NIIT ニュース

2013年09月12日

  9月11日(水)、ドイツのマグデブルグ・オットーフォンゲーリック大学の短期留学生5人が本学を視察しました。

  留学生は同大と新潟大学との大学間協定に基づき、8月下旬から約40日間の日程で新潟を訪れており、新潟大学の要請により本学の視察が実現しました。

  当日は午前中に上越市の中部電力上越火力発電所を、午後からは本学の4研究室及び原子力耐震・構造研究センターを視察しました。各研究室では研究活動の紹介、説明と活発な意見交換が行われ、交流を図りました。

 

 

建築学科 風洞実験室

 

情報電子工学科 数値情報研究室

 

環境科学科 地球環境化学研究室

 

機械制御システム工学科
医療・福祉工学研究室 

 

原子力耐震・構造研究センター

 

エントランスホールで記念撮影