NIIT ニュース

2014年05月27日

 新潟工科大学産学交流会の平成26年度通常総会が、平成26年5月15日(木)に新潟市のホテル日航新潟で開催されました。
 総会においては、平成25年度の事業報告並びに平成26年度の事業計画について審議が行われ、本年度も産学交流会から本学の教育・研究に全面的に支援をいただける大学支援事業等が承認されました。
 続いて、今年は本学及び同会の創立20周年を記念して、記念講演会が行われました。講師には独立行政法人宇宙航空研究開発機構JAXA宇宙科学研究所 教授 川口 淳一郎様をお迎えし、「やれる理由を見つけて挑戦する」を演題にご講演をいただきました。小惑星探査機はやぶさのプロジェクトマネージャを務められた際のエピソードや、人材育成に関する多くのテーマについてお話しをいただきました。
 また、総会終了後に懇親会が開催され、会員企業と大学とでより一層の交流を図りました。

【大学支援事業】
・優秀学生に対する表彰
・定める資格を取得した学生に対する表彰
・学生の学会発表支援
・大学施設・研究設備の充実支援
・キャリア形成科目への講師派遣
・職業実習生の受入れ
・学生の就職活動支援

   
総会の様子 川口教授による講演会の様子
2014年05月27日

 平成26年5月21日(水)に、3年生及び大学院1年生を対象とした就職活動のためのマナー講座を開催しました。講師にはキャリアドバンスの岡田美栄様をお招きし、就職活動における身だしなみや言葉づかいをはじめ、あいさつとお辞儀の方法等について実践的に学びました。

 学生からは、「マナーの重要性、知識などを知ることができたので、学んだことをしっかりと実践できるようになりたい」、「身だしなみやあいさつの方法など、大変勉強になった。職業実習や就職活動等で役立てたい」などの感想があり、大変有意義なガイダンスとなりました。

 
     
2014年05月26日

 6月21日(土)開催のオープンキャンパス情報を掲載しました。
 今回は年に一度の学園祭、工科大祭と同時開催。大学の雰囲気を感じる絶好の機会です。

 当日は大学紹介、キャンパス見学、研究室見学など午前中だけのプログラムとなっています。午後からは、テレビでも有名な環境評論家、武田邦彦氏の文化講演会も予定されています。この機会をぜひご利用ください。

 オープンキャンパスには受験生だけでなく、どなたでも参加できます。ご来場お待ちしています。

詳しくは、こちら

2014年05月16日

 5月10日・11日の二日間で開催された「JIA(日本建築家協会)新潟県内卒業設計コンクール2014」において、建築学科の卒業生(現本学大学院生)の作品「終の千里」が「金賞」を受賞しました。昨年度卒業生もこのコンクールで金賞を受賞しており、2年連続となります。

 本年度のコンクールでは、新潟県内から新潟大学(5作品)、長岡造形大学(5作品)、本学(1作品)、新潟職業能力開発短期大学校(1作品)が出展され、審査員7人による投票及び審査によって、金賞・銀賞・銅賞・審査員賞などが決定されました。金賞受賞者は、6月に開かれる全国大会へと進出します。

 卒業設計では、制作者の出身地である「山古志」を対象とし、中越大震災後、さまざまな意味をもつ祭りとして行われてきた「賽の神」を建築として残すことが大きな命題です。
 祭りが行われるまでの様々な過程を建築空間の機能として捉え、集落の人々が準備から祭りまでの過程でこの建築に集うことを通じ、関わる場や機会を設けることで、集落としての繋がりやコミュニティを維持し、過疎化・高齢化が進む中、この建築を通じて集落が存続できるように、という願いが込められています。

 審査員からの評価とともに、様々なアドバイスを受ける機会ともなり、これらを活かして、全国大会での健闘が期待されます。

 
     
   
     

2014年05月15日
       5〜6月開催の進学説明会情報を更新しましたので、お知らせします。
 専門スタッフが進学に関する質問に親切丁寧にお答えします。参加予約は不要で、入退場自由となっています。
 ぜひ、ご来場ください。



 進学説明会の情報については、こちら
2014年05月14日

 柏崎マリンスポーツ連絡協議会主催の“2014かしわざき風の陣”の開催に向けた「海岸清掃」が5月10日(土)、柏崎市内の海岸において行われ、本学からは環境推進学生会のメンバー12名を含む44名の学生が参加しました。
 当日は、ほかの参加者のみなさんと協力し、砂浜をキレイにしました。

   

みんなで薪拾い?

   
     当日は海風つよし!!    
2014年05月14日

 平成26年5月14日

  関 係 各 位

新 潟 工 科 大 学
学長 長谷川 彰
(公印省略)

新潟工科大学 教員(電子情報通信)公募について(依頼)

 新潟工科大学では、下記の要領により教員を公募いたします。
 つきましては、希望される方は、下記の要領によりご応募いただきますようお願い申しあげます。

1.職名、員数: 准教授又は助教  1人(任期5年)
    ※任期満了後、任期のない専任教員への任用の可能性あり。
     
2.専門分野: 電子情報通信に関わる分野
     
3.担当授業科目:
 
通信基礎、通信理論、オペレーティングシステム、伝送システムから2科目以上、
工学ゼミ、学生実験、卒業研究、当該分野の大学院授業科目他
  ※旧課程科目の通信基礎、通信理論、オペレーティングシステム、伝送システム、
 当該分野の大学院授業科目他も担当
     
4.資格要件: 次の(1)〜(5)の要件を全て満たす者
  (1)上記授業科目を担当できる者
  (2)上記専門分野で教育・研究業績のある者
  (3)大学院において専門分野の教育と研究指導ができる者
  (4)研究代表者として独立した研究室を運営できる者
  (5)博士の学位を有する者、又は着任までに取得見込の者
     
5.採 用 日: 平成27年4月1日
     
6.応募書類: (1)履歴書(本学所定様式) 1部
    (2)研究業績書(本学所定様式) 1部
    (3)主要論文別刷(3編、コピー可) 各1部
    (4)研究業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (5)教育業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (6)採用後の教育研究に関する抱負(任意様式、2000字以内) 1部
    (7)推薦書または意見を求めることができる方2名の氏名と連絡先(任意様式) 1部
    (8)選考結果通知用封筒(長3封筒に返信先を明記し、82円切手貼り付けのこと)
    ※提出された書類は返却いたしません。
    ※各様式は、下記からダウンロードしてください。
     
7.問い合わせ先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 工学部  教授 角山 正博
    電話:(0257)22−8111(代表)、FAX:(0257)22−8112(代表)
    E-mail:mtuno@iee.niit.ac.jp
     
8.書類提出先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 事務局総務課
     
9.提出方法:
 
封書の表に「教員応募書類(電子情報通信) 在中」と朱書きし、
必ず簡易書留にて送付してください。
     
10.応募期限: 平成26年8月20日(水)必着
     
11.応募方法:
 
書類による選考の後、面接等を行います。
ただし、その場合の交通費等は自己負担となります。
     
12.そ の 他: 新潟工科大学の詳細については、本学ホームページを参照してください。
     
 

PDF
形式

Excel
Word
形式 

・新潟工科大学教員公募要領

・新潟工科大学教員公募 : 履歴書

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績書

 −

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績の概要

・新潟工科大学教員公募 : 教育業績の概要

2014年05月14日

 この度、新潟工科大学同窓会は同窓会総会・懇親会を下記のとおり開催いたします。新潟工科大学は今年で創立20周年を迎え、同日は工科大祭や各種記念イベントが開催されます。
 つきましては、これを機に母校を訪れ、恩師や懐かしい旧友と再会し、後輩を激励いただきたいと存じますので、是非ご出席いただきたくご案内申しあげます。
 同窓会総会・懇親会のご案内を、順次お送りさせていただきます。5月23日までにお手元に届かない場合は、帰省先をご確認ください。なお、ご案内が届いていない方につきましては、転居等による住所不明で案内がお送りできない状態ですので、以下の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

1.総会
  日  時 平成26年6月21日(土)15時30分から16時15分まで
  場  所 新潟工科大学 S1大講義室
2.懇親会
  日  時 平成26年6月21日(土)17時00分から19時00分まで
  場  所 ホテルメトロポリタン松島
(所在地:柏崎市鯨波1828 TEL:0257-24-5505)
3.送迎バス
 同窓会総会・懇親会の開催に合わせて、以下のとおり送迎バスを運行します。
  1)総会参加者用
    柏崎駅南口(地下道を通る)14時30分出発 → 大学
  2)懇親会参加者用(大学発)
    大学図書館脇16時30分出発 → メトロポリタン松島
  3)懇親会参加者用(柏崎駅発)
    柏崎駅南口(地下道を通る)16時40分出発 → メトロポリタン松島
  4)懇親会終了後
    メトロポリタン松島19時10分発 → 柏崎駅19時20分着 → 大学19時40分着

  ※乗車希望者は、出欠票にご記入ください。

問い合わせ先 新潟工科大学同窓会事務局(キャリア・産学交流推進課)
  TEL 0257-22-8110
FAX 0257-22-8123
E-mail dousoukai@niit.ac.jp
2014年05月12日

 5月4日(日・みどりの日)から6日(火・振替休日)の3日間、本学の創立20周年記念として、「ロボカップジャパンオープン2014 レスキューロボット実機リーグ 柏崎」を開催しました。期間中は概ね天候にも恵まれ、およそ700人の方々にご来場いただきました。
 ロボカップジャパンオープンは、日本で開催するロボカップの国内大会で今年で15回目となります。今回初めて新潟県柏崎市、福岡県飯塚市・北九州市の3会場に分散して開催され、本学では、レスキュー実機リーグが開催されました。
 レスキュー実機リーグは、被災現場をモデルとしたフィールド内にいる被災者の情報(状態・場所など)を遠隔操作または完全自律型のロボットを使用して調査し、その精度を競う競技です。

 大会には、海外からの1チームを含む12チーム75人が参加し、4日及び5日の予選、6日の決勝と熱戦が繰り広げられました。本学のチーム「NIIT-BLUE」は、ロボットの特徴でもある小型・軽量を活かし、今回のフィールドで設けられた高層場所からのスタートに果敢に挑戦していました。結果は、残念ながら予選で7位となり、惜しくも決勝には進めませんでした。しかし、期間中に行われたポスターセッションでは、3Dプリンタを使った部品製造など本学独自の取り組みが評価され、奨励賞を受賞しました。大会の結果は以下のとおりです。
 【レスキュー実機リーグ結果】
  1位:京都大学SHINOBI(京都大学)
  2位:NiTRo(名古屋工業大学)
  SICE賞:電通大田中研+根(電気通信大学、京都大学)
  奨励賞:NIIT-BLUE(新潟工科大学)
  Best in Class Mobility(※1):DERA Pickers(愛知工業大学)
  Best in Class Autonomy(※2):RoDEP(九州工業大学情報工学部)
   ※1 Best in Class Mobility:ロボットの移動能力のみの競技
   ※2 Best in Class Autonomy:ロボットの自律移動、探索のみの競技

 また、イベント期間中、県内工業高校やロボカップジュニアチームによるロボットの展示・実演、小学生・中学生を対象とした体験教室、柏崎おもちゃドクター連絡会によるおもちゃ病院、株式会社移動ロボット研究所代表取締役の小柳 栄次 氏による記念講演などが行われました。
 参加された皆さん、お疲れ様でした。
 また、ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。
 最後に、本大会に後援、協賛いただきました、柏崎市をはじめ多くの団体・企業の皆様に厚く御礼申しあげます。

 

開会式

 

チーム代表者ミーティング

 

フィールドを取り囲む多くのギャラリー

 

高層場所からのスタート

 

坂を上るNIIT-BLUE

 

順調と思いきや、まさかの転倒

 

ピットで反省会

 

テレビ局の密着取材

 

参加者全員で記念撮影

 

受賞チーム代表者の記念撮影

 

柏崎工業高等学校による出展

 

長岡工業高等学校による出展

 

新潟工業高等学校による出展

 

ジュニアチームによるデモンストレーション

 

LEGOマインドストームを使った
プログラミング教室

 

ロボット工作教室

 

記念講演

 

  同時開設:おもちゃ病院

2014年05月09日

 平成26年5月9日

  関 係 各 位

新 潟 工 科 大 学
学長 長谷川 彰
(公印省略)

新潟工科大学 教員(数値シミュレーション)公募について(依頼)

 新潟工科大学では、下記の要領により教員を公募いたします。
 つきましては、希望される方は、下記の要領によりご応募いただきますようお願い申しあげます。

1.職名、員数: 助教  1人(任期5年)
    ※任期満了後、任期のない専任教員への任用の可能性あり。
     
2.専門分野: 構造・熱流体解析及び連成解析などの数値シミュレーションに関する分野
     
3.担当授業科目:
 
 
シミュレーション技術の基礎、構造・伝熱シミュレーション、
熱・流体シミュレーションから2科目以上、
工学ゼミ、学生実験、卒業研究、当該分野の大学院授業科目 他
  ※旧課程科目の学生実験、卒業研究、当該分野の大学院授業科目他も担当
     
4.資格要件: 次の(1)〜(5)の要件を全て満たす者
  (1)上記授業科目を担当できる者
  (2)上記専門分野で教育・研究業績のある者
  (3)大学院において専門分野の教育と研究指導ができる者
  (4)研究代表者として独立した研究室を運営できる者
  (5)博士の学位を有する者、又は着任までに取得見込の者
     
5.採 用 日: 平成27年4月1日
     
6.応募書類: (1)履歴書(本学所定様式) 1部
    (2)研究業績書(本学所定様式) 1部
    (3)主要論文別刷(3編、コピー可) 各1部
    (4)研究業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (5)教育業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (6)採用後の教育研究に関する抱負(任意様式、2000字以内) 1部
    (7)推薦書または意見を求めることができる方2名の氏名と連絡先(任意様式) 1部
    (8)選考結果通知用封筒(長3封筒に返信先を明記し、82円切手貼り付けのこと)
    ※提出された書類は返却いたしません。
    ※各様式は、下記からダウンロードしてください。
     
7.問い合わせ先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 工学部  教授 吉本 康文
    電話:(0257)22−8111(代表)、FAX:(0257)22−8112(代表)
    E-mail:yosimoto@mce.niit.ac.jp
     
8.書類提出先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 事務局総務課
     
9.提出方法:
 
封書の表に「教員応募書類(数値シミュレーション) 在中」と朱書きし、
必ず簡易書留にて送付してください。
     
10.応募期限: 平成26年8月20日(水)必着
     
11.応募方法:
 
書類による選考の後、面接等を行います。
ただし、その場合の交通費等は自己負担となります。
     
12.そ の 他: 新潟工科大学の詳細については、本学ホームページを参照してください。
     
 

PDF
形式

Excel
Word
形式 

・新潟工科大学教員公募要領

・新潟工科大学教員公募 : 履歴書

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績書

 −

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績の概要

・新潟工科大学教員公募 : 教育業績の概要

2014年05月09日

 平成26年5月9日

  関 係 各 位

新 潟 工 科 大 学
学長 長谷川 彰
(公印省略)

新潟工科大学 教員(加工関連分野)公募について(依頼)

 新潟工科大学では、下記の要領により教員を公募いたします。
 つきましては、希望される方は、下記の要領によりご応募いただきますようお願い申しあげます。

1.職名、員数: 助教  1人(任期5年)
    ※任期満了後、任期のない専任教員への任用の可能性あり。
     
2.専門分野: 精密加工学、立体造形及びトライボロジーのいずれかに関する分野
     
3.担当授業科目:
 
機械工作法、自動加工技術、立体造形、加工シミュレーションから2科目以上、
工学ゼミ、学生実験、卒業研究、当該分野の大学院授業科目 他
  ※旧課程科目の工作機械、NCプログラミング、当該分野の大学院授業科目他も担当
     
4.資格要件: 次の(1)〜(5)の要件を全て満たす者
  (1)上記授業科目を担当できる者
  (2)上記専門分野で教育・研究業績のある者
  (3)大学院において専門分野の教育と研究指導ができる者
  (4)研究代表者として独立した研究室を運営できる者
  (5)博士の学位を有する者、又は着任までに取得見込の者
     
5.採 用 日: 平成27年4月1日
     
6.応募書類: (1)履歴書(本学所定様式) 1部
    (2)研究業績書(本学所定様式) 1部
    (3)主要論文別刷(3編、コピー可) 各1部
    (4)研究業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (5)教育業績の概要(本学所定様式、2000字以内) 1部
    (6)採用後の教育研究に関する抱負(任意様式、2000字以内) 1部
    (7)推薦書または意見を求めることができる方2名の氏名と連絡先(任意様式) 1部
    (8)選考結果通知用封筒(長3封筒に返信先を明記し、82円切手貼り付けのこと)
    ※提出された書類は返却いたしません。
    ※各様式は、下記からダウンロードしてください。
     
7.問い合わせ先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 工学部  教授 吉本 康文
    電話:(0257)22−8111(代表)、FAX:(0257)22−8112(代表)
    E-mail:yosimoto@mce.niit.ac.jp
     
8.書類提出先: 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
    新潟工科大学 事務局総務課
     
9.提出方法:
 
封書の表に「教員応募書類(加工関連分野) 在中」と朱書きし、
必ず簡易書留にて送付してください。
     
10.応募期限: 平成26年8月20日(水)必着
     
11.応募方法:
 
書類による選考の後、面接等を行います。
ただし、その場合の交通費等は自己負担となります。
     
12.そ の 他: 新潟工科大学の詳細については、本学ホームページを参照してください。
     
 

PDF
形式

Excel
Word
形式 

・新潟工科大学教員公募要領

・新潟工科大学教員公募 : 履歴書

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績書

 −

・新潟工科大学教員公募 : 研究業績の概要

・新潟工科大学教員公募 : 教育業績の概要