各種案内

チャレンジアップ制度



チャレンジアップ制度概要

学術研究活動をはじめ、ものづくりや資格取得、TOEICや課外活動など、主に5部門で学生が表彰されます。学生からの自薦または教職員からの推薦により申請ができ、受賞者には、賞状と副賞が贈呈されます。
この制度を通して、学生の主体的な活動に関心や評価を高め、より多くの優秀な人材を本学から育成・輩出していくことを目的としています。

チャレンジアップ制度の対象部門、申請の方法はこちらをご確認ください。

申請用紙は下記をご利用ください。

  • チャレンジアップ制度申請書
  • チャレンジアップ制度申請書
  •  

    メディア掲載

    柏崎日報にチャレンジアップ制度の取組みが掲載されました。
    記事の内容はこちら(柏崎日報2019年10月16日)

     

    2019年度の受賞者

    受賞者名 学系・学年 対象業績
    9月 増田 翔 機械・素材科学系
    先進製造コース4年
    3級機械保全技能士合格 詳細は
    こちら
    新沢 源成 機械・素材科学系
    化学バイオコース3年
    危険物取扱者乙種第4類合格
    平野 悦郎成 機械・素材科学系
    先進製造コース4年
    3級機械保全技能士合格
    8月 小檜山 達紀 建築・都市環境学系
    都市環境エネルギーコース4年
    学生消防団員の増強 詳細は
    こちら
    山口 諒 機械・素材科学系
    化学バイオコース4年
    危険物取扱者乙種第4類合格
    7月 田邉 幸宏 建築・都市環境学系
    建築コース4年
    建築施工管理技師2級合格 詳細は
    こちら
    宮澤 崇史 建築・都市環境学系
    建築コース4年
    建築施工管理技師2級合格ほか
    大島 陽太 機械・素材科学系
    先進製造コース4年
    工業英検4級合格
    平野 悦郎 機械・素材科学系
    先進製造コース4年
    工業英検4級合格
    小林 由衣乃 大学院工学研究科 2年 FEMS2019(国際学会)でのポスター発表ほか
    阿部 佳峻 大学院工学研究科 1年 工業英検4級合格