希望のコースで学ぶ 工学科 3~4年次

先進製造コース(機械・素材・食品学系)

先端機器を用いた“ものづくり”を学ぶ

先端機器を用いた“ものづくり”を学ぶ

3Dプリンターのような最先端の機械と技術を学び、より良い機械、人の役に立つ機械、世界中から求められる機械を開発・設計・製造できる技術を身に付けます。また学生フォーミュラなどへの参加を力強くバックアップします。


ピックアップカリキュラム

立体造形
立体造形

立体を構成する概念や造形要素の知識と技法を学びます。3次元CADによるモデリングから3Dプリンタによる造形までの演習を通して、発想力・表現力・造形力・構成力を養うとともに、基本的な加工技術を身に付けます。

自動加工技術
自動加工技術

現代の生産体制は著しく進歩しています。最新のNC加工、CAD/CAMのシステムや原理を理解し、演習を含めてNCプログラムの基本的な作成技術を学び、ものづくりにおける生産の省力化や無人化技術を身に付けます。


総合科目 工学ゼミV・VI・VII・VIII/卒業研究
専門共通科目 統計学/光学基礎/品質管理/電力エネルギー/放射線・原子力基礎/パワーエレクトロニクス
技術者教養科目 知的財産法
コース科目 機械CAD/テクニカルイラストレーション/自動加工技術/構造・機能性材料/応用材料力学/機械保全技術I・II/メカトロニクス/立体造形/構造・伝熱シミュレーション/熱・流体シミュレーション/加工シミュレーション/固体力学/振動学/伝熱学/技術英語
コース実験科目 先進製造コース実験I・II

資格

取得できるもの 高校学校教諭一種免許状(工業) ※教職課程履修者
取得を支援するもの 品質管理検定
テクニカルイラストレーション技能士
機械保全技能士
固体力学分野の有限要素法解析技術者
振動分野の有限要素法解析技術者
熱流体力学分野の有限要素法解析技術者

主な卒業後の進路

機械等の開発・製造技術者、機械保全技術者 など