NIIT ニュース

2012年10月31日

  このたび新潟工科大学地域産学交流センターでは、新潟工科大学産学交流会会員企業様を対象として、川崎重工の協力会社である「株式会社水野鉄工所」、三菱重工の協力会社である「東明工業株式会社」の見学会を計画いたしました。
  水野鉄工所は航空機・宇宙機器部品の加工を主体に行っており、また、東明工業は航空宇宙品質マネジメントシステムを取得され、主に大型旅客機やビジネスジェット機の主翼や胴体部分の構造組立を始め、国産ロケットの製造に参画しております。両社とも航空・宇宙産業の一翼を担う先進企業であり、必ずや皆様の参考になるものと存じます。
  本見学会により、会員皆様の新規事業参入のきっかけ作りや相互の交流促進にも繋がればと考えております。
  是非ご参加くださいますようご案内いたします。 

1. 期  日  平成24年11月15日(木)〜16日(金)

2.見学先
(1)株式会社水野鉄工所(岐阜県関市)
URLhttp://www.miztec.jp/index.htm

(2)東明工業株式会社(愛知県知多市)
URLhttp://www.tohmei.com

3.日程詳細・申込書
こちらの【PDFファイル】をご覧ください。(申込書もこちらです。)

4.対  象  新潟工科大学産学交流会会員企業

5.交通手段 貸切バス

6.定  員 25人(先着順)

7.参加費 お一人 31,500円(交通費、宿泊費、情報交換会、食事、税金等全て込み)

8.申し込み
上記申込書にて、FAXまたは電子メールにより申し込みをお願いいたします。
 申込締切:平成24年11月2日(金)

問合せ先・申込先:新潟工科大学 キャリア・産学交流推進課
             TEL:0257-22-8110 FAX:0257-22-8123
               E-mail:career-sangaku@adm.niit.ac.jp

2012年10月31日

就業力育成支援事業のホームページを更新しましたので、お知らせします。

就業力育成支援事業のホームページは、こちら
2012年10月31日

  環境科学科において、平成24年10月6日(土)に卒業生の社会人をパネリストに迎え、卒業生との懇談会を開催しました。
  懇談会に先立ち、本学の長谷川特任教授から「内定をもらえる学生・もらえない学生−今年の就活最前線−」をテーマに講演があり、“会社では好きな仕事だけをできるわけではないので、配属された仕事の中で自分の力を付けることが重要であり、その力が自信となる” ⇒ “やりたい仕事ができるようになる” ⇒ “仕事に対して責任が出てくる” ⇒ “仕事のやりがいにつなげる”と言う良いスパイラルを自ら作り出すことが重要である旨の説明がありました。
  懇談会では、「私の就職活動」、「就職して思うこと」、「アドバイスできること」をテーマに卒業生から具体的な経験談をもとに説明をいただきました。参加した3年生は、「今後の本格的な就職活動に向け大変参考になった」、「内定をいただくための心構えや社会人になるにあたっての意識が高まった」などの感想があり、就職のことを考える大変有意義な懇談会となりました。

卒業生からのアドバイス

会場全体の様子

今年の就活最前線

2012年10月30日

  10月29日(月)に、かしわざき市民大学後期講座「快適で安全な地域の“住まい”づくり」の最終日を迎え、本学が提供している全講座を終了しました。 最終日は、建築学科の深澤大輔教授が、「雪と住まい」と題して、雪の特性と住宅(屋根)の克雪対策について、講義を行いました。
  同講座は、10月1日(月)〜29日(月)の間の4日間、柏崎市民プラザを会場に建築学科の教員が講師となり、構造や環境・防災など、柏崎市の気候や特徴などを考えた住まいづくりについて解説しました。また、今年度から公開講座(技術講座)は、柏崎市と連携し、かしわざき市民大学講座として、実施させていただきました。たくさんの方から受講していただき、ありがとうございました。
  次年度の公開講座の予定が決まりましたら、本学ホームページなどでご案内させていただきます。

    講座概要
■10月 1日(月)
    「環境と住まい」 富永 禎秀 教授
  ■10月15日(月) 
    「高齢者の住まい」 黒木 宏一 准教授
  ■10月22日(月) 
    「地震と住まい」 田村 良一 教授
  ■10月29日(月) 
    「雪と住まい」 深澤 大輔 教授

解説する深澤教授

     
2012年10月29日

平成24年度教員免許状更新講習に関する留意事項について

  この度は、教員免許状更新講習にお申込みいただきありがとうございました。講習当日は以下の点にご留意いただきますよう、お願い申しあげます。

1.講習管理システムから「受講票」を印刷し、受講申込書と同一の写真を貼付の上必ずご持参願います。

2.講習料は、受講当日科目ごとに受付でお支払願います。お釣り銭の要らないようご協力願います。

3.当日の日程は、以下のとおりとなります。受付時間は厳守でお願いします。

 ◎必修講習
【1日目】
  8:30〜 9:00 受付
  9:00〜 9:05 オリエンテーション
  9:05〜12:05 午前講習(10分休憩2回含む)
12:05〜12:25 修了認定試験
12:25〜13:25 休憩
13:25〜16:25 午後講習(10分休憩2回含む)
16:25〜16:45 修了認定試験

【2日目】
  8:45〜 9:05 受付
  9:05〜12:05 午前講習(10分休憩2回含む)
12:05〜12:25 修了認定試験
12:25〜13:25 休憩
13:25〜16:25 午後講習(10分休憩2回含む)
16:25〜16:45 修了認定試験
16:45〜16:55 事後アンケート

◎選択講習
  9:00〜 9:10 受付
  9:10〜 9:15 オリエンテーション
  9:15〜12:35 午前講習(10分休憩2回含む)
12:35〜13:35 休憩
13:35〜15:55 午後講習(10分休憩2回含む)
15:55〜16:55 修了認定試験
16:55〜17:00 事後アンケート

※講師の都合等により、変更になる場合があります。

4.昼食は、各自でご用意願います(本学学生食堂、売店は営業しておりません)。近くにコンビニエンスストア等がありませんので、予めご了承ください(学内に飲み物等の自動販売機がありますので、ご利用ください)。
    11月17日(土)については、学内で「科学の祭典」を開催するため学生食堂、売店を営業いたします。ただし、食数に限りがあります。

5.11月3日(土)は本学推薦入試、11月10日(土)は公開講座、11月17日(土)は「科学の祭典」を、学内において実施いたします。ご不便をおかけすることもあろうかと思いますが、ご了承ください。

6.時間割、テキスト等受講に必要な資料は、当日配布いたします。

7.講習を実施する講義室は、当日ご案内いたします。案内板をご確認の上、各講義室までお越しください。

8.自家用車でお越しの際は、正面の学生駐車場をご利用ください。

9.路線バスの運行は、次のとおりです(運賃:柏崎駅〜大学間片道250円)。
  (1)行き:柏崎駅前3番線発 7:55⇒8:16 大学前着
             柏崎駅南口(駅裏)発 8:20⇒8:33 大学前着
  (2)帰り:大学前発 17:17〜17:40 柏崎駅前着

10.当日の電話連絡については、以下のとおりお願いいたします。
    8:00〜9:30まで:090−1438−0301
    9:30以降講習終了時まで:0257−22−8101、22−8102

11.本学の建物配置図は、以下からご覧ください。当日の受付位置等を確認できます。
    http://www.niit.ac.jp/news/2012/11/1212.html

12.その他講習に関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。
    新潟工科大学 学務課(担当:内山)
    TEL 0257−22−8102   FAX 0257−22−8112
    E−mailmenkyo@adm.niit.ac.jp

2012年10月26日

平成24年度 教員免許状更新講習

  建物配置図

  (以下の受講日は受付場所が異なります。ご注意ください。) 

  *11月3日(土)の受講者はこちら

  *11月17日(土)の受講者はこちら

教員免許状更新講習に関する問合わせ先
 学務課:0257−22−8102

 

2012年10月25日

  10月24日(水)に本学を会場に「平成24年度先端科学技術体験講座(中学校理科)」(主催:新潟県立教育センター)の2日目が行なわれました。
  この講座は新潟県内の中学校、高等学校の理科教員を対象に、理科の先端的な科学技術に関する観察、実験、実習を大学と連携して実施し、その教材開発を行うことにより指導力の向上を図ることを目的としています。本学は、平成20年度から中学校理科分野を担当しており、今年度は、環境科学科の小野寺正幸准教授が6月22日(金)の1日目に引き続き講師を担当しました。また、同学科4年生2名が実験のティーチングアシスタントとして、参加者の指導にあたりました。
  同講座では、午前に 「分子模型製作」を行い、午後からは2日間に渡る研修内容の教材化と学習指導への活用について、協議を行いました。

 

分子模型製作の様子

2012年10月23日

 10月20日(土)、21日(日)の両日、柏崎市民プラザ前広場において「かしわざき絶品!グルメフェスタ2012」が開催され、大勢の人で賑わいました。会場の一角には、まちかど研究室(まち研)が運営するカフェが登場。こちらも多くの子ども連れなどで盛況となりました。

 グルメフェスタは、柏崎観光協会などが主催。今や柏崎名物となった鯛茶漬けや鯛めし、全国ご当地どんぶり選手権でグランプリとなった北海道のうにめし丼、さらにはスウィーツや地酒など、県内外のうまいものを集めた食の祭典で、「味覚の秋」「食欲の秋」を象徴するイベントです。

 主催者から、グルメフェスタで市民プラザ脇の空き店舗を活用してほしいと打診されたまち研の学生たちは、協議を重ねた末、子ども連れが安心して休める場所、まち研の活動をPRできる場とすることを決定。託児所を併設したカフェとして、親が子どもを預けてゆっくりとグルメを楽しんだり休憩できるスペースを考案しました。

 

店舗の外観

 

来場者をおもてなし

 子ども広場では、子どもたちを飽きさせないよう、ペーパークラフトやドクターフィッシュを用意。一方、カフェの運営にあたっては、事前にニコニコ通り商店街の喫茶店からおいしいコーヒーの入れ方を教わる徹底ぶりで、本番では違いのわかる大学生?として来場者の評価も上々でした。まち研をきっかけにして、地元商店街と連携できた成果でしょうか。

 

店内の様子

 

ペーパークラフトに熱中

 

ペーパークラフトの材料が並ぶ

 

はろう!マーケットの掲示とドリンクメニュー

 

ドクターフィッシュ体験


 担当した学生たちは「まちかど研究室として柏崎市の賑やかしに貢献することができて嬉しかったです」、「初めてグルメフェスタに参加させていただきましたが、美味しいコーヒーの提供ができてよかったです」と感想を述べていました。

 また、まち研の学生を指導し、今回の店舗運営でも授業を通じて店内の設えに携わった建築学科の長聡子准教授は「短い準備期間の中で臨機応変に対応できたのは、日頃のPBL実習やまち研での活動が役に立ったのだと思います。この半年ほどで、参加学生たちの計画力や実行力がぐんぐん成長しているのを実感しました」と手ごたえを感じていました。
2012年10月23日

 「グリーンサークルにいがたの森づくり」植樹会が10月20日(土)、阿賀野市保田赤松山森林公園において行われ、本学から学生、職員4名が参加しました。

 「グリーンサークルにいがた」はテレビ新潟(TeNY)が主催する地球温暖化防止キャンペーンで、植樹会は昨年に続き2回目となります。植樹会には新潟県、阿賀野市のほか、協賛企業の関係者など約60名が参加し「にいがた千年松」を植えました。

 

オープニングセレモニー

 

記念撮影

 

代表者による記念植樹

 

学生らによる植樹風景

 植樹を終えた後は、用意されたおにぎりや豚汁で疲れを癒しました。

 

植樹後の昼食風景


 参加した学生は「自然と触れ合うことができてよかった」、「幅広い世代のボランティアの方々と接することを通じて、エコとは何かを考える機会になった。植樹という行為は繊細さと粘り強さを必要とする作業だと分かった」と話していました。

 木々が順調に生育し、青々とした森に成長することを期待しています。

 TeNYグリーンサークルにいがた公式サイト

関連サイト
 http://www.niit.ac.jp/news/2012/08/24.html 

2012年10月22日

  進学説明会情報を更新しましたので、お知らせします。
  11、12月は、新潟市、長岡市、新発田市、十日町市で開催される合同進学説明会に参加します。専門スタッフが進学に関する質問に親切丁寧にお答えします。参加予約は不要で、入退場自由となっています。
  ぜひ、ご来場ください。

進学説明会の情報については、こちら

2012年10月17日

  10月13日(土)に新潟大学で開催された電子情報通信学会信越支部大会において、大学院博士前期課程1年の今井裕貴さんが、学生奨励賞を受賞しました。
  今井さんは、「ファジィ測度とファジィ積分を用いた回転機器故障診断システムの精度向上」と題して発表を行い、その研究成果が優れていると評価され、今回の受賞となりました。

■情報電子工学科ホームページ■
http://www.niit.ac.jp/ieehtml/iee/CN02/pg105.html

 

研究発表の様子

 

今井さん(右)と研究指導教員の角山正博教授

2012年10月16日

 柏崎をPRする動画の内容を競う「柏崎最高(再興)プロジェクト」の表彰式が10月14日(日)、まちかど研究室に関係者など30人が集い盛大に行われました。

〔まちかど研究室〕
 柏崎市の委託事業として、本学と新潟産業大学の学生が中心となり、市内ニコニコ通り商店街の空き店舗を利用して中心市街地を活性化させることを目的とした取り組み。平成24年7月に本格オープン。「柏崎最高(再興)プロジェクト」と、不要になったものを売買できる「はろー!マーケット」など独自の店舗運営を行っています。公式サイト

〔柏崎最高(再興)プロジェクト〕
 「柏崎最高」のメッセージを含めた、60秒以内の動画を公募する企画。10月2日(火)に市長、両大学長等によって応募作品の審査が行われ各賞を決定しました。

 

会田市長挨拶

 

長谷川学長挨拶

 

受賞作品を鑑賞


 受賞作品と投稿者は次のとおりです。

【新潟産業大学賞】
 『新潟産業大学水球部 柏崎最高やぐら』(新潟産業大学水球部)

【新潟工科大学賞】
 『あなたの夢はなんですか?若者編』(宮 沙織)

【柏崎商工会議所賞】
 『柏崎を探検してみよう』(新潟工科大学 長研究室)

【柏崎青年会議所賞】
 『ブルボンKZ』(ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)

【柏崎観光協会賞】
 『番神ダイビング』(番神ダイバーズc9)

【ニコニコ通り商店街賞】
 『まち研から柏崎を最高に!』(まちかど研究室)

【柏崎市長賞】(グランプリ)
 『ビーチサッカーのできるまち』(柏崎ビーチサッカー協会)


 表彰式後も歓談が続きました。

 
   

受賞者と審査員で記念撮影


まちかど研究室公式サイト
2012年10月15日

 2012年10月12日(金)に震度5強の地震発生を想定した「防災訓練」を実施し、学生、教職員合わせて140名が参加しました。

 地震発生時の初期対応の訓練に併せ、職員で構成する自衛消防隊が、初期消火や学生の避難誘導等の活動を行いながら、自分の役割を確認し、訓練に従事しました。

  また、自衛消防隊の活動訓練終了後には、学生を対象に屋上から避難袋を使用した降下訓練や消火器の使用訓練を実施しました。消火器の使用が初めての学生が、火元を周辺に知らせるために本番さながら「火事だ。火事だ。」と叫びながら消火活動を行うなど、今後に向けて非常に有意義な訓練となりました。

 

(自衛消防隊の活動訓練)

 

(自衛消防隊の活動訓練)

 

(避難袋を使用した降下訓練)

 

(消火器の使用訓練)

2012年10月10日

  本学では10月17日(水)に新潟県立環境と人間のふれあい館主催による特別講演会(新潟水俣病講習会 中越地区講座)が開催されます。
  新潟水俣病への理解を深めていただき、その経験や教訓を将来に伝えていくことを目的とした講演会です。参加費は無料、事前申し込みは不要です。多くの皆様からのご参加をお待ちしております。

〇内 容 「新潟水俣病にみる差別と偏見」 新潟水俣病講習会リーフレット  
  講師:環境と人間のふれあい館館長  塚田眞弘 氏
〇日 時 平成24年10月17日(水) 14:40〜16:10
〇会 場 新潟工科大学 S1大講義室
  柏崎市藤橋1719 TEL:0257-22-8111
〇参加費 無料、事前申し込みは不要です。
  直接会場にお越しください。
〇主 催 新潟県(新潟県立環境と人間のふれあい館)
〇協 力 新潟工科大学
   

新潟県立環境と人間のふれあい館−新潟水俣病資料館−
新潟市北区前新田字新々囲乙364−7  TEL:025-387-1450
※詳しくは、リーフレットをご覧ください。

<関連サイト>
新潟県立環境と人間のふれあい館

2012年10月05日

  平成24年9月28日(金)に、本学卒業生の社会人をパネリストに迎え、卒業生との懇談会を開催しました。この懇談会は、在学生に対する就職支援の一環として開催したもので、機械制御システム工学科と情報電子工学科が学科毎に開催し、在学生は就職活動に向けて意識を高めました。
   卒業生からは、「現在の仕事の状況」、「就職活動の体験談や業界・企業を選ぶポイント」、「入社後も仕事をするうえでの勉強が必要」などの説明があり、「大学でしっかりと基礎的な知識や技能を身につけることが大切」、「新聞を読んで社会の動向を把握することが必要」などのアドバイスがありました。3、4年生もパネリストとして登壇し、「就職活動に向けての心構え」や「インターンシップへの取組み方」、「早期に筆記試験対策を行うこと」等について1、2年生にアドバイスがありました。
   会場の学生も卒業生に質問する形式で懇談を行い、「社会人になる前にやっておいてよかったこと」、「その会社に就職を決めた具体的な理由」などの質問があり、学生からは、「実際の会社の雰囲気や仕事の様子などを感じることができた」、「求人票にはない会社の現状が理解できた」などの感想があり、卒業生と在学生が情報交換する大変有意義な懇談会となりました。
  ※環境科学科は10月6日(土)、建築学科は10月20日(土)に開催を予定しています。

機械制御システム工学科の様子

情報電子工学科の様子

2012年10月04日

  このたび、本学学生の職業観を育成するため、学生が業界や企業の研究を行う「企業技術・要素ガイダンス」を、平成24年11月21日(水)に本学講堂で開催します。
(昨年度は「業種別企業ガイダンス」の名称で開催しました。)
  本ガイダンスは、企業の皆様から製品やパネル等をお持ち込みいただき、企業の技術や事業内容及び取り組みなどを説明・紹介いただくことで、本学学生と企業の皆様との情報共有を図ることを目的としております。
参加希望の企業の皆様におかれましては、以下のURLにある「企業技術・要素ガイダンス」の欄をご覧いただきまして、10月31日(水)までにお申込みいただきますようお願い申しあげます。

http://www.niit.ac.jp/job/index.html

昨年度の様子

2012年10月04日

 平成24年度教員免許状更新講習の三次募集を行います。

 詳しくはこちらから。

 受講申込はこちら。 教員免許状更新講習コンソーシアム新潟

2012年10月02日

  10月1日(月)から柏崎市民プラザを会場に、かしわざき市民大学後期講座「快適で安全な地域の“住まい”づくり」が始まりました。同講座は、本学建築学科の教員が講師となり、構造や環境・防災など、柏崎市の気候や特徴などを考えた住まいづくりについて解説します。
  開講日初日の10月1日(月)は、富永禎秀教授が、「環境と住まい」と題して、各地域の気候に応じた快適な住まいについて、講義を行いました。

 

講座の様子

 

解説する富永教授

2012年10月02日

   新潟工科大学地域産学交流センターでは、平成24年9月24日(月)に新潟工科大学産学交流会の長岡地域の会員企業との懇談会を長岡新産管理センターの会議室において開催しました。本懇談会は、各地区に大学スタッフが出向いて少人数形式により開催するもので、大学と会員企業との情報交換や会員相互の交流促進と大学への要望をお聞きすることを目的に毎年開催しております。

   懇談会では、大学の研究事例として、環境科学科の一柳孝司教授から「食品の機能研究」をテーマに、食品の機能に着目した疾病予防の研究が推進されている状況を紹介しました。続いて、原利昭 地域産学交流センター長から、新潟工科大学と地域の企業が共同で行う市場開拓技術構築事業の事例を紹介し、また、水ビジネスを始めとする環境分野や健康と観光を複合したメディカルツーリズムへの事業展開の可能性などについて紹介を行いました。その後、意見交換会を行い、本学に対するご意見やご要望をいただきました。


(主な意見)

今後のビジネスモデルを構築するうえで新潟工科大学と共同で研究事業を実施しており、今後も引き続き連
携・交流を図っていきたい。現在、燃料電池に関わる事業に取組んでおり、将来は家庭への普及を拡大させ
たいと考えている。 
当社は輸送業務を核に様々な事業に取組んでおり、食品を取り扱う業務も行っていることから、本日の食品
の機能に関する研究発表を興味深く聴かせていただき、大変参考になった。是非、当社社員にも聴講させた
いと感じたため、今後、機会がありましたら当社にて講演していただければありがたい。

   今回いただきました皆様のご意見を今後の教育・研究に反映させていきたいと考えています。
   新潟工科大学では企業の皆様からの共同研究、調査・分析、技術相談などを承っていますので、お気軽に本学に相談・お問い合わせいただければと思います。

意見交換の様子

研究事例の紹介

新潟工科大学 キャリア・産学交流推進課
〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719
TEL 0257-22-8110  FAX 0257-22-8123
E-Mail:career-sangaku@adm.niit.ac.jp