NIIT ニュース

2012年08月31日

   新潟工科大学地域産学交流センターでは、企業や研究機関等の方々を対象に「2012技術シーズプレゼンテーションin柏崎」を開催いたします。この企画は、本学、長岡技術科学大学、長岡工業高等専門学校が連携して開催するものであり、今回のテーマを「活性!ものづくり」とし、現在研究している具体的な取組みを紹介することにより産業界のイメージをつかんでいただき、地域の産業界の皆様との交流を発展させたいと考えております。多くの皆様からのご参加をお待ちしております。

〇日時 平成24年9月21日(金)13:00〜19:00(交流懇談会17:40〜19:00)

〇会場 柏崎市 市民プラザ (柏崎市東本町1−3−24)

〇本学からの発表内容

「整形外科治療への造型モデル応用」 副学長 教 授  原 利昭
「スピントロ二クスに向けた遷移金属酸化物材料開発」 機械制御システム工学科 准教授 吉田宏二
「環境温度域で機能する吸熱・蓄熱・断熱材の開発」 環境科学科 准教授 原嶋郁郎

※ご案内・参加申込書はこちらの(PDFファイル)をご覧ください。

〇お問い合わせ 新潟工科大学地域産学交流センター(担当:キャリア・産学交流推進課)
TEL:0257−22−8110
FAX:0257−22−8123
e−mail:career-sangaku@adm.niit.ac.jp

2012年08月31日

   本学では来る9月6日(木)に再生可能エネルギーの活用をテーマにエネルギーシンポジウムを開催いたします。地球規模での環境への取組が必要とされている中で、環境先進国である、ドイツの大学からゲストをお招きし、今後のエネルギーについて考えたいと思います。
   基調講演には「NTT環境エネルギー研究所 プロジェクトマネージャの杉山氏」をお迎えし、“低炭素社会実現に向けたグリーンICT”について講演いただきます。
   さらには、本学からの再生可能エネルギーに関する研究事例を紹介させていただくほか、ドイツのマグデブルグ・オットーフォンゲーリック大学のDr.Genetzkeからも同大学の研究の取組について発表いただきます。
   シンポジウムは一般の方々にも分かり易く、逐次通訳も入れながら進行いたしますので、ぜひともお気軽にご参加くださいますようご案内申しあげます。
   なお、開催内容の詳細と参加申込みは右記のファイルをご参照くださいますようお願い申しあげます。


事務局 新潟工科大学 キャリア・産学交流推進課

2012年08月31日

就業力育成支援事業のホームページを更新しましたので、お知らせします。

     就業力育成支援事業のホームページは、こちら
2012年08月29日

  9月22日(土曜・祝日)のオープンキャンパス情報を掲載しましたので、お知らせします。
  今回は、スペシャルコンテンツとして、「面接試験対策講座」と「学科の学び座談会」を実施します。詳しくは、 オープンキャンパス特設サイトをご覧ください。 

オープンキャンパスホームページイメージ

 オープンキャンパス特設サイトは、こちら

2012年08月28日

  8月25日(土)、26日(日)の両日、今年で35回目となった日本テレビの24時間テレビが放映されました。会場となった新潟市中央区の万代シティ周辺には、さまざまな体験コーナーや飲食ブースなどが出展され、多くの人で賑わいました。

  本学は、テレビ新潟(TeNY)の地球温暖化防止キャンペーン『GreenCircleにいがたの森づくり』ブースにおいて、学生が中心となり、スポーツ飲料や鉛筆の芯など、身近なもので燃料電池を作成してLED電球を点灯させる実験を行いました。手回し発電機を使った実験では、子どもたちが仕事量によって発電量が決まることを体得し、節電の大切さを理解しました。

  このほか、本学のエコ活動の取り組みを紹介し、来場者にはエコバッグなどのグッズを配布しました。
  また、会場では家庭から出た廃食用油の回収も行いました。回収した廃食用油は、バイオディーゼル燃料(BDF)に精製され、リサイクルされます。

 

 学生スタッフの4人

 

ブース前では呼び込みも

 

丁寧な指導が身上です

 

笑顔もこぼれます

 

食い入るように見つめる親子

 

エコバッグを手に笑顔の高校生

2012年08月24日

 7月25日(水)から放送されているスポットCMに「どこの大学かって?編」が加わりました。
 新しいCMは9月からNST、UX、TeNYで、現在放送中の「自分みがき編」と並行して放送されます。

 また、ラジオCMもBSNラジオ、FM新潟で「どこの大学かって?編」が9月から放送されます。
 FMピッカラでは引き続き「自分みがき編」を放送しています。

テレビCM
【自分みがき編】(画像をクリックしてください)


【どこの大学かって?編】(画像をクリックしてください)

2012年08月24日

  環境美化活動の一環として、環境推進学生会主催による「第3回 CAMPUS CLEAN」及び「THANKS CLEAN」を8月10日(金)に実施しました。
  学生や職員あわせて16名が参加し、吸い殻や空き缶の回収など構内及び大学周辺の清掃を行いました。また、単にゴミを拾うだけでなく、傾向分析のため、どの場所にどんなゴミが落ちていたかを記録しました。今後、環境推進学生会で結果を分析する予定です。
  清掃後拾ったゴミは、全員で分別作業を行い、最後に集合写真を撮りました。

 

(清掃作業の様子:CAMPUS CLEAN)

 

(清掃作業の様子:THANKS CLEAN)

 

(分別作業の様子)

 

(回収されたゴミ。)

  (こんなものも捨てられていました。)

 (参加者の集合写真。お疲れ様でした。)

<環境推進学生会会長の感想>
・今年は、ゴミが大変少ないように感じました。このことから、キャンパスを大切に思う人が多くいることがわかります。そして、いずれはゴミがゼロになることを願っています。

<CAMPUS CLEAN及びTHANKS CLEANの概要>
 日 時:2012年8月10日(金)10:00〜11:30
 場 所:本学構内+大学周辺
 参加者:16名(学生9名、職員7名)

 拾ったゴミの内訳
 ○燃えるゴミ    6.05Kg(うち、木材3.9Kg)
 ○燃えないゴミ   0.6Kg
 ○ホース      2.45Kg
 ○缶           3本
 ○ペットボトル     2本
 ○ビン          1本

2012年08月22日

   このたび新潟工科大学地域産学交流センターでは、企業や研究機関等の方々を対象に「燕三条地域産学交流会」を開催いたします。本交流会は、本学の研究の取組みや最新の産学連携に関する様々な情報発信を行い、地域の産業界の皆様との連携を深めたいと考えております。是非、お気軽にご参加ください。

〇日時 平成24年9月7日(金)14:30〜17:00(交流懇親会17:10〜18:30)
〇会場 燕三条地場産業振興センター リサーチコア 7階マルチメディアホール(三条市須頃1−17)
〇内容
・新潟工科大学の取組紹介
・研究内容の発表
演題:「超伝導がひらく未来」
講師:新潟工科大学 機械制御システム工学科 吉田宏二 准教授
・講演
演題:「ボーカロイド(音声合成技術)ビジネスに学ぶオープンイノベーションと大学活用」
講師:新潟大学 産学地域連携推進機構 尾田雅文 教授
・交流懇親会(交流懇親会の参加費は3,000円となります)

※ご案内・参加申込書はこちらの(PDFファイル)をご覧ください。

〇お問い合わせ 新潟工科大学地域産学交流センター(担当:キャリア・産学交流推進課)
TEL:0257−22−8110
FAX:0257−22−8123
e−mail:career-sangaku@adm.niit.ac.jp

2012年08月21日

  平成24年8月8日(水)に小千谷市総合産業会館サンプラザにおいて小千谷産学交流研究会を開催いたしました。この研究会は、新潟工科大学、新潟大学、及び長岡技術科学大学が協力して主催したもので、主催の各大学の研究事例の紹介が行われ、地域企業など100名を超える方から参加いただきました。本学からは建築学科の深澤教授が「豪雪年におけるピラミッド型自然融雪屋根の性能実証実験結果」をテーマに、超少子高齢社会を迎える中で屋根雪処理問題が大きな社会問題となっている中、簡易耐震式の家屋にピラミッド型の屋根を並べ、自然エネルギーを活用した融雪の研究事例について紹介を行い、会場が満席になる程の多くの企業の方から聴講いただきました。情報交換会では、今回の研究発表に関して将来連携して研究を行えるかなどの意見交換がありました。

会場全体の様子

建築学科 深澤教授の研究発表  

2012年08月20日

 日本テレビの24時間テレビのイベント会場において、本学は以下のとおり実験ブースを開設します。

 日時:8月25日(土) 11:00~18:00
       26日(日) 10:00~17:00
 場所:新潟市中央区万代 万代シティー歩行者天国

 この企画は、本学が参画するGreen Circleにいがたの森づくりの活動の一環として、24時間テレビと並行してエコ実験やパンフレットの配布を行うもので、本学としては3回目の出展となります。

 今回は「身近なもので燃料電池を作ってみよう!」の実験を体験できます。
 またデモ実験として、「誰でもできる簡単蓄電システム」を紹介します。
 さらに、本学のエコ活動の取り組みとして、「バイオディーゼル燃料(BDF)の利活用」を紹介します。本学では、学生の送迎などに使用するマイクロバスの燃料にBDFを使用するほか、BDF発電による電力ピークカットなどに取り組んでいます。関連記事

 このほか、会場では廃食用油の回収も行っています。家庭で不要となった廃食用油を有効利用するため、多くの方のご協力をお願いします。会場へはペットボトルなど、倒れてもこぼれない、割れない容器に入れてお待ちください。

 実験ブースに関する問い合わせ
   新潟工科大学 プロジェクト推進室 0257−22−8103
 会場、24時間テレビに関する問い合わせは、TeNYまで

2012年08月10日

新潟工科大学地域産学交流センターでは、平成24年8月6日(月)に新潟工科大学産学交流会の新潟地域の会員企業との懇談会を東北電力ビッグスワンスタジアムの会議室において開催しました。本懇談会は、各地区に大学スタッフが出向き、少人数形式により開催するもので、大学と会員企業との情報交換や会員相互の交流促進と大学への要望をお聞きすることを目的に毎年開催しております。今回は、新潟地域の11社の会員企業から出席いただきました。
   懇談会では、大学の研究事例として、環境科学科の一柳孝司教授から「食品の機能研究」をテーマに、食品の機能に着目した疾病予防の研究が推進されている状況を紹介しました。一般に健康にいいと宣伝されている食品は多いものの、定量的に明らかにしている研究例は少ないということ、また、ブルーベリーに含まれるアントシアニン成分を例にし、どの程度体内に吸収され、体のどの部分に吸収されたかの事例等を紹介しました。
続いて、原利昭 地域産学交流センター長から、新潟工科大学の教育研究の取組事例を紹介いたしました。


その後、意見交換会を行い、本学に対する教育へのご意見やご要望をいただきました。
・大学の勉強と社会での実際の仕事は大きく異なるところがある。現場で多くの仕事を吸収していく気持ちを持って仕事に取組んでもらいたいと考えている。大学には、挑戦力、コミュニケーション力を持ち、責任感、協調性のある人材育成に期待する。
・大学院修了生を採用することがあるが、学部卒業生と比較すると、専門能力以外にも物事に対する考え方や姿勢などが優れている。学部卒業生にも大学院修了生に匹敵するくらいの教育を期待する。
・人材育成の手法としては、ボランティアや地域活動を通して様々な年代の人と関わりを持つよう、大学が学生に積極的に働きかけることが大切であると思う。インターンシップにおいて実際の仕事を体験することも一つの方法と思うが、会社の生の実務を限られた短い期間で体験させることはなかなか難しい部分もある。海外等に行って国際的な視野を拡げることや様々な取組みを経験しておくことも大切であると考える。
 

今回いただきました皆様のご意見を深く受け止め、今後の教育・研究に反映させていきたいと考えています。現在、本学では学生の就業力の向上を図るため、専門教育、教養教育、キャリア教育を体系的に行う実践型カリキュラムにより、技術者として必要な「専門力」と「人間力」の育成に努めて参ります。

新潟工科大学産学交流会では、現在、新規会員企業を募集しています。先進企業見学会などの事業を実施しており、大変有意義な会でございますので、是非とも入会いただければ幸いです。

研究事例の紹介

意見交換の様子

2012年08月08日

  7月30日(月)〜8月3日(金)の5日間、本学のグラウンドで公開講座・教養講座「中学生サッカ−スキルアップ講座」(講師:教養系小泉昌幸教授)が開講されました。参加者は、連日の猛暑の中、技術向上を目指し、汗を流していました。

 

  また、10月には、かしわざき市民大学後期講座で、「快適で安全な地域の“住まい”づくり」と題して、本学の建築学科の教員が講師となり、講義を行います。詳しくは、柏崎市役所ホームページをご覧ください。

2012年08月06日

 平成24年度前期(9月修了)大学院工学研究科博士前期(修士)課程における学位論文発表会を、下記のとおり開催します。
 本発表会は、学生、教職員はもとより、企業、一般の方など、どなたでも聴講できます。多数のご来場をお待ちしています。

 日時:8月9日(木) 午後1時30分〜  場所:大学院第1講義室
 詳細はこちら 学位論文発表会日程

2012年08月03日

  本学では、かしわざき市民大学と連携して、下記のとおり、公開講座「快適で安全な地域の“住まい”づくり」を開講します。これは、本学建築学科教員を講師とし、建物の構造や環境・防災など、柏崎市の気候や特徴なども考えた住まいづくりを考えます。
  詳しくは、柏崎市役所ホームページ又は本学ホームページをご覧ください。
  講座詳細のPDFファイルは、こちら

  ■開講日 10月1日(月)、15日(月)、22日(月)、29日(月)の4日間
  ■受講料 2,000円
  ■申込期限 8月15日(水)まで
  ■場所 柏崎市民プラザ 学習室201・202
  ■申込先 かしわざき市民大学事務局(柏崎市教育委員会生涯学習課)
FAX 0257-22-2637
E-mail s-plaza@city.kashiwazaki.niigata.jp

2012年08月02日

   8月18日(土)〜19日(日)に、柏崎青年工業クラブ主催の『こども工業まつり』を本学で開催します。
本イベントは、同クラブの40周年記念事業として「次世代の地域を担うこどもたちに、ものづくりの魅力を感じてもらうため」に開催するものです。
  各種工作コーナー、模擬授業、エアトレイン運行、働く車展示、遊具コーナー、企業展示コーナー、スタンプラリー、学生食堂の営業を行います。
   お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。

 

■日 時 8月18日(土) 9:00〜16:00
       8月19日(日) 9:00〜15:30
■会 場 本学、ものづくり活性化センター
■内 容
・各種工作コーナー(ペン立て、うちわ、クワガタ、貯金箱)
・模擬授業(ブーメラン:寺島教授、LEDライト:佐藤准教授)
・エアトレイン運行
・働く車展示(パトカー、消防車、自衛隊車両他)
・遊具コーナー(ストラックアウト、キックターゲット、試作遊具他)
・企業展示コーナー
・スタンプラリー
・学生食堂・売店営業

■ポスターのPDFデータは、こちら

2012年08月01日

 平成24年度教員免許状更新講習の二次募集を行います。

 詳しくはこちらから。

 受講申込はこちら。 教員免許状更新講習コンソーシアム新潟

2012年08月01日

1.募集職種及び採用予定者数
  職種:総務課職員(臨時職員)  1人(男女不問)

2.職務内容
  総務課における一般事務(秘書・窓口業務、庶務等)

3.受験資格
  (1)ワード、エクセルソフトを使用できること
  (2)明るく接客応対ができること

4.選考基準
  書類選考合格者に面接試験を実施し、面接試験の結果により判断します。

5.採用試験日
  書類選考 : 8月23日(木)までに書面または電話により選考結果を通知します。
  面接試験 : 8月24日(金)〜27日(月)のいずれかで実施予定。

6.採用予定日
  平成24年9月中旬(詳細は面接時に確認させていただきます。)

7.採用条件
  雇用期間: 平成24年9月中旬から平成25年3月31日
    (雇用期間満了時の業務量等により更新の可能性あり。)
  時  給: 900円
  諸 手 当: 通勤手当(本学規定による)
  勤 務 日: 月曜〜金曜日 8:30〜17:30
    休  日: 土曜、日曜、祝日、夏季特別休暇、年末年始休暇等

8.申込方法
 履歴書、職務経歴書及び返信用封筒(長3封筒に返信先を記載し、80円切手貼付)を新潟工科大学総務課宛に直接提出していただくか、郵送にてお送りください。
 郵送の場合は、封筒の表に「臨時職員応募書類 在中」と朱書し、追跡できる方法(簡易書留等)で送付してください。配達事故への対応はいたしかねます。
 【提出先】
  〒945−1195 柏崎市藤橋1719番地 新潟工科大学 総務課 宛

9.申込期限
  郵送、持参いずれの場合も8月20日(月)必着とします。
  受付時間:午前9時00分〜午後5時30分(土曜、日曜及び8月13日から16日を除く。)