NIIT ニュース

2011年11月29日

   11月28日(月)に本学を会場に「平成23年度中学校理科教員指導力向上事業(化学領域)」(主催:新潟県立教育センター)が行なわれました。
  この事業は新潟県内の中学校理科教員、特別支援学校教員を対象に、理科の先端的な科学技術に関する観察、実験、実習を大学と連携して実施し、その教材開発を行なうことにより指導力の向上を図ることを目的としています。本学は、平成20年度より、同事業に協力しています。
  本学は、化学領域を担当し、環境科学科の小野寺正幸准教授が講師を担当したほか、同学科4年生の関矢淳子さん(新潟県立柏崎常盤高等学校出身)と本間健人さん(新潟県立海洋高等学校出身)が実験のティーチングアシスタントとして、参加者の指導にあたりました。
  「地球環境と環境測定方法」と題して講義を行なったほか、河川・湖沼・池の水の測定、分子模型の製作を行ないました。研修の最後には、研修内容の教材化と学習指導への活用に関して、活発な意見交換が行なわれました。

 

講義の様子

 

実験の様子