NIIT ニュース

2014年02月28日

  今年で12回目となる、新潟工科大学・新潟産業大学 学生による「柏崎に関する研究」発表会(主催:柏崎商工会議所総合建設部会、社団法人新潟県建設業協会柏崎支部)が2月27日(木)、柏崎商工会議所大研修室で行われました。会場には市民や建設業界、大学の関係者など120人が訪れ、学生たちの斬新な発表に熱心に聴き入っていました。

 発表は本学11人、新潟産業大学8人の学生が、卒業研究や授業など、この1年間に取り組んだ研究の成果を、スライドを使いながら発表しました。まちかど研究室について発表した建築学科3年の臼井啓さんは「学外の人の前で発表するのは初めてで緊張したが、最後は楽しかった」と笑顔で話していました。 

  研究発表テーマと発表者は次のとおりです。(本学分のみ)

≪演習発表≫
 『建築総合演習』における柏崎研究への取組み
◆ 「地下横断歩道を有する交差点の利用実態と提案」
  建築学科3年 永原 雄太さん
◆ 「子供の居場所の保護と解決策」
  建築学科3年 小池 幸平さん
◆ 「柏崎市内の住居屋根の形状および材料の調査」
  建築学科3年 高津 謙さん
 
≪大学と市民との関わり≫
◆ 「まち研の一年奮闘記」(大学・地域連携推進事業「まちかど研究室」活動報告)
  建築学科4年 大橋 尚弥さん、建築学科3年 臼井 啓さん、ほか新潟産業大学の学生
◆ 日本酒ラベルデザインコンペ
  建築学科1年 内山 由貴さん(グランプリ受賞者)
  建築学科3年 永原 雄太さん(準グランプリ受賞者)

≪研究発表≫
◆ 「柏崎・刈羽モデルによる原子力リスク情報の分かりやすさ改善」
   情報電子工学科4年 池 聡一郎さん、猪俣 隆行さん、神田 裕基さん、山際 海さん
◆ 「来店機会創出イベントの参加効果に関する研究―新潟県柏崎市『得する街のゼミナール』を事例として―」
   建築学科4年 神田 昴樹さん
◆ 「じょんのびといきる。」
   建築学科4年 大橋 尚弥さん

   
 
 
 

2014年02月28日

  2月13日(木)に新潟県立柏崎高等学校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業(※1)への協力として、理数コース2年生18人を対象に本学において、自然エネルギーを活用したマイクログリッド(分散型電源ネットワーク)施設の見学、分子模型の作製を実施しました。なお、指導には、環境科学科の小野寺正幸准教授があたりました。

  本学では1月14日(火)にも、理数コース1年生を対象に実施しています。
  ・1月14日(火)の実施の様子 

分子模型作製の様子


  本学では柏崎高等学校以外にも、新潟県立上越総合技術高等学校のSPP(サイエンス・パートナーシップ・プログラム)事業(※2)として、建築・デザイン科の生徒を対象に本学建築学科の教員が協力しています。

  ※1 将来の国際的な科学技術関係人材を育成するため、文部科学省に指定された先進的な理数教育を実施する高等学校等が学習指導要領によらないカリキュラムの開発・実践や課題研究の推進、観察・実験等を通じた体験的・問題解決的な学習等を実施する事業
  ※2 科学技術振興機構に指定された学校が、大学・科学館などと連携して、科学技術、理科、数学に関する観察、実験、実習などの体験的・問題解決的な学習活動を実施する事業

2014年02月26日

  柏崎市内の酒造業者とのコラボによって実現した日本酒ラベルのデザインコンペが2月23日(日)、柏崎市高柳町のじょんのび村で行われ、建築学科1年の内山由貴さんの作品「きつね参り」がグランプリを受賞しました。受賞作品は、6月下旬から販売される新商品のラベルとして使用されることになりました。

  このコンペは柏崎信用金庫が、市内高柳町の石塚酒造と本学建築学科を仲介して実現した産学交流事業です。

  建築学科では、主に「工学基礎ゼミ」の時間を使って作品を募集し、20作品が提案されました。学内で行われた一次審査は1月24日(金)、プレゼンと学生による投票を行いました。二次審査となったこの日は、同町の雪まつり会場での一般投票と、会場をじょんのび村に移して行われた学生のプレゼン及び選考委員10人による投票が行われ、受賞作品を決定しました。

  内山さんの作品は、同町に伝わる狐の夜祭りをイメージして、手で作った狐の影を切り絵風にしたものです。

 このほかの受賞者と作品名は次のとおりです。準グランプリ=永原雄太さん「古里の酒」、審査員特別賞=片貝真成さん「姫ものがたり」、石塚酒造社長賞=本間駿太さん「風光明媚」、柏崎信用金庫理事長賞=田中翔太さん「高」

   

一次審査の様子 

 一次審査でプレゼンする学生

   

雪まつり会場のテント内に展示された作品 

じょんのび村でのプレゼン 

   

表彰される内山さん(左) 

グランプリ受賞作品「きつね参り」 

2014年02月25日
掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:2月28日 8:30)


※問い合わせ先:入試広報課

2014年02月25日
掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:2月28日 8:30)


※問い合わせ先:入試広報課

2014年02月20日

  平成26年2月13日(木)、14日(金)に、来春卒業予定の3年生、大学院1年生を対象とした学内合同会社説明会を本学講堂において開催しました。
  当日は、昨年よりも16社多い152社の企業から参加いただきました。参加企業は株式会社コロナ(東証1部上場)や日本精機株式会社(東証2部上場)など、毎年コンスタントに本学の学生を採用いただいている県内の企業のほか、大成ラミック株式会社(東証1部上場)や日本金銭機械株式会社(東証1部上場)などの業界シェアNo.1を誇る県外の企業からも参加いただくなど、本学の学生にとって将来の活躍の可能性が広がる大変良い機会となりました。

  説明会では1回あたり2時間40分と言う短い時間ではありましたが、企業の担当者(中には社長が参加した企業も有りました)から、ものづくりに対する企業理念や具体的な人材育成の方針等について、直接説明いただき、ものづくりを志向する本学の学生は将来の自分を想像しつつ、真剣に説明を聴いていました。

  参加した学生からは、「今まで知らなかった業界や企業の話を聴くことができ、視野が広まった」、「会社見学に参加したいと思う企業が見つかり、今後の活動に活かしたい」などの感想がありました。
  また、企業からは、「学生は会社のホームページを事前にリサーチし、情報収集している印象を受けた」、「質問が多く、就職に対する意欲が感じられた」などの感想をいただきました。

  本学では、今後も「学内ミニ合同会社説明会」の開催や就職ガイダンスや就職面談等を行い、小規模大学のメリットを活かしたきめ細かい就職支援を行って参ります。


2014年02月12日

  平成26年度一般入学試験C日程、大学入試センター試験利用入学試験C日程の出願期間について、お知らせします。
  なお、一般入学試験C日程の試験会場は、本学のみとなります。
  受験を予定している方は、以下の出願期間内に十分余裕をもって出願してください。各入学試験の詳細は、学生募集要項またはホームページをご覧ください。
  学生募集要項を請求される方は、こちらからご請求ください。

 1.出願期間

   ■一般入学試験C日程
     平成26年2月17日(月)〜3月1日(土)【締切日消印有効】

   ■大学入試センター試験利用入学試験C日程
     平成26年2月17日(月)〜3月1日(土)【締切日消印有効】


 2.経済的支援制度について 

     

 初年度学納金の半額(授業料、実験実習費および施設設備費の合計64万円)を免除する資格特待生制度など経済的支援制度を設けています。

  経済的支援制度の詳細については、こちらをご覧ください。

2014年02月08日
掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:2月12日 8:30)


※問い合わせ先:入試広報課

2014年02月08日
掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:2月12日 8:30)


※問い合わせ先:入試広報課

2014年02月08日
掲載期間満了のため終了しました。

(更新日:2月12日 8:30)


※問い合わせ先:入試広報課

2014年02月05日

  平成25年度 大学院工学研究科博士前期課程における学位論文発表会を、下記のとおり開催します。
  本発表会は、学生、教職員はもとより、企業、一般の方など、どなたでも聴講できます。多数のご来場をお待ちしています。

学位論文発表会日程

2014年02月04日

 環境推進学生会の会長、副会長が2月9日(日)、FMポートの番組に出演します。第18回新潟県環境賞を受賞した団体の取組や活動内容を紹介している番組で、本学は2人の学生が電話で取材を受けました。
 放送時間は以下のとおりです。ぜひお聴きください。

放送日:2月9日(日) 16時30分〜17時 「PORTA 〜思いをカタチに〜」内で8分程度

放送局:FMポート(79.0MHzなど、一部地域で試聴できない場合があります。)

関連サイト:第18回新潟環境賞を受賞しました