Now Loading...

ABOUT the CENTER

風を知る

大型境界層風洞とは

本風洞は、建築物等の模型に実際の市街地に吹く風を模擬した風をあて、建築物周辺の風の流れや強さ、作用する風圧力などを測定するための装置です。
1.8m(幅)×1.8m(高さ)×13.0m(長さ)という大きな測定部を持ち、これは建築用としては国内でも最大級の規模を持つ風洞です。この大きな測定部によって、より正確で詳細な測定が可能となります。最高風速は約25m/sです。

CLICK to ZOOM

風洞実験室外観

風洞測定部内部

風洞用大型送風機

風環境実験用模型

大型境界層風洞 仕様

風洞本体

形式 回流式
測定部断面 1.8m×1.8m
測定胴長さ 16m(ターンテーブル中心まで13m)

送風機

形式 両吸込型ワイドファン
流量 5,832 ㎥/min
全圧 60mmAq

電動機

形式 閉鎖他力通風式
出力 132kW
基底回転数 1150rpm

主な計測機器

  • PIV(粒子イメージ流速計測)システム(2D, 3D)
  • 高応答性濃度計
  • 熱線風速計
  • 多点風圧計
  • 多点サーミスタ風速計
  • 微差圧計

お気軽にお問い合わせください。

施設の見学、風をはじめとする空気や液体などの流体に関する
問題解決の依頼などは、下記お問い合わせ先へご連絡下さい。

お問い合わせ / 資料請求

0257-22-8110

(受付時間:平日9:00 〜 17:00)

FAX. 0257-22-8123E-mail.