地域産学交流センター主催による交流会を、平成22年10月15日(金)に糸魚川商工会議所で開催しました。
 糸魚川地域では初めての開催であり、糸魚川ものづくりネットワークの共催のもと、企業・団体の方から33名のご参加をいただきました。
 交流会では、地域産学交流センター長の宮澤教授が、教育研究の最近の取組や来月に竣工する原子力耐震・構造研究センターの紹介を行いました。続いて、サンライズ工業株式会社の池田様からは、本学との共同研究や、大学院への社会人学生の派遣についての事例を紹介いただきました。基調講演としては、本学建築学科の富永教授が「新潟の気候風土における分散電源ネットワーク技術の利用」をテーマに発表を行いました。
 その後、市内の飲食店に会場を移し、今後の連携、交流等について情報交換を行い盛会のうちに閉会しました。

 

学長あいさつ

 

連携事例の紹介(サンライズ工業)

 

富永教授の発表 

2010年10月14日
 10月9日(土)、10日(日)に新潟産業大学で開催された第22回「紅葉祭」に、本学学友会がスーパーボールすくいのブースを出店しました。両日とも、子どもたちや産大学生に大盛況でした。たくさんのご来場ありがとうございました。

 
     
 
     
   
スーパーボールを193個すくった産大の赤澤潤さん(左)
2010年10月13日

  新潟国際情報大学新潟中央キャンパス、長岡造形大学を会場にして新潟県内12大学・短期大学の合同説明会が行われます。個別相談会形式で時間内の入退場は自由です。

  参加大学の学べる内容、入試などについてじっくりと相談して下さい。



  ○長岡会場

   日時 : 12月18日(土) 10:00〜15:00

   会場 : 長岡造形大学



  ○新潟会場

   日時 : 12月19日(日) 10:00〜15:00

   会場 : 新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス



  ■2010新潟県内大学・短大合同進学説明会ホームページURL

   http://www.n-seiryo.ac.jp/alliance/gousetu/index.html

2010年10月07日

平成22年度公開講座を以下のとおり上越市で開講します。多くの皆様方の受講をお待ちしております。
なお、詳細はリーフレット[PDFファイル]をご覧ください。

■技術講座:「快適で安全な地域の住まいづくり」

        講 師        建築学科教員 5名

開 講 日

テ ー マ

場  所

1

10月28日(木)
19:00〜20:30

 安全・安心、豊かな住まい 〜具現化に向けて〜

 講師:地濃 茂雄 教授  

 上越市市民プラザ

第1会議室 

2

11月 4日(木)
19:00〜20:30

 地震と住まい1 〜安全な住まいとは〜

 講師:中野 克彦 教授  

3

11月11日(木)
19:00〜20:30

 地震と住まい2 〜復興の取り組みと課題〜

 講師:田口 太郎 准教授

4

11月18日(木)
19:00〜20:30

 雪と住まい 〜雪に備える建築〜

 講師:深澤 大輔 教授

5

11月25日(木)
19
:00〜20:30

 環境と住まい 〜建築環境と省エネルギーを考える〜

 講師:飯野 秋成 教授
【申込期限:10月18日(月)まで】

お申し込み・お問い合わせ先 
  〒945−1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
  新潟工科大学 入試広報課
  ★ホームページでのお申し込み 【入力フォーム】
  ★電話、電子メール、FAXでのお申し込み
    ・それぞれの申込期間内に、希望する講座名と住所、氏名・フリガナ、電話番号を明記してください。
    ・TEL 0257−22−8188
    ・FAX 0257−22−8226(リーフレットの裏面[PDFファイル]をご利用ください。)
    ・E−mail nyuushi@adm.niit.ac.jp
2010年10月06日

  文部科学省の平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」に本学の「実践型カリキュラムによる職業人育成事業」が平成22年9月28日付けで採択されました。全国から441件の申請のうち180大学が採択され、新潟県内の私立大学において単独での採択は本学のみです。
  この取組は、就業するために必要な専門力とNIIT人間力(※)を育成するため、専門教育、教養教育、職業教育を体系的に行う、キャリア教育トータルシステムを確立する取組みです。キャリア教育トータルシステムの確立にあたっては、本学のコアコンピタンスでもある、産学連携を最大限に発揮することにより、他大学にない、実践的なシステムを構築することができ、就業力の育成に大きく寄与します。

※ NIIT人間力は「創造力」、「挑戦力」、「コミュニケーション力」で構成される、本学の育成する力。なお、新潟工科大学の英文呼称を、「NIIGATA INSTITUTE OF TECHNOLOGY」としており、これを簡略化した本学の愛称として「NIIT」(エヌ・アイ・アイ・ティ)と名付けています。


【取組内容】

1. キャリア教育トータルシステムの確立にあたり、入学から卒業につなげる、体系的なカリキュラムとシステムを構築する。
2. 企業の実務家と連携(産学連携)し、実践型カリキュラムを開発する。
3. キャリア教育トータルシステムの確立にあたり、既存科目の実施方法・内容の見直し、また廃止科目を検討する。(以上の1〜3によりカリキュラム改革に取組む。)
4. キャリア教育トータルシステムの取組みに伴い、入学から卒業までの自己の成長を実感させるためにNIIT人間力の自己評価を行う。
5. 入学から卒業までの大学における取組みを学生に認識させると共に体系的な学生指導を可能とするために、キャリアポートフォリオシステムを開発・導入する。
6. 卒業生のNIIT人間力や学士力形成の調査を企業に対して行い、調査結果を分析し、実践型カリキュラムに反映させる。
7. 企業人による外部評価委員会を組織し、事業全体のPDCAサイクルを回して行く。

【就業力育成事業に係る科目(イメージ)】

区 分

1年次

2年次

3年次

4年次

キャリア科目
(理論)

キャリアデザイン

キャリア基礎

キャリア演習

 

実践科目
(実践)

1DAY
インターンシップ

プレリミナリィ
インターンシップ

アドバンス
インターンシップ

卒業研究

基礎ゼミ

PBL実習

企業研究

企業研究1
(企業見学)

企業見学2
(業界研究)

企業研究3
(実務家講義)

 

2010年10月06日

大学広報誌「NIIT広報誌vol.24」(発行日:平成22年9月15日)を発行しました。

◆コンテンツ
  【NIIT news】
  海浜清掃装置のデモンストレーションを実施
  新潟大学工学部と単位互換協定を締結
  モンゴル科学技術大学と学術交流協定を締結
  平成22年度特別奨学生伝達式
  第15回工科大祭
  中越沖地震復興イベント「ありがとうの日2010」に協力
  学友会主催スポーツ大会を実施
  平成21年度日本雪工学会賞受賞
  原子力耐震・構造研究センター情報
  平成21年度学内共同研究成果報告会を開催
  日本建築学会北陸支部大会を開催
  【告知・イベント情報】
  建築学科特別講演会のご案内
  公開講座in上越のご案内
  入学試験情報ー推薦入学試験ー
  【Voice of OB・OG】
  株式会社高田建築事務所 清水 靖子さん
  【研究室訪問】
  都市計画研究室
  【部活・サークルFile】 
  サッカー部

 

広報誌vol.24(PDFデータ)は、こちらをご覧ください。

広報誌のバックナンバーは、こちらをご覧ください。

2010年10月06日

  本学大学院自然・社会環境システム工学専攻1年の木戸亮一さんと同2年の小嶋貴明さんが、10月2日(土)に電子情報通信学会信越支部大会において、学生奨励賞を受賞しました。
  木戸さんは、「伝送遅延補償制御における遅延時間最小化方式の検討」、小嶋さんは「並列分散システムにおけるデータ配信アルゴリズムのステップ数について」と題してそれぞれ発表を行い、その研究成果が優れていると評価されました。

左から2番目が木戸さん、同3番目が小嶋さん