新潟工科大学附属図書館 NIIGATA INSTITUTE OF TECHNOLOGY LIBRARY

資料紹介

おすすめ図書

ヘンテコノミクス/佐藤雅彦, 菅俊一 原作 ; 高橋秀明 画

行動経済学とは、従来の経済学では説明しきれない人間の経済行動を、人間の心理という視点から解明しようとする新しい経済学のことです。
行動経済学というと、とても難しそうに聞こえるかもしれませんが、本当にざっくり言うと、損得のみの経済行動の中で、それだけではない非合理な行動をなぜするのか?ということです。例えば、同じ金額でも価値が大きく変わってしまうことがあります。(第2話「安売り合戦」の巻 を読んでみてください!)そしてその行為や行動には、単純な理由だけでなく、人間的で深い原理のもとにあるということを分かりやすく説明してくれています。
この本は、1テーマにつき1話完結の漫画によって、それらのエピソードが面白おかしく表現されています。とりあえず開いてみて、1話だけでも読んでみてください。あるある!と感じることや、なるほど、そういう原理なのか!と思うようなエピソードがたくさんあると思います。簡単に読めるので、休憩の際にもオススメです。