NIIT ニュース

2013年01月11日

  本学と新潟産業大学が共同で運営する「まちかど研究室」では、第2回柏崎最高プロジェクトを実施します。

  【第2回柏崎最高プロジェクト概要】
  前回までの「動画」に加え、「写真」「絵」「川柳」を合わせて募集します。
  柏崎が「最高」と思う景色、食べ物、イベント、活動など、柏崎市の魅力を表現した作品を募集します。
  応募できる作品数は一人または1団体、全形式の合計5作品までとなります。
  審査は動画や写真などの形式ごとではなく、全形式を一緒にして「情報発信力」「郷土愛」等を考慮して行います。
  総額10万円相当の賞品を用意しています。
  審査では「大人部門」と「子ども部門」でそれぞれ1〜5位を決定した上、最終審査対象全作品の中から、各審査員賞を決定します。
 

応募期限は、平成25年2月3日(日)まで。毎週日曜日10時から17時の間にまちかど研究室で受け付けます。


  【応募要項】
  大人向け   子ども向け

 

  【まちかど研究室公式サイト】  
 

画像をクリックすると公式サイトにとびます。



  【関連記事】 第1回柏崎最高プロジェクト


『まちかど研究室』とは?
  柏崎市と市内2大学による平成24年度大学・地域連携推進事業で、市内商店街の空き店舗を両大学が協働で運営する事業。通称「まち研」。
  7月22日(日)に本格オープンし、「柏崎最高(再興)プロジェクト」と市民による物品売買の橋渡しとなる「はろう!マーケット」、不要図書の無料配布などを行っている。店舗は市内ニコニコ通り商店街の一角に位置し、学生のミーティングや授業で使用するほか、市民には毎週日曜日に開放している。


学生たちが創作したまち研のライトアップとスプレーアート(平成24年12月) 

まち研のロゴマーク