新潟工科大学附属図書館 NIIGATA INSTITUTE OF TECHNOLOGY LIBRARY

資料紹介

おすすめ図書

さくらえび/さくらももこ著

さくらももこさんの悲報のニュースが流れ約1ヵ月が経ちました。
ニュースを聞いた直後は、ショック?呆然?(どう表現していいか分からない感情)になりました。

幼少の自分には「ちびまる子ちゃん」はかなり影響力があり(たぶん小学生はみんなそうだったと思います)
アニメを見たり漫画も集めて読んだり、美容室に行くとちびまる子ちゃんカットで!とお願いしていました。
ちょっと大人になってからはエッセイを読むようになりました。
「さるのこしかけ」「もものかんづめ」などは大爆笑。腹を抱えて読みました。学生の頃に読んだにも関わらず、いまだに思い出すとププッとなってしまいます。さくらももこさんの日常あるある、の何とも言えない文章。わかる!あるよね!てか自分のことか!?と共感することも多々あり、笑いに変えてくれる話もあれば中学当時は悩んでるのは自分だけじゃない、という安心感も得られて癒されました。人生感というか真摯に人を見つめている文章がとても好きです。
さらに大人になって時間が取れずだいぶ読書と疎遠になっていましたが、何か読みたい。けど何が読みたいか分からない。という時に間違いない内容と読みやすさと文庫の手軽さからさくらももこを読もう。と「さくらえび」を手に取りました。
(うちの大学図書館にはこの1冊しか無かったこともありますが…)

やはり他の作品同様に期待を裏切らず、おもしろかったです。(どの作品もおもしろいってすごくないですか…)
1番にヒロシは間違いない。(てかヒロシってすごくないですか…)
あと特に息子さんのことを書いた話がとてもかわいいです。
自分がさくらももこと明かさず手紙を渡したり、返事を書いたり、あぁ~息子さんのことすごく大事にしているんだな~と幸せな気分になりました。

エッセイは文庫もたくさん出ています。
自分でも他にまだ読んでいない本も読んでみようと思いました。

中学生でも高校生でも大人でも老若男女問わず、読める作品です。ぜひ読んでほしいです。