機械・素材・食品学系

材料・設計研究室

吉田 宏二准教授

研究室画像

基本情報

所属
新潟工科大学 工学部工学科 准教授
J-GLOBAL ID
200901052164071519
外部リンク

研究キーワード

  • 酸化物高温超伝導体の物質合成と基礎物性
  • 磁性体(スピントロニクス) 試料合成

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

経歴

  • 2012年 - 現在
    新潟工科大学 / 工学部 / 准教授
  • 2010年 - 2012年
    茨城大学 / 大学教育センター / 准教授
  • 2007年 - 2010年
    茨城大学 / 大学教育センター / 講師
  • 2001年 - 2007年
    山口東京理科大学 / 基礎工学部 / 助手
  • 1998年 - 2001年
    : :新エネルギー産業技術総合開発機構・研究員
  • 1997年 - 1998年
    : :国際超電導産業技術研究センター・研究員
  • 1996年 - 1997年
    : :日本学術振興会・特別研究員

論文

  • K. Yoshida,K. Watanabe,H. Shimizu
    26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT26), PTS 1-5
    400
    2012年
    査読あり
  • Strong Correlation among Structural, Electronic, and Magnetic Properties of Sr2Fe1+xMo1-xO6 (0 ≤x ≤1)
    Koji Yoshida1, Shinya Ikeuchi, Hajime Shimizu, Satoru Okayasu, and Takashi Suzuki
    Journal of the Physical Society of Japan
    80
    2011年
    査読あり
  • K Yoshida,Y Fujii,H Shimizu
    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS
    98
    10
    2005年11月
    査読あり
  • K Yoshida,S Kihara,H Shimizu
    PHYSICA B-CONDENSED MATTER
    359
    1330 - 1332
    2005年04月
    査読あり
  • K Yoshida,H Kojima,H Shimizu
    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN
    72
    12
    3254 - 3258
    2003年12月
    査読あり
  • K Yoshida,H Kojima,H Shimizu,T Suzuki,T Fujita
    JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS
    131
    3-4
    607 - 611
    2003年05月
    査読あり
  • Difference in Ru ionic state between Ru1212 and Ru1222 from ESR measurements
    KojiYoshida, Masatoshi Nakamura, Hiroki Kojima, Hajime Shimizu
    Physica C: Superconductivity
    388-389
    2003年
    査読あり
  • Pressure-Induced Suppression of Pair Breaking in YBa2(Cu1-xZnx)3O7-δ
    Koji Yoshida, and Setsuko Tajima
    J. Phys. Soc. Jpn.
    70
    2001年
    査読あり
  • Pressure effects on anisotropic resistivity in detwinned YBa2Cu3O7−δ : Unconventional carrier doping
    K. Yoshida, A. I. Rykov, S. Tajima, and I. Terasaki
    Phys. Rev. B
    60
    1999年
    査読あり
  • Electronic crossover in the highly anisotropic normal state of Sr 2 RuO 4 from pressure effects on electrical resistivity
    K. Yoshida, F. Nakamura, T. Goko, T. Fujita, Y. Maeno, Y. Mori, and S. NishiZaki
    Phys. Rev. B
    58
    1998年
    査読あり
  • K Yoshida,Y Maeno,S Nishizaki,T Fujita
    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN
    65
    7
    2220 - 2226
    1996年07月
    査読あり
  • Crossover from 3D to 2D metallic conduction in Sr2RuO4
    K. Yoshida, Y. Maeno, S. Nishizaki, S. Ikeda & T. Fujita
    Journal of Low Temperature Physics volume
    105
    1996年
    査読あり
  • Anisotropic superconductivity of Sr2RuO4
    K.Yoshida, Y.Maeno, S.Nishizaki, T.Fujita
    Physica C: Superconductivity
    263
    1996年
    査読あり
  • Y MAENO,H HASHIMOTO,K YOSHIDA,S NISHIZAKI,T FUJITA,JG BEDNORZ,F LICHTENBERG
    NATURE
    372
    6506
    532 - 534
    1994年12月
    査読あり
  • Ion-size effects on the structure and superconductivity of La-214 compounds at 1/8 doping
    K.YoshidaF.NakamuraY.TanakaY.MaenoT.Fujita
    Physica C: Superconductivity
    230
    1994年
    査読あり

講演・口頭発表等

  • アルカリ金属水酸化物を用いたY(Ba,Sr)2Cu3O7-yの合成と超伝導
    小海紀幸,吉田宏二
    日本物理学会新潟支部会
    2019年
  • KOHフラックス法を用いたYSr2Cu3O7-y酸化物の合成条件の探索
    小海紀幸,吉田宏二
    日本物理学会新潟支部会
    2018年
  • ハーフメタルBa2FeMoO6 におけるMoサイトのNb置換効果
    吉田宏二,渡邊晃司, 清水大
    日本物理学会
    2013年
  • Nb-substitution effects in half-metallic double perovskite Ba2FeMoO6
    K. Yoshida, K. Watanabe and H. Shimizu
    The 26th Internat’l Conference on Low Temperature Physics
    2011年
  • eラーニングを用いた文系学生向けの数学授業
    千葉康生,吉田宏二
    日本科学教育学会
    2009年
  • Sr2FeMoO6のFe置換による構造,磁気転移および金属-絶縁体転移
    吉田宏二,池内晋也,金城直志,清水大
    日本物理学会
    2009年
  • 茨城大学におけるeラーニングの活用-「確かな学力の向上を目指す理系基礎教育」への取り組みを中心に-
    竹内俊彦,曽我日出夫,千葉康生,榊原暢久,岡裕和,吉田宏二
    教育システム情報学会
    2008年
  • ダブルペロブスカイトSr2Fe1+xMo1-xO6単結晶の電気的特性
    日本物理学会,応用物理学会中四国支部 2007年度支部学術講演会
    2007年
  • ESR によるダブルペロヴスカイトSr2Fe1+xMo1-xO6 の磁気的性質
    2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会
    2007年
  • Sr2Fe1+xMo1-x06の電気特性と磁性
    日本物理学会 2007年年会
    2007年
  • Sr2Fe1+xMo1-xO6の金属-絶縁体転移と磁性
    日本物理学会 2006年秋季大会
    2006年
  • Ba2-xNaxFeMoO6のキャリア濃度と物性
    日本物理学会 2006年年会
    2006年
  • Ba2FeMoO6におけるNa置換によるTCと飽和磁化の減少
    日本物理学会,応用物理学会中四国支部 2005年度支部例会
    2005年
  • Broadening of Ferromagnetic Resonance Linewidth in Ba2FeMoO6
    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems ’04
    2004年
  • 巨大磁気抵抗をもつBa2FeMoO6におけるNa置換効果
    日本物理学会 2004年秋季大会
    2004年
  • RuSr2(Eu1.4Ce0.6)Cu2O10の高圧酸素処理によるTcの変化
    日本物理学会 2004年秋季大会
    2004年
  • 巨大磁気抵抗もつSr2FeMoO6におけるNa置換効果
    日本物理学会 2004年年会
    2004年
  • A2FeMoO6(A = Sr,Ba)の単結晶育成と磁気特性
    日本物理学会 2004年年会
    2004年
  • Broadening of Ferromagnetic Resonance Linewidth in Ba2FeMoO6
    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems ’04
    2004年
  • 二重整列ペロブスカイト酸化物A2FeMoO6 (A = Sr, Ba) の磁気特性
    日本物理学会,応用物理学会中四国支部 2003年度支部例会
    2003年
  • Ba2FeMoO6の単結晶育成とその物性
    日本物理学会,応用物理学会中四国支部 2003年度支部例会
    2003年
  • (Sr, Ba)2FeMoO6 のESR
    日本物理学会 2003年秋の分科会
    2003年
  • ESRによるRuSr2(Gd,Eu)1.4Ce0.6Cu2O10の磁気特性
    日本物理学会 2003年秋の分科会
    2003年
  • ESRによるSr2FeMoO6の磁気特性
    日本物理学会 2003年会
    2003年

Please scroll Page top