基礎教育・教養系

高田研究室

高田 喜久司教授

研究室画像

研究内容

(1) 学習指導の理論と実践に関する研究

学習指導の今日的課題を探りながら、授業を活性化する観点について、学習指導理論の遺産や歴史、さらに「感性」・「身体性」・「自己教育力」・「問い」・「体験・経験」・「活動」・「表現」・「問題解決」・「探究」・「個性」・「生きる力」などの今日的なキーワードを手がかりにして授業改善のあり方を構想している。

(2) 学力の本質と学力形成・学習評価に関する研究

学力の低下が社会問題化している現状に鑑み、学力の本質をとらえつつ、学力形成や学習評価のあり方について論究している。
学力の考え方や学力低下の現状、典型的な学力モデル、学力観の変遷を探りながら、特に、「基礎・基本」の確実な定着を図る指導法や指導体制、教育評価等々について歴史的・文献的、実践的に研究を深めている。

(3) F.W.パーカーの教育思想に関する研究

今、さまざまな学校改革が進行している。具体的なのは、子どもの側にたった個性的で自由な生活や、学習への主体性の確立を中核とした改革であると言える。それは主知主義的な教育の疎外状況、すなわち子どもの人間性喪失に対する批判と反省から生まれてきたものである。
このような学校改革の状況の原型あるいはルーツを、アメリカ進歩主義教育、特にパーカーの教育思想と実践に求め研究を進めている。

企業の方へ

学習指導の理論と実践に関する研究などを行っています。

研究業績等一覧

Please scroll Page top