電子情報学系

生体システム研究室

伊藤 建一教授

研究室画像

研究内容

生体情報計測機器の開発例1:光電脈波計測による心拍・呼吸の同時測定システム

生体情報の日常モニタリングでは、バイタルサイン(心拍数、血圧、体温、呼吸状態)の把握が重要です。本研究では、緑色LEDを用いた反射型の光電脈波測定から心拍数だけでなく、呼吸数も同時に測定可能なシステムを開発しています。

生体情報計測機器の開発例2:絶縁容量電極を用いた心電信号測定システム

日常生活での長時間心電図計測は病気の予防や早期発見の面で重要です。現在、心電信号の測定にはペーストを介して導電性電極を装着しますが、煩わしいだけでなく拘束感が強く、さらに長期測定に適していません。本研究では、ペーストが不要な絶縁容量電極を用いた測定システムを開発しています。

人体通信機器の開発:信号伝送損失特性の解明

人体通信の通信機を設計するためには、人体の信号伝送損失特性をよく理解するとともにその損失を最小化する技術が重要となります。数値電磁界シミュレーションとスペクトラムアナライザを用いた実測によって検討を行っています。

人体通信機器の開発:生体情報モニタリング機器の開発例

人体送信機は測定した心電図信号で搬送波を変調して電極を介して人体に送信し、受信機では人体を通過して減衰した信号を増幅・復調した後、Android端末へ無線(Bluetooth)を用いて転送します。

企業の方へ

医療・ヘルスケア分野のセンシングやネットワーキングに関する研究とスポーツ分野のセンシングに関する研究に取り組んでいます。上記研究では、主に下記の技術を用いておりますので、技術相談や共同研究をご希望される場合は気軽にご相談ください。

各種測定器を用いた電気電子特性計測
有限要素法を用いた数値電磁界解析とCFD解析
FPGAやマイコンなどを用いた電子回路開発
信号処理応用・画像処理応用

実験装置

ネットワークアナライザ

装置概要
パッシブ・コンポーネントのテストに適したネットワークアナライザ
メーカー名
KEYSIGHT TECHNOLOGIES社 E5063A
用途
回路や材料の高周波特性の計測
仕様・構成
2port 100kHz~500MHz

LCRメータ

装置概要
広範囲な測定条件で研究開発や実使用条件での評価に最適なLCRメータ
メーカー名
HIOKI社 IM3536
用途
電子部品などのインピーダンスの計測
仕様・構成
100mΩ〜100MΩ,DC, 4Hz~8MHz

有限要素解析ソフトウェア

装置概要
単独の物理計算のほかに,高度なマルチフィジックス計算可能なソフト
メーカー名
COMSOL社 COMSOL MULTIPHYSICS
用途
各種物理現象の有限要素解析
仕様・構成
本体,AC/DCモジュール,CFDモジュール
研究業績等一覧

Please scroll Page top