新潟工科大学附属図書館 NIIGATA INSTITUTE OF TECHNOLOGY LIBRARY

資料紹介

おすすめ図書

誰もが僕に『探偵』をやらせたがる/白石かおる 著

この物語は、二年前に建ったばかりのビルのすぐ隣で主人公の青年が四、五年前に亡くなったと見られる遺体を発見するところから始まります。
その死体が最近動かされたものなのか、はたまた誰も気が付かずに長い間そこにあり続けたのか。この事件を皮切りに、主人公は様々な場面で『探偵』という役割で指名を受けることになります。自分はごく普通の人間であると主張する彼ですが、周りはそれを認めてくれません。
この本は四章で書かれていて、プロローグとエピローグのほかに間に一つ閑話を入れてくるなど、こまめに区切られていて読みやすい作品です。
推理小説を読むことが好きな人だけでなく、ミステリー作品は好きだけど長編の小説を読み続けるのは苦手、という人や小説の小難しい言い回しが苦手でちょっと手を出しづらい、という人にもお勧めできます。
主人公が作中でどのような事件に出会い、どういう形で関わっていくのか。彼は『探偵』から逃れることができるのか。
気になった人は是非読んでみてください。