附属機関・支援組織

Affiliated Organizations /
Support Organizations

大学支援事業

 >  附属機関・支援組織  >  大学支援事業

大学支援事業

優秀学生への表彰制度

優秀学生への表彰制度

在学中の資格の取得を支援するために、産学交流会では国家・公的資格の取得者を表彰しています。システム監査技術者や電気主任技術者、福祉住環境コーディネーター、実用英語技能検定2級以上など、各分野に関する対象の資格取得者に対して、卒業時に表彰とともに奨励金を給付しています。

授業などへの講師派遣

授業などへの講師派遣

3年次の必須科目の「産業と大学」では、産業界で活躍する各企業の責任者が、創業から発展に至る経緯、企業の社会的役割、技術的な特色等について講演を行います。学生の勉学への意欲を高めるとともに、折に触れ人生観や経営哲学を学ぶことを目的としています。

2019年度の実績
「地方創生へのチャレンジ」

(株)竹内電設 代表取締役 兼 AKK代表  竹内 一公 氏

「製品設計について」

北越工業(株)取締役 開発・品質担当  山後 正幸 氏

「技術者(企業)の倫理」

(株)コロナ 執行役員 技術本部副本部長  西村 常男 氏

※その他、非会員企業2社が実施

職業実習生の受け入れ(インターンシップ、海外インターンシップ)

職業実習生の受け入れ(インターンシップ、海外インターンシップ)
インターンシップ

産学交流会の会員企業がインターンシップの受入れをしています。大学で学ぶ工学知識との関連を知るとともに、今後の学習の方向性を認識することを目的とし、主に夏期休暇期間中に2週間程度の期間で実施をしています。

2019年度の実績

会員企業35社 計55名が参加

海外インターンシップ

海外展開をする企業が多く、グローバルな視点を持った技術者が求められることから海外工場でのインターンシップも実施しています。海外における生産管理や、外国人従業員に対するマネジメントを学んでもらいます。

2018年度の実績

田中衡機工業所(株)ベトナム工場
参加者 : 3年生 2名
期 間 : 2019年2月18日~3月2日
※2019年度は実績なし

学生の就職活動支援

学生の就職活動支援

産学交流会では学生の就職支援をしています。3年次学生と大学院の博士前期課程の学生を対象とした合同会社説明会では、3日間で200社を超える企業が本学で説明会を実施します。

2018年度の実績

会員企業89社、非会員企業119社 計208社
※2019年度は中止

給付型奨学金制度(未来応援プログラム)による就学支援

給付型奨学金制度(未来応援プログラム)による就学支援

学生の夢や将来の目標を実現させるために2018年にスタートした給付型の奨学金制度です。大学院へ進学したい、学業に専念をしたい、海外で活躍をしたいなどの夢や目標がある学生に対して、年間60万円(月5万円)を返済不要の給付型奨学金として給付をします。採用期間は1年間で継続審査も可能な制度です。