お知らせ

News

 >  お知らせ  >  産学・地域連携  >  佐渡地域産学交流会を開催しました

佐渡地域産学交流会を開催しました

2019/11/20

 11月15日(金)に佐渡市両津支所にて「佐渡地域産学交流会」を開催しました。
本学と佐渡市は昨年11月に連携協定を締結し、佐渡地域の産業振興や産業人育成等に関して連携・協力を行っております。本交流会は、協定に基づき佐渡地域の産業界と行政関係機関の皆様方と本学との交流を深め、産学官連携の推進を一層図るため開催したものです。 
 初めに「SDGsと産学官連携のアイディア」をテーマに本学寺島正二郎教授がSDGsの考え方とそれに基づく連携アイディアの紹介を行いました。続いて、日鉄総研株式会社チーフエコノミストの北井義久氏から、「不透明性が高まる中で何とか続く景気回復」をテーマに、公表データを基に産業構造の未来を示唆する内容を非常に分かり易く解説いただきました。
 その後、本学の今田剛教授から「パルスパワーによる環境保全 -水や食を守る- 」と題して研究紹介を行い、倉知徹准教授から「佐渡市での大学・大学生の活動実態調査の調査報告」をテーマに佐渡市の協力を得て実施している内容の中間発表を行いました。
 参加者からは「今後もこのような交流の機会を増やしてほしい」、「大学の先端研究の内容を社内教育に活用したい」等の感想がありました。今後もこのような産学交流会や研究紹介等を通じて、産業界の皆様との連携を推進したいと考えております。

 
「SDGsと産学官連携のアイディア」 日鉄総研株式会社 北井義久氏の講演

 

 

 

 
研究紹介 今田剛教授    研究紹介 倉知徹准教授