希望のコースで学ぶ 工学科 3~4年次

情報通信コース(知能機械・情報通信学系)

コンピュータやネットワークの活用をソフトとハードの両面から学ぶ

コンピュータやネットワークの活用をソフトとハードの両面から学ぶ

コンピュータやネットワークのスペシャリストを目指して、ソフトウェア、デジタルコンテンツ開発、通信システムやコンピュータなどの専門技術を学び、ソフトウェアとハードウェアを連携して考えることのできる技術を身に付けます。


ピックアップカリキュラム

情報理論
情報理論

コンピュータや通信機器で扱う数値データの性質を、確立などの数字を使って表すことを学びます。この知識を習得することによって、データの圧縮や暗号化の技術、通信の仕組みが理解できるようになります。

コンピュータアーキテクチャ
コンピュータアーキテクチャ

コンピュータの仕組みを理解し、応用するための基礎を身に付けます。テキストと併せてモデルコンピュータ用シミュレータを使い、コンピュータの基本構成と命令実行の仕組み、割り込み処理、記憶方式を学びます。


総合科目 工学ゼミV・VI・VII・VIII/卒業研究
専門共通科目 統計学/光学基礎/品質管理/電力エネルギー/放射線・原子力基礎/パワーエレクトロニクス
技術者教養科目 知的財産法
コース科目 アルゴリズムとデータ構造/情報理論/通信基礎/通信理論/伝送システム/電波法規/コンピュータアーキテクチャ/オペレーティングシステム/デジタル信号処理/画像情報処理/組込みシステム/技術英語
コース実験科目 情報通信コース実験I・II

資格

取得できるもの 高等学校教諭一種免許状(工業) ※教職課程履修者
第一級陸上特殊無線技士 *指定科目履修者
第三級海上特殊無線技士 *指定科目履修者
取得を支援するもの 品質管理検定
基本情報技術者
ネットワーク接続技術者「工事担当者」
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
ITパスポート
IC3

主な卒業後の進路

デジタルコンテンツ開発者、プログラマー、ネットワーク技術者、電子設計技術者 など