機械システム学系

バイオメカニクス・UD研究室

笹川 圭右准教授

研究室画像

研究内容

安心安全な手術をめざして

病気や怪我の治療のためにさまざまな手術が 行われます。安全で確実な手術結果を得るため に、有限要素解析法とシミュレーション技術を応 用した研究を行っています。
例1)骨に差し込まれた人工股関節ステムが手術後に動 きやすいかどうかの予測をすることができます。

病気や怪我の治療のためにさまざまな手術が 行われます。安全で確実な手術結果を得るため に、有限要素解析法とシミュレーション技術を応 用した研究を行っています。
例2)骨折部の骨をつなぐため、プレートやスクリューなどが使用されますが、手術後に確実に骨折治療が進むような手術支援を行っています。

手術用デバイスの開発

手術にはさまざまなデバイスが使用されています。使用しやすく、最適な治療効果を達成するために、それらデバイスの革新的設計・開発を行っています。

めざせ!リアル造形!

3Dプリンタを用いて、実物そっくりな造形モデルを開発しています。骨の3次元コンピュータモデルから実物大で骨の強度を模擬した骨造形モデルを作っています。

企業の方へ

工学技術の一つである有限要素解析によるシミュレーション技術を医療分野に応用する研究に取り組んでいます.また,医療福祉機器の開発などにも取り組んでいます.下記のテーマに関して技術相談・講演・共同研究などをご希望される場合はご相談ください.

  • 医療インプラントの応力解析
  • 生体組織の応力解析および力学試験
  • 機械要素部品,装置に関する応力解析
  • 機械要素部品に関する流体解析
  • 医療福祉機器の開発

実験装置

非接触3次元デジタイザ

装置概要
RANGE5は,プレス品,機械加工品から金型,試作,鋳造,射出成形品に至るまで,さまざまな工業製品のパーツを瞬時に3次元デジタイズし,外観の形状をデジタルデータとしてコンピュータ上に高精度に再現することが可能。これをアプリケーションソフトで3次元CADデータと照合することで,全面および断面偏差,肉厚分布評価,GD&T(幾何公差)などを手早く確認することが可能。
メーカー名
KONICA MINOLTA RANGE5
用途
高精度、高信頼性が要求される工業用途に最適な非接触3次元デジタイザ
仕様・構成
① 測定方式:三角測量 レーザ光切断方式
② 測定距離:450mm~800mm
③ 測定範囲:(450mm)150×188×109mm,(800mm)267×334×194mm
④ 精度(Z):8μm
研究業績等一覧

Please scroll Page top