NIIT ニュース

2011年08月10日

  環境美化活動の一環として、環境推進学生会主催による「キャンパスクリーン2011」を8月9日(火)に実施しました。
  学生や職員あわせて25名(学生21名、職員4名)が参加し、吸い殻や空き缶の回収など校内清掃を行いました。また、単にゴミを拾うだけでなく、傾向分析のため、どの場所にどんなゴミが落ちていたか記録しました。今後、環境推進学生会で結果を分析する予定です。
  清掃後拾ったゴミは、全員で分別作業を行い、最後に集合写真を撮りました。

 

( 清掃作業の様子1 )

 

( 清掃作業の様子2 )

 

( 分別作業の様子 )

 

( こんなものも捨てられていました。 )

 

( 参加者の集合写真。お疲れ様でした。 )

< 参加した学生の感想 >
  暑かった。駐車場周辺を中心に作業しましたが、板など思ったより大きいゴミが捨てられていたのが意外でした。(環境科学科2年片山朋寛さん)
  昨年も参加しました。階段付近を作業しましたが、案外落ちているゴミが少ないと思いました。次回も参加してみたいです。(環境科学科2年佐藤香子さん)
  初めて参加しました。案外いろいろな種類のゴミが落ちていると感じた。車のホイールが落ちていたのでびっくりしました。次回も参加したいと思います。(環境科学科3年貴船正隆さん)
  ・  駐車場は禁煙エリアなのに、タバコの吸い殻が多く捨てられていた。実際の状況を知ってもらうことで、学生自体も意識されゴミ自体も減るのではと感じました。このような活動には、できるだけ多くの学生が参加してほしいと思います。(建築学科3年外山洸太さん<新潟工科大学学友会会長>)
 
< キャンパスクリーンの概要 >
  日 時 2011年8月9日(火) 9:00〜10:30 
  場 所  本学構内
  参加者  25名(学生21名、職員4名)
   
  拾ったゴミの内訳
  燃えるゴミ

3.5

Kg  
  燃えないゴミ

20.5

Kg (うち、スクーター1台 17kg) 
  カン

 
  ペットボトル

 
  タバコの吸い殻

63