NIIT ニュース

2013年10月10日

  平成25年9月20日(金)に「卒業生との懇談会」(情報電子工学科)を開催しました。この懇談会は、社会人として働く意義や実際の仕事の状況等について卒業生と懇談し、今後の進路を考えることを目的に毎年この時期に開催しており、今年で3年目の開催となります。

  懇談会には、企業の管理職として活躍している1期生や県外の企業でSEとして大手メーカーの開発に携わる入社3年目のフレッシュな卒業生など4人をパネリストにお迎えしました。早期に内定を獲得した4年生2人もパネリストに加わり、柿沼教授のコーディネートによって懇談会が進行しました。パネリスト同士やフロアーの参加学生からの質問を受けながら懇談会はテンポよく進み、予定していた開催時間があっという間に過ぎましたが、とても充実した内容の懇談会でした。

  パネリストの卒業生からは在学生に対し、「卒業研究室の選択の際には将来興味のある仕事に関連した研究室を選ぶことはポイントとなる」、「仕事で外国に行き、語学力が必要となるので、英会話ができるようにしておくこと」、「新聞を読んで地域経済や社会の状況を学んでおくことが必要」等のアドバイスをいただきました。参加した在学生からは、「就職するにあたって、今自分にできることがわかった。業界の事業なども詳しく説明いただいて理解が深まった」、「就職活動への心構えが変わった」、「先輩方の話を聞いて、取り組むべき事が明確になった」等の感想があり、今後の学生生活や将来のキャリア形成に明確な道筋ができたようでした。
  この懇談会は、学生からの要望も強く、今後も、毎年定期的に開催していく予定です。