NIIT ニュース

2008年04月07日

 第14回工学部・第10回大学院工学研究科入学式が4月5日(土)、本学講堂において挙行され、学部231名(3年次編入生含む。)、大学院工学研究科10名が入学しました。

学科、専攻ごとの内訳は以下のとおりです。
〔工学部〕  
  機械制御システム工学科

76名

  情報電子工学科

61名

  環境科学科(物質生物システム工学科)

37名

  建築学科

57名

 工学部計(3年次編入含む。) 

231名

     
 〔大学院工学研究科〕  
 《博士後期課程》  
   生産開発工学専攻

1名

 《博士前期(修士)課程》  
   高度生産システム工学専攻

2名

   自然・社会環境システム工学専攻

7名

大学院計

10名

     
合 計

241名

 布村学長は式辞で「皆さんが選んだ『工学に「理想と情熱」を見出した皆さんのご入学・ご進学を心から祝福し、歓迎いたします」と述べました。

 これに対し、新入生を代表して情報電子工学科の今井貴晃さん(新潟県立長岡工業高校出身)が「新潟工科大学の学生としての自覚と誇りを持ち、日々の学習を糧とし、先輩方の築かれてきた伝統、実績を更に発展させられるよう努力していきたい」と、また、大学院高度生産システム工学専攻の佐々木秀一さん(新潟県立佐渡高校出身、本学機械制御システム工学科卒)は「学部四年間で培ってきた知識と経験を基礎として、自らの研究テーマを追求するとともに、それにとらわれず様々な分野を探求していきたい」とそれぞれ誓いの言葉を述べました。

 

入学式

 午後からは、父母は学内で後援会総会並びに学長父母懇談会、学科別ガイダンスに出席しました。

 一方、新入生たちは入学式終了後柏崎市民プラザに移動し、新潟産業大学と合同の新入生歓迎会に出席しました。
 この会は、柏崎市、商工会議所、市内企業や有志が一体となり、柏崎で学園生活を送る若者を歓迎しようと毎年開催しているものです。歓迎会では、市民による楽器の演奏やよさこいが踊られ、卒業生からの激励のメッセージもあり、盛り沢山の内容で新入生たちを歓迎しました。

 

新入生歓迎会の様子

 

よさこい

 

歓談する新入生たち

 

プレゼント抽選会