お知らせ

News

 >  お知らせ  >  お知らせ  >  チャレンジアップ制度の表彰式を行いました

チャレンジアップ制度の表彰式を行いました

2021/12/07

 チャレンジアップ制度の表彰式を行いました。学術研究活動部門2名、資格取得部門2名、TOEIC部門1名の成果が認められました。なお、学部1年生の受賞は、今年度初めてとなります。チャレンジアップ制度の詳しい内容はこちらをご覧ください。

  

 

<チャレンジアップ制度受賞者>
【学術研究部門】
受賞者:阿部佳峻さん(大学院工学研究科 博士後期課程1年 指導教員:笹川教授)
受賞業績:
第48回日本臨床バイオメカニクス学会口頭発表(オンデマンド配信)(演題:大腿骨転子部骨折パターンへの曲げとねじりの影響の解析的検討)
臨床バイオメカニクスVol.42への掲載(演題:骨破壊を考慮した大腿骨転子部骨折のメカニズム解析)
受賞者コメント:
学会発表では、オンデマンド形式で人間大腿骨の骨折のメカニズム解明について解析結果を発表しました。論文では、人間が骨折する際の伸展を有限要素解析によって再現できるかどうか調査した内容を投稿しました。査読者の先生から厳しいコメントを頂きましたが、査読付き論文として掲載されたのは初めてなので嬉しく思います。

受賞者:水島康さん(大学院工学研究科 博士前期課程2年 指導教員:久保田准教授)
受賞業績:第94回日本生化学会大会ポスター発表演題:抗うつ・鎮痛ペプチドを潜めているヒト高プロリンタンパク質ファミリーの発現に関する研究)
受賞者コメント:
今回の学会は、ポスター発表での採用になっていましたが、オンライン開催になったので、実際にはパワーポイントを使用した発表を録画する形式でした。発表するにあたり、指導教員の先生と練習を重ねて、何度もやり直しをしましたが、良い経験になりました。

【資格取得部門】
受賞者:山口愛樹さん(先進製造コース3年)

受賞業績:
3級機械保全技能士(検定職種:機械保全(機械系保全作業))
品質管理検定(QC検定)3級
受賞者コメント:
3級機械保全技能士と品質管理検定は、どちらも寺島先生の授業で学び、授業外では過去問を解くなどして勉強を進めました。品質管理検定は、計算問題があったことと、職業実習があり試験直前に勉強ができなかったことが少し大変でしたが、どちらも合格できてよかったです。

受賞者:後藤将太さん(先進製造コース3年)
受賞業績:
3級機械保全技能士(検定職種:機械保全(機械系保全作業))
受賞者コメント:
3級機械保全技能士は、寺島先生の授業で学んでいた内容なので、難しいと感じることはなく取得することができました。2級、1級にも挑戦していきたいです。

【TOEIC部門】
受賞者:野崎貴允さん(工学科1年)

受賞業績:TOEICスコア50点以上高いスコア獲得
受賞者コメント:
TOEICは、大学に入学してからのチャレンジになります。7月に本学で開催されたTOEIC IPテストで力試しをしてから、夏休み中にTOEICを受験し、90点スコアを伸ばすことができました。