NIIT ニュース

2011年03月31日

地域産学交流センター広報誌「See NExT No.6」(発行日:平成23年3月2日)を発行しました。

◆コンテンツ
  【「原子力耐震・構造研究センター」が発足】
  【第1回柏崎国際原子力耐震安全シンポジウム】、【市民公開講座を開催】 
  原子力発電所の耐震安全性に関わる情報の分かり易さ
  【SEEDSを訪ねて9】
  汚染物質の環境動態
  【企業を訪ねて7】
  株式会社植木組
  【報告】
  小千谷産学交流研究会を開催
  燕三条地域産学交流会を開催
  糸魚川地域において産学交流会を開催
  柏崎・上越地域産業界と本学との産学交流会を開催
  新潟県産業振興課との意見交換会を開催
  「三菱重工業」、「NTT武蔵野研究所」の見学会を開催
  教員企業見学会を実施
  新潟工科大学産学交流会会員企業との地域別懇談会を開催
  平成22年度地域産学交流センター事業一覧
  【案内】
  新潟工科大学産学交流会の入会ご案内
  求人情報の提供のお願い
  大学に対する要望・お問い合わせ

 

地域産学交流センター広報誌No.6(PDFデータ)は、こちらをご覧ください。

地域産学交流センター広報誌のバックナンバーは、こちらをご覧ください。

2011年03月30日

  大学ホームページに『2010年度後期授業アンケート』の集計結果を公開しました。

  本学では、教員の授業改善と教育力向上を目的に学生に対し、毎年前期、後期の2回、授業アンケートを実施しています。その結果を教員にフィードバックし、効果的な授業改善ができるよう努めています。



  ■授業アンケート集計結果は、こちらをご覧ください。

2011年03月25日

【平成22年度卒業式・修了式】

  第13回工学部卒業式・第11回工学研究科修了式が3月19日(土)、本学講堂において挙行され、工学部181名、大学院工学研究科7名が社会へと旅立ちました。

  式に先立ち、東北地方太平洋沖地震の犠牲者の方々に黙祷をささげました。

  式では、布村成具学長から各学科・専攻の代表者に卒業・修了証書が授与され、式辞では、「社会を支えていくのは、自分であることに誇りを持って、前へ、前へと進んでください」とはなむけの言葉を贈りました。
  次いで、答辞では工学部卒業生を代表して機械制御システム工学科の長谷川直哉さんが「新潟工科大学で培った知識や技術、経験を活かし、新たなる可能性を求め、最善を尽くして邁進していきます」と、今後の飛躍を誓いました。
  続いて、工学研究科修了生を代表して、博士前期課程・高度生産システム工学専攻の古田島隆行さん、博士後期課程・生産開発工学専攻の本間克美さんがそれぞれ答辞を述べました。

 

黙祷をささげる卒業生・修了生

 

式の様子 

 

工学部卒業生代表へ学位記授与

 

工学研究科修了生代表への学位記授与 

 

工学部卒業生代表の答辞

 

工学研究科修了生代表の答辞


【卒業生・修了生壮行会】

  午後からは、会場を柏崎市民プラザに移して壮行会が催され、布村学長の挨拶、ご来賓の激励の言葉に続き、卒業生・修了生代表からそれぞれ感謝の言葉が述べられました。
  在学中、お世話になった先生やご父母、苦楽をともにした仲間たちとの歓談、記念撮影を行なうなど、学生時代最後のイベントを楽しく過ごしました。
  卒業生・修了生の今後の活躍に期待しています。

  また、壮行会では、学友会の発案により、東北地方太平洋沖地震の被災者のための募金活動が行われ、出席者の善意により合計13.5万円集めることができました。集まったお金は、日本赤十字社を通じて、被災地へ送られます。
  被災地の一日でも早い復興をお祈り申し上げます。

 

壮行会の様子 

 

先生との語らい

 

友人との語らい 

 

友達と記念撮影

 

みんなで記念撮影

 

学友会からの募金のお願い

2011年03月19日

  本学を会場に『技能検定』の実技試験を実施しました。
   『技能検定』は、国家検定の1つで、機械加工から機械保全、中にはパン製造や和裁、酒造などもあり、各技能のレベルを保証するものです。実施した試験は、「テクニカルイラストレーションCAD」という科目で、機械平面図からCAD(コンピュータソフトを使用し図面を描くもの)を使用し、等角投影図に描画する技能の検定です。
  本学機械制御システム工学科では3D/CADの講義を行っており、そのレベルをはかる意味でも試験的に本学で実施しました。

  今回は、本学学生、卒業生と職員の計18名が1月16日(日)に本学で外部検定員立会のもとで行われる2時間の実技試験を、次いで2月6日(日)に長岡市の職業能力開発促進センターで学科試験を受験しました。
  試験の結果、12名が「技能士」として合格し、新潟県知事名の合格証書と3級技能士章が交付されることとなりました。

合格者内訳
  2年生・・・・・・・2名
  4年生・・・・・・・3名(うち留学生1名)
  大学院生 ・・・3名
  職員 ・・・・・・・3名
  卒業生・・・・・・1名    合計12名

  今回は、初回と言うことで、大学院生、4年生を主体とした受験者となりましたが、今後も継続的に試験を実施する予定です。年1回のチャンスですが3級そして上の級を目指し、取り組んで行きたいと思います。

詳しくは、中央職業能力開発協会 
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken/pdf/panf_tech_illust.pdf

2011年03月17日

  平成22年度の学生表彰がこのほど行われ、大学院自然・社会環境システム工学専攻2年次、小山和也さんが受賞しました。

  学生表彰は、学術研究活動や課外活動、社会活動で目覚ましい活躍をした学生に贈られるもので、今年度は小山さんが唯一の受賞者となりました。

  小山さんは昨年9月、2009年9月12日から15日に開催された、第33回日本磁気学会学術講演会において優秀な講演をし「学生講演賞(桜井講演賞)」を受賞しました。講演題目は「記録ヘッドのマイクロマグネティックシミュレーションの高速化」でした。

  小山さんには布村学長から、賞状と記念品の盾が授与されました。

  受賞の感想
  LLGマイクロマグネティックシミュレーションの高速化は、私が学部4年の頃に行った研究です。当時は、研究を始めたばかりで分からないことだらけの中で、プログラムの高速化について試行錯誤する日々でした。そのような思い入れ深い研究に対して、このように評価していただき大変嬉しく思います。大学院修了後は研究とは離れてしまいますが、仕事に対しても研究と同様に真摯に取り組んでいきたいと思います。また、研究を行う機会をくださった指導教員の金井教授、そして両親にこの場を借りて深く感謝申し上げます。

 

2011年03月16日

本学へ入学される皆様へ

  このたび発生した東日本大震災に伴い、3月16日現在、下記の地域において郵便送達の困難が発生しています。
  このため、今後、本学へ入学される方のうち、「平成23年度大学入試センター試験受験票」を紛失した方については、大学入試センターへ同受験票の再発行申請しても、入学式(4月5日(火))までに届かないおそれがあります。
  つきましては、下記の地域に居住している方に限り、本学入学式当日に「平成23年度大学入試センター試験受験票」の提示は不要とします(大学入試センターへの再発行申請も不要です)ので、該当する方は、事前に入試広報課(TEL:0257−22−8188)に必ず連絡をしてください。

                              記

     ■郵便送達の困難な地域(3月16日現在)
        青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の全域

(平成23年4月1日:震災の呼称変更)

2011年03月16日

  東北電力から、計画停電の発表があり、本学では3月17日(木)17〜20時の時間帯で実施されることが予定されております。
  計画停電が実施される場合は、当日16時以降は窓口業務等の通常業務を行うことができませんので、あらかじめご了承願います。

※学生の皆さんへ
  ・計画停電が実施される場合は、実施時間前までに速やかに退校してください。
  特別な事情で残る必要がある場合は、17時までに学務課へ連絡してください。


(参考)東北電力ホームページ
http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html

2011年03月15日

   新潟工科大学地域産学交流センターでは、平成23年3月2日(水)に新潟工科大学産学交流会の県央地域の会員企業との懇談会を燕商工会議所で開催しました。この懇談会は、各地区で少人数形式により、大学と会員企業との情報交換や会員相互の交流促進を図ることを目的に毎年開催しております。
   当日は県央地域の会員企業から7社(7人)の参加をいただき、本学地域産学交流センターの教職員と活発な意見交換を行いました。
  懇談会では、先ず大学側から、産学交流活動や就職状況の紹介及び研究活動の動向などの話題提供を行いました。続いて新潟ダイヤモンド電子株式会社常務取締役の芦谷三郎様から会社概要を説明いただいた後、本学教員とのロボット技術の利用に関する連携事例の紹介をいただきました。

  意見交換会では、以下のような意見・要望をいただきました。

  金属の加工業務に詳しい学生を採用したいと考えているため、優秀な学生を輩出して欲しい。
  あらゆる物事に対して常に疑問を持ち、創造性のある人物を求めているため、大学ではこのような人材を育成して欲しい。
  新潟工科大学の卒業生を当初から採用している。熱交換などの開発を行うため、その業務に力を発揮してくれる人材を輩出していただきたい。
  大学では学ぶだけではなく、学んだ知識をどのように生かすか、どのように活用して実践力を養っていくかが大切であることから、このような人材の育成に努めていただきたい。
  大学では資格を取得することが大切と考えるが、取得することが目的でなく、取得するために挑戦したことや努力の過程が人材を育成するものと考えるため、教育の際にはこの点を配慮していただきたい。
  理科系大学の学生は、設計や開発職の希望がほとんどだが、現場での生産技術という業務も大切と考えている。試作品やロボットなどを作る「ものづくり」の面白さを教育の中で学生に伝えていただきたい。

   本学は、皆様のご意見を深く受け止め、教育内容に反映させていきたいと考えています。そのため現在、文部科学省の就業力育成支援事業の採択を受け、「実践型カリキュラムによる職業人育成事業」を進めており、専門教育・教養教育・キャリア教育を体系的に行うキャリア教育トータルシステムの確立を図り、社会から期待される実践型技術者の育成に努めて参ります。

 

大学の産学連携状況の紹介

  新潟ダイヤモンド電子(株)の本学との連携事例の紹介
   

意見交換の様子

   
2011年03月14日

卒業式・修了式及び卒業壮行会について

  このたびの大災害により被災された方々に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

  3月19日(土)に予定しております、平成22年度新潟工科大学卒業式・修了式及び壮行会については、予定通り実施いたします。

 なお、当初予定しておりました祝賀会につきましては、プログラム等を一部変更し、壮行会として実施いたします。

 当日、交通機関等の関係で出席できない学生は、学務課までご連絡ください。


●卒業式・修了式
  日時 : 平成23年3月19日(土) 11時から
  場所 : 本学講堂
  ※なお、卒業生及び修了生については、卒業諸手続きがあるため、9時30分
       までにS1大講義室に集合してください。


●卒業壮行会
  日時 : 平成23年3月19日(土) 13時から
  場所 : 柏崎市民プラザ

2011年03月11日

 東日本大震災により、自身や家族、住居への被害を受けた学生は、学務課まで報告してください。

 
連絡先

学務課
電  話 0257-22-8102
メ ール gakumu@adm.niit.ac.jp

土日・夜間の連絡先 : 090-1438-0301


(平成23年4月1日:震災の呼称変更)
2011年03月11日

【平成23年3月12日(土)12時00分現在】
  平成23年3月12日(土)に3時59分頃発生しました、新潟県中越地方及び長野県北部で発生しました地震による本学学生への怪我や建物への被害はありません。
 

 
【平成23年3月11日(金)17時30分現在】
  平成23年3月11日(金)に発生しました、東北地方太平洋沖地震による本学学生への怪我や建物への被害はありません。



(平成23年4月1日:震災の呼称変更)

2011年03月11日

掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:3月18日 9:00)

 

※問い合わせ先:入試広報課

2011年03月11日

掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:3月18日 9:00)

 

※問い合わせ先:入試広報課

2011年03月07日

  3月4日(金)に「原子力発電所の安全確保に資する人材育成と産学連携シンポジウム」(主催:長岡技術科学大学、協賛:(独)原子力安全基盤機構、本学)が本学の原子力耐震・構造研究センターを会場に開催され、一般市民20人が参加しました。
  同シンポジウムでは、原子力発電所の安全確保のために求められる技術者像と本学−長岡技術科学大学と地場産業との連携のあり方について、企業や大学の取り組み紹介やパネルディスカッションが行われました。
  パネルディスカッションでは、本学の高島賢二特任教授がパネリストとして参加し、同教授は、「原子力分野は発展性のある産業分野であり、今後受入企業側のニーズを踏まえ、役立つ人材育成を目指していきたい」と述べました。

 

パネルディスカッションの様子

 

高島特任教授


  シンポジウム終了後は、希望者を対象に本研究センターの施設見学が行われ、3次元振動台の説明を機械制御システム工学科の門松晃司教授が行いました。

施設見学の様子(3次元振動台)

2011年03月04日

2011年度のオープンキャンパス、キャンパス見学会の日程が以下のとおり決定しました。是非ご参加ください。

  オープンキャンパス
    開催日   7月24日(日)、8月27日(土)
    時  間   10:30〜15:30
    内  容   大学紹介、入試ガイダンス、キャンパス見学、学科体験、学食体験、個別相談、
父母向けガイダンスなど
  キャンパス見学会 
    開催日   4月24日(日)、6月11日(土)、9月25日(日)
    時  間   13:30〜15:30
    内  容   大学紹介、キャンパス見学、個別相談など
  ※ 内容の詳細については後日アップいたします。

  昨年度の様子はこちら
  第1回 http://www.niit.ac.jp/examination/topics/2010/06/post_19.html
  第2回 http://www.niit.ac.jp/examination/topics/2010/08/post_25.html
  第3回 http://www.niit.ac.jp/examination/topics/2010/09/post_27.html
  第4回 http://www.niit.ac.jp/examination/topics/2010/09/post_29.html 

2011年03月02日

  2月28日(月)にベトナム社会主義共和国のベトナム原子力規制機関等の関係者14名が、本学原子力耐震・構造研究センターのJNES(独立行政法人原子力安全基盤機構)耐震安全研究センターを研修のために訪れました。同研究センターでは、床免震装置や深部地震動観測現場などを見学し、原子力施設の安全に係る耐震安全性評価について学びました。
  この研修は、2月21日(月)〜3月4日(金)までの2週間行われ、同研究センターのほかにJNES、東京電力柏崎刈羽原子力発電所、BWR(沸騰水型原子炉)運転訓練センターなどで行われます。

 

研修開始にあたり挨拶をする布村学長

 

床免震装置の見学

2011年03月02日

  2月26日(土)に柏崎市民プラザで「小学生ロボット工作クラブ交流競技会」(主催:柏崎市商工振興課ものづくり活性化センター・柏崎技術開発振興協会)が開催されました。
  ロボット工作クラブは、児童の自主性・協調性・創造性を養い、柏崎市の基幹産業である「ものづくり」に興味と関心を深めてもらうことを目的に市内7小学校で活動しており、ロボットの製作指導には、機械制御システム工学科の大金一二准教授とロボット研究部の学生があたりました。
  交流競技会は、本学の教員・学生が中心になって運営し、工作クラブで製作したロボットを持ちより、サッカーゲームに挑戦して、日ごろの活動成果を競い合いました。