就職・キャリア支援

Employment /
Career Support

4年間のキャリア教育

 >  就職・キャリア支援  >  4年間のキャリア教育

企業と連携した「キャリア教育」

新潟工科大学では、専門教育と教養教育に加え、入学から卒業までの間を通じて学生の社会的・職業的自立を図るための、実践型の就業力育成プログラムを構築しています。
キャリア教育では、将来の夢や目標を持ち、卒業後の自分の進路を選択するためのキャリア形成科目「産学協同科目」を各学年に配置し、企業と連携して社会的・職業的に自立するための人間力の育成を図ります。

実践型の就業力育成プログラム

実践型の就業力育成プログラム
「産学協同科目」
4年間のスケジュール
「産学協同科目」4年間のスケジュール

※1 1年次は必修科目、2~3年次は選択科目。
※2 「産業と大学」は必修科目。それ以外は選択科目。

キャリアデザイン

新潟県内の上場企業の元人事担当者、開発担当者を特任教授として、1年次から職業観や人間力の育成を学び、キャリアデザインが描ける力を習得します。

キャリアデザイン

工学プロジェクト

企業人を講師として招き、学年・学系・コースが混在する学生グループで、企業の課題解決を目指します。

工学プロジェクト

産業と大学

企業人講演会

産業界で活躍する各業界の責任者の講演を通じ、企業の社会的役割などを学びます。

企業人講演会
対話型企業技術・要素会

学生の職業観を高めるため、各企業の方が来学し、製品やパネル・模型等を展示して出展いただき、企業研究を行います。

対話型企業技術・要素会
卒業生との懇談会・情報懇談会

卒業生を招き、懇談会や情報交換会を通じて働くことの意義や就職活動の心構えなど、身近な先輩から学びます。

卒業生との懇談会・情報懇談会

インターンシップ

企業の現場を肌で感じ、実習先で体験したことを、今後の学習や将来の職業選択に役立てます。

インターンシップ