NIIT ニュース

2011年08月29日

今年度の第3回目のキャンパス見学会について、以下のとおり開催します。

パンフレット [PDFファイル]

日     時 2011年9月25日(日) 13時30分〜15時30分
     
実施内容 大学紹介、キャンパス見学、面接対策講座、個別相談、キャンパスグッズプレゼント ほか
     
申込方法 ☆ホームページからの申込み  【入力フォーム】
    ☆はがき、FAX、電子メールからの申込み
  氏名・学校名・学年・電話番号・希望学科・送迎バス利用有無(乗車場所含む)を明記してください。
    ☆ケータイサイトからの申込み
  
問合せ先

〒945−1195 新潟県柏崎市藤橋1719
  新潟工科大学 入試広報課
  TEL 0120−8188−40(フリーダイヤル)
  FAX 0257−22−8226
  E−mail nyuushi@adm.niit.ac.jp

※個別見学のご案内
  キャンパス見学会に参加できない、キャンパス見学会まで待てないという方のために個別の学内見学を受け付けています。
  学内の施設、設備をご覧になりたい方は電話で申し込みのうえ、お越しください。
  (土曜・日曜・祝祭日を除く午前9時から午後5時)

※2011年度オープンキャンパス・キャンパス見学会の日程
 http://www.niit.ac.jp/news/2011/03/post_365.html

※第1回キャンパス見学会の様子
 http://www.niit.ac.jp/news/2011/04/post_386.html

※第2回キャンパス見学会の様子
 http://www.niit.ac.jp/news/2011/06/post_403.html

※第1回オープンキャンパスの様子
 http://www.niit.ac.jp/news/2011/07/post_413.html

※第2回オープンキャンパスの様子
 http://www.niit.ac.jp/news/2011/08/post_423.html

2011年08月29日

  8月27日(土)に開催された本年度第2回目のオープンキャンパスに、たくさんの方からご来場いただきました。ありがとうございました。
  大学紹介等ガイダンスや保護者向けガイダンス、キャンパス見学ツアー、学科体験を実施し、ホームページやパンフレットではお伝えできない本学の学びを感じてもらえたことと思います。
  本年度は、9月25日(日)にキャンパス見学会も予定しています。平成24年度入学を考えている受験生にとって、最後の機会となりますので、ぜひご参加ください。
 
【参加いただいた皆様の声】
・学科体験が楽しかった。
・大学生がどのような勉強をしているか実感できてよかった。
・大学というものを感じることができてよかった。
・学生生活について知ることができてよかった。
・保護者向けガイダンスが分かりやすかった。
・学生の対応が丁寧でよかった。
・建物、施設がきれい。   など

 

受付

 

全体ガイダンス

 

大学紹介 

 

キャンパス見学ツアー

 

学生食堂無料体験

 

個別相談 

 

【機械制御システム工学科】 学科体験

 

【情報電子工学科】 学科体験

 

【環境科学科】 学科体験 

 

【建築学科】 学科体験 

今後のオープンキャンパス日程
パンフレット[PDFファイル]

2011年08月19日

大学広報誌「NIIT広報誌Vol.27」(発行日:平成23年7月31日)を発行しました。

◆コンテンツ
  【NIIT news】
  東日本大震災の被災地支援
  環境推進学生会の活動
  平成23年度広域大学知的財産アドバイザー派遣事業に採択
  「大学生の就業力育成支援事業」の取り組みについて
  平成23年度入学式を挙行
  女子学生交流会・新入生歓迎会を開催
  工科大祭・科学の祭典を開催
  新任教員のお知らせ
  【告知・イベント情報】
  オープンキャンパス・キャンパス見学会のご案内
  入学試験情報 −大学院工学研究科入学試験−
  入学試験情報 −推薦入学試験−
  【部活・サークルFile】 
  アーチェリー部

 

広報誌Vol.27(PDFデータ)は、こちらをご覧ください。

広報誌のバックナンバーは、こちらをご覧ください。

2011年08月12日

   平成23年8月4日(木)、本学、新潟大学、及び長岡技術科学大学の主催により、小千谷市総合産業会館サンプラザにおいて小千谷産学交流研究会を開催しました。地域企業など89名が参加し、研究ポスターの展示や各大学等の研究事例の紹介が行われました。
  本学からは情報電子工学科の佐藤准教授による「小水力発電」の研究発表があり、小水力エネルギーの特徴や利用上の問題点を説明した上で、小型水力発電システムの開発を目指した産学官の取り組みについて紹介を行いました。情報交換会では、3次元CADは仕事で使用するので学生時代に実践的な力を養っておくことが必要(参加企業)、市内企業でのインターシップの要望があれば是非ご相談いただきたい(小千谷市役所)など、参加いただいた皆様から貴重なご意見、情報をいただき、盛況のうちに閉会となりました。 

 

会場内の様子

 

佐藤准教授の研究発表\n

2011年08月10日

  環境美化活動の一環として、環境推進学生会主催による「キャンパスクリーン2011」を8月9日(火)に実施しました。
  学生や職員あわせて25名(学生21名、職員4名)が参加し、吸い殻や空き缶の回収など校内清掃を行いました。また、単にゴミを拾うだけでなく、傾向分析のため、どの場所にどんなゴミが落ちていたか記録しました。今後、環境推進学生会で結果を分析する予定です。
  清掃後拾ったゴミは、全員で分別作業を行い、最後に集合写真を撮りました。

 

( 清掃作業の様子1 )

 

( 清掃作業の様子2 )

 

( 分別作業の様子 )

 

( こんなものも捨てられていました。 )

 

( 参加者の集合写真。お疲れ様でした。 )

< 参加した学生の感想 >
  暑かった。駐車場周辺を中心に作業しましたが、板など思ったより大きいゴミが捨てられていたのが意外でした。(環境科学科2年片山朋寛さん)
  昨年も参加しました。階段付近を作業しましたが、案外落ちているゴミが少ないと思いました。次回も参加してみたいです。(環境科学科2年佐藤香子さん)
  初めて参加しました。案外いろいろな種類のゴミが落ちていると感じた。車のホイールが落ちていたのでびっくりしました。次回も参加したいと思います。(環境科学科3年貴船正隆さん)
  ・  駐車場は禁煙エリアなのに、タバコの吸い殻が多く捨てられていた。実際の状況を知ってもらうことで、学生自体も意識されゴミ自体も減るのではと感じました。このような活動には、できるだけ多くの学生が参加してほしいと思います。(建築学科3年外山洸太さん<新潟工科大学学友会会長>)
 
< キャンパスクリーンの概要 >
  日 時 2011年8月9日(火) 9:00〜10:30 
  場 所  本学構内
  参加者  25名(学生21名、職員4名)
   
  拾ったゴミの内訳
  燃えるゴミ

3.5

Kg  
  燃えないゴミ

20.5

Kg (うち、スクーター1台 17kg) 
  カン

 
  ペットボトル

 
  タバコの吸い殻

63

 
2011年08月05日

夏季特別休暇について

 本学では、下記の期間、夏季特別休暇のため業務を休ませていただきます。
 また、期間中は構内を閉鎖しますので、皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

平成23年8月13日(土)〜16日(火)

2011年08月05日

   このたび新潟工科大学地域産学交流センターでは、企業や研究機関の方々を対象に「燕三条地域産学交流会」を開催いたします。
   本交流会は、本学から様々な情報発信を行い、産学連携を促進し、地域の産学官の振興を図ることを目的としております。
  是非、お気軽にご参加ください。

○日 時 平成23年9月1日(木)15:00〜17:30(懇親会17:40〜19:00)
○会 場 燕三条地域地場リサーチコア(新潟県三条市須頃一丁目17番地)
○内容
・新潟工科大学の取組紹介
・研究シーズプレゼンテーション
    演題:「有機性廃棄物を有機性拝貴物へ」
           〜生ゴミ・廃食用油からエネルギー・有用物質生産〜
    講師:新潟工科大学 環境科学科 准教授 小野寺正幸
・講演 
    演題:「乱流の基礎的性質と省エネルギー技術の開発」
    講師:新潟大学 機械システム工学科 准教授 松原幸治 様
・技術交流懇親会(懇親会参加者は3,000円必要となります。)

※ご案内・参加申込書はこちらの(PDFファイル)をご覧ください。

○お問い合わせ 新潟工科大学地域産学交流センター(担当:キャリア・産学交流推進課)
TEL:0257−22−8110
FAX:0257−22−8123
e−mail:career-sangaku@adm.niit.ac.jp

2011年08月05日

   新潟工科大学地域産学交流センターでは、平成23年7月26日(火)に新潟工科大学産学交流会の新潟地域の会員企業との懇談会を新潟テルサにおいて開催しました。この懇談会は、各地区において少人数での形式によるもので、大学と会員企業との情報交換や会員相互の交流促進を図ることを目的に毎年開催しており、当日は15社の会員企業(15人)から参加をいただきました。
   懇談会では、先ず大学側から、産学交流活動や就職状況の紹介及び研究活動の動向などの話題提供を行いました。続いて株式会社磯部ハイテック代表取締役の五箇野紘一様から、会社では電子機械や半導体関連機械等の業務が多くなっている現状や、資格取得などの社員教育の取組みを紹介いただきました。
  その後、意見交換会を行い、以下の意見・要望をいただきました。

・ 

東日本大震災において福島原子力発電所の事故が発生し、原発反対の意見が出ている中、柏崎刈羽原子力発電所の立地地域である工科大学には、逆に安全性などの研究によって、社会に発信する良い機会であると考える。

・ 

学生時代から社会で働くことの心構えを充分に認識させていただきたい。
教職員が企業に訪問する際には、多くの方に社会・企業の現場を認識、理解していただき、社会、企業にの期待に応えられるような学生の教育を行っていただきたい。
インターンシップは単に参加するということだけではなく、就業の研修、実習、実践という視点を重要視し、人材を育成するように取り組んでいただきたい。
大学の研究が民間企業に利用されている事例、産学連携している事業について、社会にもっとPRすることが大切と考える。大学は企業に対して、企業が役に立つことや企業の発展に貢献できることを提案していただきたいと思っている。

   本学は、今回いただいた皆様のご意見を深く受け止め、教育・研究に反映させていきたいと考えています。現在、文部科学省の就業力育成支援事業の採択を受け、「実践型カリキュラムによる職業人育成事業」を進めており、専門教育・教養教育・キャリア教育を体系的に行うキャリア教育トータルシステムの確立を図り、社会から期待される実践型技術者の育成に努めて参ります。

大学の産学連携等の紹介  

意見交換の様子

 

株式会社磯部ハイテック・五箇野社長様からの発表 

 
2011年08月03日

  8月1日(月)より、本学のグラウンドにて、公開講座・教養講座「中学生サッカ−ステップアップ講座2」が始まりました。本学では、大学の持つ情報を地域社会に還元することを目的として、開学以来毎年、公開講座を実施しています。
  同講座は、中学生のサッカーのレベル向上を目的に開講しており、8月5日(金)までの5日間開講されます。

 

  また、秋には、技術講座の開講も本学と県央地域での開講を予定しております。日程等が決まり次第、ホームページ等でお伝えします。

2011年08月03日

  7月30日(土)に本学を会場として、かしわざきこども大学「新潟工科大学1日体験入学」(主催:柏崎市教育委員会)が行われ、200名近くの親子連れが訪れました。
  朝早くから、大勢の参加者が詰めかけ、午前に環境科学科の竹園恵教授による模擬講義「小さな生き物たちが作る環境にやさしい洗剤の話」が行われ、講義の後半には、ミニ実験を楽しみました。

 

竹園教授による模擬講義の様子

 

ミニ実験


  模擬講義の後には、本学学生らによるキャンパス内見学を行い、風洞実験計測室で風速10m/sの風を体験するなどして、学内を探検しました。キャンパス内見学後は、学生食堂にて、学食体験を行い、ミックスフライ定食、ハンバーグ定食、ポークカレーセットから好きなメニューを1つ選びました。皆さんが、学食の味に満足した様子でした。
  午後からは模擬実験体験を行い、本学教員や学生が指導にあたったほか、独立行政法人原子力安全基盤機構からもご協力いただきました。子供たちは、各種実験に真剣な顔で取り組んでいました。
  同イベントの最後には、代表者に修了証書が手渡されました。
  本学では、このほかにも、青少年のための科学の祭典などの子供向けの実験・体験イベントに協力しています。このような機会を通じて、科学に興味を持ってもらえればと思います。
 
 

キャンパス見学中に記念撮影

 

『原子力と地震』地震の解説
【原子力安全基盤機構】

 

『原子力と地震』地震の体験
【機械制御システム工学科・門松研究室】

 

『とびだす?!立体写真を楽しもう』
【情報電子工学科・佐藤研究室】

 

『生活の中の電池』果物電池
【環境科学科・藤木研究室】

 

『生活の中の電池』燃料電池
【環境科学科・日下部研究室】

 

『折り紙ケンチクを作ろう!』
【建築学科・田口研究室】

 

代表者への修了証書の授与