お知らせ

News

 >  お知らせ  >  学生関係  >  【産学金連携事業】パッケージデザインの公開審査が行われました

【産学金連携事業】パッケージデザインの公開審査が行われました

2019/03/27

 3月17日(日)に柏崎市文化会館アルフォーレで開催された「アルフォーレマルシェ」において、パッケージデザインを考案した学生がプレゼンテーションを行い、公開審査が行われました。
 この取り組みは、社会福祉法人こすもすの会の「こすもす作業所」が販売している味噌のパッケージデザインのリニューアルについて、地元の企業支援を行う柏崎信用金庫が受け、これまでもアイデア考案の実績がある本学に協力依頼があり、こすもすの会・柏崎信用金庫・新潟工科大学が連携して実施している事業です。プレゼンテーションの後には来場いただいた方による投票が行われ、板垣魁斗さんの作品がグランプリに選ばれました。多くの皆様から投票いただきありがとうございました。
 新パッケージは近々開設される就労支援事業所「半田里庵こすもす」のオープンイベントで発表され、6月頃に商品化される予定です。

 
公開審査会の様子   グランプリ受賞学生の発表
 
投票の様子   学生と公開審査会運営スタッフの皆さん