募集・試験概要

アドミッション・ポリシー(大学院工学研究科)

本学は「ものづくりの視点を重視した工学教育を通じて、未知の分野に果敢に挑戦する創造性豊かな人材を育成する」ことを建学の精神として掲げています。大学院工学研究科では、この精神に基づき、日進月歩の技術革新を担う高度な専門性を要する職業に従事する人材の育成と、現在研究開発に従事している社会人の再教育を行うことを目的としています。これらの人材教育には、修士あるいは博士号取得者として求められる専門知識・技術の修得はもとより、ものづくりの現場で必要とされる人間的能力の伸長が不可欠です。企業の組織においては、学部や高等学校等を卒業した技術者の指導を行いながら、プロジェクトをまとめ上げる必要があります。プロジェクトチームを率いつつ、自ら課題とその解決方法を発見し、それを実行することができる技術者が求められているのです。このような「リーダーシップがあり実践的に貢献できる技術者」となるため、次の5つの能力伸長を図っています。

専門分野の「専門力」
自ら課題を発見する「課題発見力」
課題に対する解決方法を見出す「創造力」
実際に行動する「実践力」
リーダーシップに不可欠な「コミュニケーション力」

これらの素養を身につけるため、入学者に期待する人材像は次のとおりです。

ものづくりに強い関心があり、専門性を深めたい者

本研究科に設定した各教育研究分野の基礎知識を持ち、その専門知識・技術の深化を求める者

新たな技術を自ら開発したい者

各教育研究分野を横断して知識修得可能なカリキュラムを活用し、発想力と創造力を養うことで今までにない革新的な技術の開発を目指している者

社会に出て実践的に活躍したい者

日常的な指導教員、学部生または企業とのディスカッションを通じて、コミュニケーション能力やリーダーシップ等の企業のプロジェクトのリーダーとなる素養を積極的に身につけたい者

さらに、博士後期課程の入学者は、社会人の専門力向上の場であることから、企業における研究開発力の向上を求める者についても、人材像として期待しています。