Now Loading...

NEWS

新着情報

風・流体工学研究センター 拡大運営委員会を開催しました

 7月13日(月)に、風・流体工学研究センターの拡大運営委員会として、学内研究課題の昨年度の成果報告会と新規課題のキックオフミーティングが開催されました。学内研究課題は、本学の風・流体力学研究の活性化を図り、裾野を広げる目的で、2018年度から開始された研究助成制度です。今回発表された研究課題は以下の通りです。

 1.「下肢の血流改善のための持続的足関節運動装置の開発」 笹川 圭右 准教授
 2.「液表面の乱れを促進する新規混合機構に関する基盤研究」 小野寺 正幸 准教授
 3.「海洋インフラ点検用水中ロボットの開発 ~柔軟インペラを用いた水中ロボット用円筒形推進器の開発~」 大金 一二 准教授
 4.「振動計測による風荷重および積雪荷重の推定に関する研究」 涌井 将貴 講師
 5.「密集市街地における住宅の通風性状の把握とその改善手法の提案」 Mohammadreza SHIRZADI 研究員
 6.「集水板を備えた下掛け水車の水理特性」 佐藤 栄一 教授

 新型ウイルス感染症対策の関係で、昨年度のような全学的な成果報告会は開催せず、拡大運営委員会という形での報告会となりましたが、活発に意見が交わされました。様々な分野を専門とする教員が、意見交換することで新たな気づきなどもあり、今年度の活動につながるものとなりました。

 今後のセンターの活動については、新型ウイルス感染症の影響で活動に制限はあるが、研究を引き続き継続していくとともに、WEBやSNSを通じての情報の発信を積極的に行っていく旨の報告がされました。


 

お気軽にお問い合わせください。

施設の見学、風をはじめとする空気や液体などの流体に関する
問題解決の依頼などは、下記お問い合わせ先へご連絡下さい。

お問い合わせ / 資料請求

0257-22-8110

(受付時間:平日9:00 〜 17:00)

FAX. 0257-22-8123E-mail.