お知らせ

News

 >  お知らせ  >  学生関係  >  対面による助言教員との交流(1・2年次)を実施しました

対面による助言教員との交流(1・2年次)を実施しました

2020/07/09

 7月6日(月)から8日(水)にかけ、学部1・2年次の学生が助言教員と交流しました。
 助言教員は、少人数の学生グループに割り当てられた教員で、学生一人ひとりの相談相手として修学面や生活面において、アドバイスをします。
 例年は年度当初から始めていましたが、今年度は新型ウイルスの影響により、しばらくは遠隔で行っていました。この度、対面授業の開始に伴い、感染症対策を講じた上でようやく実施できました。
 感染症対策により学生同士の親睦を深めることが難しい状況の中、今回の交流会を通じて同じ助言教員の学生同士が顔を合わせることで、これまで知らなかった学生とも距離を近づける良い機会になったのではないでしょうか。
 今後も定期的に交流の場を設け、新型ウイルス禍の中でも学生同士の仲を深め、困ったことがあれば、教員や仲間に相談しやすい環境づくりを行い、また、新しい生活様式に沿いながら、楽しく充実した学生生活になるよう学生をサポートして参ります。