附属機関・支援組織

Affiliated Organizations /
Support Organizations

産学交流会とは?

 >  附属機関・支援組織  >  産学交流会とは?

新潟工科大学を支える産学交流会

産学交流会とは

本会は、企業と新潟工科大学の連携を推進し、会員企業の資質向上と地域の発展に寄与することを目的として設立されました。
大学との積極的な交流を通して、研究への指導と助言、共同研究の促進、技術相談および講演会など、各種機能を会員企業が有効に利用し、活用するための情報提供と窓口業務を行います。
また、大学設立の経緯と開学の理念に基づき、大学運営の円滑化と教育研究の充実を図るための各種支援事業を行うとともに、会員相互の交流を進めるための事業を行っています。
当会の趣旨に賛同され、ご入会を希望される方は本会事務局までお問い合わせください。

佐藤 功
会長 佐藤 功

サトウ食品株式会社 相談役会長

寺尾 正義
副会長 寺尾 正義

北越工業株式会社 代表取締役社長

野崎 正博
副会長 野崎 正博

一正蒲鉾株式会社 代表取締役社長

問い合わせ先

新潟工科大学産学交流会

〒950-0141 新潟市江南区亀田工業団地1-3-6
TEL:025-381-1811 FAX:025-381-1813

会長メッセージ

佐藤 功
実践的技術者を育てるインターンシップ

産業界では、「実学の精神」で、いかなる問題にも柔軟に対応できる基礎学力と新しい分野を開拓していく創造力を併せ持つ技術者を望んでいます。新潟工科大学が3年次の夏休みに行っているインターンシップは、そうした技術者を育てるのに最適な制度です。当社がインターンシップを積極的に受け入れる理由は、実際の現場で創造性と着眼力に磨きをかける「ものづくりの視点」を肌で感じてほしいからです。
現場で活動する人々と交わり、現場指導者の監督のもとに実務を経験して得られる成果は、今後の修学に必ず生かされると思います。机上の理論や知識でなく、現場で働くということはどういうことか、そのために何が必要なのかが分かると、その後の勉学に取り組む姿勢が違ってくると聞きます。新潟県の産業界が成長していくためには、有能な技術者が不可欠です。新潟工科大学の学生の皆さんの活躍を大いに期待しております。

大学支援事業

優秀学生に対する表彰制度や、必須科目「産業と大学」の講師派遣、職業実習生の受入れなど様々な形で学生への支援活動を行っています。

  • 優秀学生への表彰制度
  • 授業などへの講師派遣
  • 学内施設、研究施設の充実
  • 職業実習生の受け入れ
  • 広報活動支援
  • 学生の就職活動支援
  • 給付型奨学金制度による修学支援

交流事業

地域懇談会や企業見学会の開催など、会員企業と本学の連携強化、会員相互の交流促進を目的とした事業を実施しています。

  • 産学交流事業(講演会、セミナー等への開催)
  • 先進企業見学会の実施
  • その他交流事業

大学利活用事業

  • 大学と会員企業との共同研究費用の一部補助
  • 教員の研究内容の開示
  • 利活用窓口業務

会員企業一覧

新潟県を代表する食品メーカーや、グローバル展開する産業機器メーカー、地域に根差した中小企業まで、多種多様な企業が所属しています。

主なプロジェクト活動

PROJECT1実践的な学びを提供
実践的な学びを提供

新潟工科大学産学交流会では、企業の経営者や技術者を大学の授業などヘ講師として派遺しています。講演を行う「産業と大学」、企業の課題に社員と取り組む「工学プロジェクト」など実践的な学びを提供しています。また、学生が参加するインターンシップ「職業実習」の受入れを行っています。

PROJECT2給付型奨学金制度(未来応援プログラム)による支援
給付型奨学金制度(未来応援プログラム)による支援

新潟工科大学産学交流会の企業からの寄付金を基にした給付型奨学金制度「未来応援ブログラム」では、月額5万円(年間60万円)を毎年70人程度の学生に給付します。入試の特待生や各種減免制度との併用も可能で、学生の夢の実現を応援します。

PROJECT3修学環境の整備や意欲向上をサポート
修学環境の整備や意欲向上をサポート

教育面だけでなく修学意欲を高めるための支援も行っています。新潟工科大学産学交流会が指定した国家・公的資格を取得した「学生への表彰制度」、 キャリア教育の一環として企業の先端技術を紹介する「対話型企業技術・要素会」の開催、教育施設・設備等の整備など、学生がよりよい環境で修学するための支援を行っています。

PROJECT4就職支援
就職支援

新潟工科大学は、ものづくりを学んだ学生を採用したい企業によって設立された大学。産学交流会会員企業は学生にとって心強い存在です。学内で行う対話型企業技術・要素会や合同会社説明会では、多くの会員企業が参加し、就業意欲を高めたり的確なアドバイスを行うなど、学生たちを強力にサポートしています。

PROJECT5研究交流
研究交流

本学と産学交流会会員企業との交流においては、地域産学交流センターが企業などからの共同研究、受託研究、奨励寄附、技術相談および各種調査等を受け入れ、多くの成果を上げてきました。基礎研究、応用研究および実用化研究など、相談や研究の内容により、専門の枠を越えて多方面から検討し、提案しています。また、企業等の技術者向け研修会、技術相談会および講演会等を開催し、その成果を広く社会に還元しています。