電子情報学系

電力・エネルギー研究室

今田 剛教授

研究室画像

研究概要

パルス大電力技術により地球環境を改善します。
時間と電力の交換により大電力を発生するパルス大電力技術を活用した地球環境の改善に取り組んでいます。豆電球を点ける程度の電力1Wたらずで時間幅1秒の電気の積木を考えてみます。積木3つを横に並べれば、3秒間、豆電球を点けることができます。これを縦に積みかえれば、電力が3倍になり1秒間ですが豆電球は明るく光ります。さらに時間を圧縮して100ナノ秒にすると、電力は3万kWにもなり、発電所の発電量に相当する大電力を実験室内でつくることができます。このパルス大電力技術を有害物の処理に利用すると、分解が難しい物質を容易に処理できたり、環境に優しい処理が可能になります。水、大気、土壌や食料に関する色々な処理技術の開発に取り組んでいます。

メンバー

教職員

教授
今田 剛

学部生

4年
3名

連絡先

電力・エネルギー研究室

TEL: 0257-22-8142    
E-mail: imada@iee.niit.ac.jp
E-mailアドレスの「@」を半角に置き換えてください。

Please scroll Page top