機械・素材・食品学系

食品機能解析学研究室

久保田 真敏准教授

研究室画像

基本情報

所属
新潟工科大学 工学部 工学科 機械・素材・食品学系 准教授
学位
博士(学術)新潟大学
J-GLOBAL ID
201801021447710779
外部リンク

研究キーワード

  • physiological function
  • Rice protein
  • 生理学的機能性
  • 米タンパク質

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学

学歴

  • 2006年10月 - 2010年03月
    新潟大学 / 自然科学研究科 / 生命・食料科学専攻

受賞

  • 2016-05
    日本栄養・食糧学会 / 日本栄養・食糧学会奨励賞 / 米タンパク質の新規生理学的機能性に関する研究
    久保田真敏

論文

MISC

書籍等出版物

  • お米の化学 白米タンパク質の生理学的機能性
    久保田真敏,門脇基二
    共著
    原稿の執筆
    講談社エディトリアル
    2017年07月
  • 米蛋白質の食文化と機能性.“穀類の歴史・食文化と機能性”
    久保田真敏,門脇基二
    共著
    原稿の執筆
    フジメディカル出版
    2016年12月
  • 矢澤, 一良
    分担執筆
    第III編 素材別機能、第5章 米
    シーエムシー出版
    2016年
  • 米胚乳タンパク質の特性と新規健康機能
    久保田真敏,渡邊令子,門脇基二
    共著
    原稿の執筆
    農林水産・食品産業技術振興協会
    2015年
  • 食品機能性成分の吸収・代謝機構
    久保田真敏,門脇基二
    分担執筆
    第II編第1章1 概観:アミノ酸の吸収
    シーエムシー出版
    2013年
  • Digestibility, bioavailability, and beneficial effects of alkali-extracted rice protein.
    M. Kadowaki,R. Watanabe,M. Kubota,T. Kumagai,T. Masumura
    共著
    三共出版
    2012年
  • 新規食品素材としてのコメタンパク質とその生理機能
    門脇基二,久保田真敏,増村威宏,熊谷武久,渡邊令子
    共著
    原稿の執筆
    エヌエフアイ合同会社
    2008年

講演・口頭発表等

  • 米胚乳タンパク質の特性と糖尿病合併症に対する有効性.
    久保田真敏,渡邊令子,熊谷武久,斎藤亮彦,門脇基二
    第70回日本栄養・食糧学会大会
    2016年05月15日
    日本栄養・食糧学会
  • 米タンパク質の新規生理学的機能性に関する研究.
    久保田真敏
    第70回日本栄養・食糧学会大会
    2016年05月13日
    日本栄養・食糧学会
  • Effect of alkali extraction on the digestibility and bioavailability of rice protein.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    2012 Experimental Biology
    2012年
  • Rice prolamin/protein body-I gets indigestible by cooking.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    2011 International Symposium Dietary Protein for Human Health
    2011年
  • Mechanism of the change in digestibility of rice prolamin by cooking.
    M. Kubota,R. Watanabe,T. Masumura,T. Kumagai,S. Fujimura,M. Kadowaki
    XI Asian Congress of Nutrition
    2011年
  • Cooking causes the deterioration of prolamin digestibility in rice.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins
    2011年
  • Cooking makes rice prolamin indigestible.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,C. Ohno,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    19th International Congress of Nutrition
    2009年
  • Effect of cooking process on the in vivo digestibility of rice prolamin in rats.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,C. Ohno,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    Second International Symposium on Rice and Disease Prevention
    2008年
  • Difference in manufacturing process of rice protein affects its digestibility in gastrointestinal trace of rats.
    M. Kubota,Y. Saito,T. Masumura,T. Kumagai,R. Watanabe,S. Fujimura,M. Kadowaki
    10th Asian Congress of Nutrition
    2007年

所属学協会

  • -
    日本農芸化学会
  • -
    日本腎臓学会
  • -
    日本アミノ酸学会
  • -
    日本栄養・食糧学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

産業財産権

  • 2013-17197 2014-147315 タンパク質栄養組成物
    門脇基二,斎藤亮彦,細島康宏,久保田真敏,渡邊令子,藤井幹夫
    門脇基二,斎藤亮彦,細島康宏,久保田真敏,渡邊令子,藤井幹夫,
  • 特願2015-554716 米タンパク質を有効成分とする血清尿酸低下剤
    斎藤亮彦,細島康宏,門脇基二,久保田真敏,藤井幹夫,近藤葉月
    斎藤亮彦,細島康宏,門脇基二,久保田真敏,藤井幹夫,近藤葉月

Please scroll Page top