NIIT ニュース

2009年11月12日

 10月10日(土)・11日(日)の両日、ツインリンクもてぎ(栃木県)スーパースピードウェイで行われた「第29回本田宗一郎杯Hondaエコノパワー燃費競技全国大会」(省エネカーレース)に自動車同好会が参加しました。
 10日(土)の練習走行は無事完走し、燃費239.5km/リットルを記録しましたが、翌11日(日)の決勝では他車と接触し、走行不能のため残念ながらリタイヤとなりました。
 しかし、公式記録にはなりませんでしたが、練習走行では目標としていた「初出場した昨年の記録の2倍の燃費」を達成しました。来年は、さらに今年の記録の2倍を目指して車両の改良を進めていきます。

【Hondaエコノパワー燃費競技全国大会について】
 一人乗りの自作車両にホンダ製50cc4ストロークガソリンエンジンをベースに改良したエンジンを登載し、1周約2.4kmのコースを平均時速25km/h以上で7周走行し、燃費を競います。 7クラスあり、大学はグループIII(大学・短大・高専・専門学校クラス)に出場します。