Now Loading...

NEWS

新着情報

台風襲来前にテレビ局が風洞を取材しました

 10月11日(金)、台風19号が日本列島に近づく中、テレビ新潟(TeNY)が風・流体工学研究センターで風の実験と取材を行いました。

 風洞実験室内では、大平真理子キャスターが傘を差したまま風を体感。富永禎秀センター長が風速を上げるにつれ、傘はひっくり返り、ついには立っているのがやっとの状態に。
 次に、サボテンの鉢植えを使い、どのくらいの風で鉢植えが倒れるかを実験しました。

 この模様は、当日夕方の「夕方ワイド新潟一番」で放送され、台風への備えが呼びかけられました。

   

お気軽にお問い合わせください。

施設の見学、風をはじめとする空気や液体などの流体に関する
問題解決の依頼などは、下記お問い合わせ先へご連絡下さい。

お問い合わせ / 資料請求

0257-22-8110

(受付時間:平日9:00 〜 17:00)

FAX. 0257-22-8123E-mail.