NIIT ニュース

2013年10月10日

  平成25年9月28日(土)に、「卒業生との懇談会」(機械制御システム工学科)を開催しました。懇談会には、地元の製造業で技術職として国内外で活躍している2期生や、本学の合同会社説明会等にリクルーターとして来学している卒業生等4人をパネリストにお迎えいたしました。卒業生4人に4年生の内定者2人とこれから就職活動を始める3年生2人をパネリストとし、寺島正二郎教授がコーディネータを務め、機械制御システム工学科の全学生が参加しました。

  出席いただいた卒業生からは、「会社選びの際は、大学で学んだ興味のある分野で事業展開をしている業界や企業を研究した」、「入社してからは、先輩の仕事の仕方を理解し、少しでも早く一人前に仕事ができるようにすることが必要」、「就職活動は履歴書を早期に作成し、就職筆記試験対策をしっかりすることが必要」、「企業は積極性のある人物を求めているので、全ての物事に対して自分から能動的に行動することが大事」などのアドバイスがありました。

  学生からは、「実際に職場で働いている先輩の話を聞いて、就職への意識が高くなった」(1年)、「コミュニケーション能力、積極性が大事だということがわかった」(2年)、「今日は就職をする前、した後に、すべき事をたくさん聞けてとても勉強になった。今日の懇談会をこれからの就職活動に役立てていこうと思った」(3年)、などの感想があり大変有意義な懇談会となりました。

 
     

  環境科学科、建築学科については、10月26日(土)に開催予定です。