NIIT ニュース

2012年06月29日

就業力育成支援事業のホームページを更新しましたので、お知らせします。

就業力育成支援事業のホームページは、こちら
2012年06月29日

  6月27日(水)に、平成23年度新潟工科大学共同研究成果報告会を学内で開催し、3件の研究成果発表が行われました。多数の学生及び教職員が聴講しました。

《 発表テーマ 》
  1.押し込み法によるコーティング密着強度と皮膜強度の定量評価技術の開発
    (発表者 山崎 泰広 教授)
  2.舌運動を利用した重度障害者のための統合型支援機器の開発−電動車椅子の操作とコミュニケーション支援−
    (発表者 寺島正二郎 教授)
  3.ヒト唾液短鎖ペプチドの保健機能を活用したヘルスケア製品の開発
    (発表者 斎藤 英一 教授)

 

山崎 泰広 教授

 

寺島 正二郎 教授

   

斎藤 英一 教授

   
2012年06月28日

  6月22日(水)に就職に向けてのマナーを学ぶ講座と、内定者から就職活動状況の活動報告会を開催しました。マナー講座では、就職活動を控えた3年次生、大学院1年次生を対象に、NPO法人にいがたキャリアサポーターの岡田美栄様を特別講師に迎え、身だしなみ、あいさつ・お辞儀の仕方、正しい言葉づかいなどについて学びました。学生からは「これから役立つ内容で大変参考なった」「マナーの基本を再認識できた」などの感想が寄せられました。

  内定者報告会では、山崎教授をコーディネーターとして、既に就職活動で製造業、情報通信業、建設業に内定を得た4年次生4人をパネリストに、内定を勝ち取った具体的な方法や、就職活動を通じて苦労したことや反省点などについてエピソードを交えて報告してもらいました。パネリストからは、今後就職活動する際に注意してもらいたい点などのアドバイスがあり、聴講した学生からは「反省点や注意点を参考に活動したい」「これからの活動にとても参考になった」などの感想があり、大変有意義な報告会となりました。

「就職のためのマナー講座」の様子

「内定者報告会」の様子

2012年06月25日

  7月28日(土)のオープンキャンパス情報を掲載しましたので、お知らせします。
  詳しくは、 オープンキャンパス特設サイトをご覧ください。

オープンキャンパスホームページイメージ

 オープンキャンパス特設サイトは、こちら

2012年06月25日

  6月22日(金)に本学を会場に「平成24年度先端科学技術体験講座(中学校理科)」(主催:新潟県立教育センター)が行なわれました。
  この講座は新潟県内の中学校、高等学校の理科教員を対象に、理科の先端的な科学技術に関する観察、実験、実習を大学と連携して実施し、その教材開発を行うことにより指導力の向上を図ることを目的としています。本学は、平成20年度から中学校理科分野を担当しています。
  今年度は、環境科学科の小野寺正幸准教授が講師として、また、同学科4年生の川瀬真一さんと田村佳奈さんが実験のティーチングアシスタントとして、参加者の指導にあたりました。
  同講座では、午前に 「地球環境と環境測定方法」と題して講義を行い、午後からは「環境調査測定」として、河川・湖沼・池の水の測定を行いました。次回は、10月24日(水)に分子模型製作を実施するほか、研修内容の教材化と学習指導への活用について、協議を行う予定です。

 

講義の様子

 

実験の様子

2012年06月15日

 柏崎恒例のえんま市開幕に合わせ、市内中心部の空き店舗を利用した取り組みがスタートしました。

 この取り組みは、平成24年度柏崎市との連携推進事業の一環で、市内中心部に人通りと活力を取り戻すことを目的に、新潟産業大学と本学が共同で空き店舗の計画、運営を行うものです。

 空き店舗は市内ニコニコ通り商店街の一角で、広さは50.83平方メートル(15.37坪)。以前は靴屋だったスペースです。

 両大学では4月から検討を開始し、担当教員が学生とともに、えんま市でのスタートを目標に準備を進めてきました。えんま市期間中(6月14〜16日)は休憩スペースとして一般開放し、来場者からアンケートにより活用方法に関するアイディアを募集します。えんま市後はこの店舗内において、アンケートの意見を参考に今後の運営方法をさらに検討していきます。

 えんま市期間中の開放時間は次のとおりです。
 6月14日(木)、15日(金) 17:00〜22:00
 6月16日(土)         10:00〜22:00
 
 上記の時間内には両大学の学生が常駐しています。えんま市にお出かけの際はぜひお立ち寄りいただき、皆さんの声をお聞かせください。

店舗の地図  住所:柏崎市西本町1−1−28

 
     
 

2012年06月12日

 建築学科2年生全員が参加した、オリジナル楽器による「祈り」のコンサート―「被災地に向けて、想いを形に、音に」が6月12日(火)、柏崎市民プラザで行われました。

 このコンサートは、「工学創造設計1」の一環として企画されたもので、昨年に続き2回目となります。学生は4月から木工による弦楽器づくりに取り組み、ギター、ベース、ウクレレ、琴などを各自がデザインして製作しました。なかには民族楽器をイメージした見慣れない楽器や持ち運びが困難と思われるほど大きな作品を製作した学生もいました。

 授業担当の飯野秋成教授は冒頭の挨拶で、「みんなが同じ方向を向いた時のエネルギーに期待した。建築学科の学生は見えるものをデザインすることには長けているが、この企画は目に見えない『音』を含めた総合プロデュースだ」とコンサートの主旨を語りました。

 コンサートは9組に分かれ、演奏前に自己紹介とチーム名、選曲の理由などが語られました。

 

飯野秋成教授による開会挨拶

 

「旅立ちの日に」 by No name No life

 

「家路」 by つぼみ

 

「涙そうそう」 by 山岡さん

 

「空も飛べるはず」 by 14:46

 

「キラキラ星」 by DN

 

「チェリー」 by 魚ROCK

 

「カントリーロード」 by K2S2

 

「上を向いて歩こう」 by 虹

 

「大きな古時計」 by misson


 なかには音程の怪しいものやヴォーカルを取り入れたものもありましたが、各自が被災地への想いを音に込めて最後までやり遂げました。

 

記者の質問に答える

 

テレビ局のインタビュー

 後半は、ゲストによるクラシックギターの演奏と特別講演が催されました。
 若手演奏家の飯野なみさんは、参加した学生と同学年の現役大学生。3歳からギターを始め、2003年にジュニアギターコンクール最優秀賞、2011年学生ギターコンクール大学生の部1位、及び全部門通じての最優秀賞を受賞するほどの実力者です。


 一方、「音楽は想いを伝える」の演題で講演した田中守久氏は、さいたまギターコンサートを聞く会の会長を務めるなど、クラシックギター及びその音楽の普及活動を行っています。

 

飯野なみさんの演奏

 

 田中守久氏の講演

 最後は全員で「ふるさと」を合奏し閉会となりました。出演した学生のみなさん、お疲れさまでした。

 

「ふるさと」の合奏

 

建築学科1年生が製作した椅子も使用されました

2012年06月12日
6月9日(土)に行われた学友会主催のスポーツ大会では、バレーボールに学生と職員から11チーム73名が参加し、熱戦を繰り広げました。参加された皆さん、お疲れさまでした。
今回の結果は次のとおりでした。

優  勝  もっくん2
準優勝  もいもい
3  位  ショボーン
4  位  P−Kies
5  位  げりぽよ
6  位  機械1年

スポーツ大会は10月27日(土)にも開催されます。誰でも参加できますので、奮って出場してください。
熱戦の様子をどうぞ。

 
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
     
 

表彰式 ―中西会長から表彰―\n

 

優勝した「もっくん2」

2012年06月11日

平成23年度新潟工科大学共同研究成果報告会の開催について(案内)

 平成23年度新潟工科大学共同研究の成果報告会を下記のとおり開催しますので、ご案内いたします。

 本報告会は、本学教員が学外の研究機関等とプロジェクトチームを組織し、1年間行った共同研究の成果を報告するものです。学生、教職員はもとより、企業や一般の方など、どなたでも聴講できますので、多数の方のご来場をお待ち申し上げます。

 1 開催日時   平成24年6月27日(水) 15時30分〜17時30分

 2 会  場   新潟工科大学 講義棟地下2階 LB講義室13
          (柏崎市藤橋1719番地)

 3 発表テーマ
   (1)押し込み法によるコーティング密着強度と皮膜強度の定量評価技術の開発
      15:40〜16:10(30分)
      (発表者 山崎 泰広 教授)
   (2)舌運動を利用した重度障害者のための統合型支援機器の開発
      −電動車椅子の操作とコミュニケーション支援−
       16:10〜16:40(30分)
      (発表者 寺島正二郎 教授)
   (3)ヒト唾液短鎖ペプチドの保健機能を活用したヘルスケア製品の開発
      16:40〜17:10(30分)
      (発表者 斎藤 英一 教授)

※事前の参加申し込みは不要です。
※報告会の資料は、当日、会場にて配付します。

【お問い合わせ先】
 新潟工科大学 総務課
  電話:0257−22−8100
  FAX:0257−22−8112
  メール:soumu@adm.niit.ac.jp (「@」を半角に置き換えてください。)

2012年06月04日

 6月2日(土)に「第17回工科大祭」と「青少年のための科学の祭典2012柏崎刈羽大会」を開催しました。天候にも恵まれ、およそ2,300人の皆さんにご来場いただきました。

 

来場者を迎える工科大祭実行委員

 

多くの人で賑わうコモンプラザ


 中庭コモンプラザには、学生や教職員による模擬店のほか、柏崎総合高校、新潟産業大学学友会など学外の方々からも出店いただき、賑わいをみせました。飲食系の模擬店のほか、大学紹介として各学科の作品展や大ビンゴ大会、スタンプラリーなどで盛り上がりました。

 

柏崎総合高校の皆さん

 

新潟産業大学学友会の皆さん

 

SINME部のカフェ

 

自作PC同好会の豚汁&かき氷屋

 

学友会の素麺

 

穂積研究室の団子屋

 

麻雀同好会の焼きそば

 

大学職員のカレーライス

 

建築学科作品展

 

軽音楽部のライブ

 

ビンゴ大会


 工科大祭の最後は、鹿児島県奄美大島出身の2人組ユニット「カサリンチュ」ライブで盛り上がりました。
 
 

グッズ販売&握手会  

 

カサリンチュのおふたりと記念撮影


 南棟1階の講義室では、青少年のための科学の祭典が開催され、たくさんの子どもたちが集まりました。本学からも実験・体験ブースを出展し、本学学生が子どもたちの”先生”となり、指導にあたりました。
 

実験ショー

 

蛍光スライム

 

海そう押し葉

2012年06月01日

  建築学科の富永禎秀教授が平成23年度「日本風工学会 ベストペーパー賞」を受賞し、5月30日(水)に開催された「一般社団法人日本風工学会社員総会」において表彰されました。
  「Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, Vol.99」に掲載された論文「Development of a system for predicting snow distribution in built-up environments:Combining a mesoscale meteorological model and a CFD model(都市空間の積雪分布予測システムの開発:メソスケール気象モデルとCFDモデルの結合)」が、研究内容の完成度が高く、氷雪災害対策への活用が期待できると高く評価され、今回の受賞となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大画像(PDF)は、こちら 

【ベストペーパー賞表彰状】