機械・素材・食品学系

熱エネルギー研究室

吉本 康文教授

研究室画像

研究概要

機械式過給とEGR(排気再循環)を併用するディーゼル機関にバイオ燃料や天然ガスを適用することで、どこまで燃焼が改善できるかを追及しています。EGRは排気 の一部を吸気に還流する技術であり、排気中のNOx(窒素酸化物)が顕著に低減します。過給は吸入空気を加圧してシリンダに供給する技術であり、EGR率を拡大して運転した際のPM(微粒子)やSmoke(吐煙)排出量の増加を抑制し、エンジンの出力低下を防ぎます。再生可能なバイオ燃料を使用することで、限りある石油資源の消費を抑えながら、エンジンから排出される二酸化炭素を削減することができます。資源エネルギー問題ならびに地球環境問題に対処し、持続可能な社会を構築する観点から、とくにNOxとSmokeとのトレードオフ改善に着目した研究を進めています。

メンバー

教職員

教授
吉本 康文

連絡先

新潟工科大学 熱エネルギー研究室

TEL: 0257-22-8116    
E-mail:yosimoto@mce.niit.ac.jp
E-mailアドレスの「@」を半角に置き換えてください。

Please scroll Page top