NIIT ニュース

2011年11月30日

  11月16日(水)に本学講堂において「平成23年度業種別企業ガイダンス」を開催しました。本ガイダンスは、学生へのキャリア支援の試みとして、低学年からの職業観育成と企業理解を深めることを目的に、全学年を対象に開催しております。
   当日は新潟県内外の製造業、情報通信業、建設業、卸売・小売業の各業界の企業から38社の参加をいただきました。
  本来であれば、学生が1社ずつ企業見学をさせていただき、企業を知ることが理想ですが、38社の企業を短期間に訪問するということは、授業等の絡みもあり、なかなか難しい状況であります。そこで、本ガイダンスでは、本学の支援団体である「新潟工科大学産学交流会」会員企業様を中心とした、企業の方々からご協力をいただき、大学に自社製品やパネルを持ち込み、具体的に各企業の技術等について説明をいただいております。
  就職等の合同会社説明会では企業の人事の方が学生に説明するのが一般的ですが、本ガイダンスでは技術担当者や本学卒業生の方々から、直接、自社の技術や事業内容及び業界の動向等について説明をいただくことを基本としております。
  更には、学生は企業の情報が少ないため、B to C(Business to Consumer)企業を目指す傾向にありますが、B to B(Business to Business)企業の技術力を知ってもらうという思いもあります。
  当日は約180人の学生が参加し、各企業のブースを訪問して、各企業のものづくり技術の高さや企業の事業への取り組みの状況などを学びました。参加した学生は、「企業の方と直接話をすることができたとても良い機会だった」、「製品やパネルによる説明をいただいて理解しやすかった」などの感想があり、学生が各業界や企業の研究をさせていただく大変貴重なガイダンスとなりました。
(本事業は、文部科学省「学生支援推進プログラム」の補助金採択を受け実施しました。)