Now Loading...

NEWS

新着情報

シルザディ特任研究員、富永センター長の共著の論文が国際ジャーナル誌に掲載されました

 シルザディ特任研究員と富永禎秀センター長の共著の論文が、専門家の審査を経て、国際ジャーナルSustainable Cities and Society誌に掲載されました。
 密集した市街地の建物の通風性状を、本学の大型風洞を用いた実験結果とそれを再現したCFD(数値流体力学)シミュレーションによって、分析したものです。

 Shirzadi, M., Tominaga, Y., Mirzaei, P. A., 2020. Experimental and steady-RANS CFD modelling of cross-ventilation in moderately-dense
urban areas, Sustainable Cities and Society, vol. 52, 101849 論文を見る

 この風洞実験には、本学の学生も参加しています。また共著者のイギリス・ノッティンガム大学のParham A. Mirzaei助教授は、今年6月11日に本学を訪問しました。
関連記事

 以下はシミュレーション結果の一例です(建物群内の風速分布と乱流エネルギーの分布を上からみた様子。クリックまたはタップすると拡大されます)。

お気軽にお問い合わせください。

施設の見学、風をはじめとする空気や液体などの流体に関する
問題解決の依頼などは、下記お問い合わせ先へご連絡下さい。

お問い合わせ / 資料請求

0257-22-8110

(受付時間:平日9:00 〜 17:00)

FAX. 0257-22-8123E-mail.