お知らせ

News

 >  お知らせ  >  学生関係  >  1月申請分のチャレンジ制度の表彰式を行いました

1月申請分のチャレンジ制度の表彰式を行いました

2021/02/03

 1月申請分のチャレンジアップ制度の表彰式を行いました。この制度は2019年度からスタートした学生表彰制度です。学術研究活動部門、ものづくり部門、資格取得部門、TOEIC部門、課外活動部門の5つの部門で、学生本人が申請し、毎月表彰式を実施しています。受賞者には賞状と副賞が贈呈されます。
 チャレンジアップ制度の詳しい内容と過去の受賞者はこちらからご覧ください。

 今回は資格取得部門で、4年生と大学院1年生の2名の学生が表彰され、門脇副学長より表彰状と副賞が進呈されました。

<チャレンジアップ制度・1月表彰者>
【資格取得部門】
受賞者:
新沢源成さん(化学バイオコース4年生)
受賞業績:
技術英語能力検定2級合格
〈門脇副学長との対談〉:
Q.技術英語能力2級を受けようと思ったきっかけはなんですか?
昨年、小野寺先生の勧めで技術英語能力検定3級に合格しました。その後、自分の研究に関する英語論文の単語をもっと理解できるようになりたいと思い、今年は技術英語の授業を履修して、技術英語能力検定2級に挑戦しました。

Q.今年度で卒業になりますが、後輩たちに何かアドバイスはありますか?
授業で先生から教えてもらうことも大事ですが、図書館に資格に関するテキストや問題集がたくさんあるので、自分から進んで繰り返しやることが自分の力や自信、成果につながったと感じています。

受賞者:
岩本駿さん(大学院工学研究科1年生)
受賞業績:
2級建築士学科試験合格、2級建築士取得(令和2年 合格率26.4%)
〈門脇副学長との対談〉:
Q.2級建築士に挑戦しようと思ったきっかけはなんですか?また、どのように勉強しましたか?
将来、建築の道に進もうと考えているので、建築士の資格は絶対に取得したいと思っていました。大学を卒業しているので、1級建築士にも挑戦できますが、まずは2級から挑戦しました。学科試験は大学の授業で習ったことを基に、テキストを用いてほとんど独学で勉強し、製図は資格試験対策の専門学校に通って2ヶ月程度勉強しました。 

Q.受験してみてどうでしたか?また、これからの目標があったら教えてください。
昨年卒業した同期らも2級建築士に挑戦しましたが、全員が合格できたわけではないので、改めて考えると簡単な試験ではなかったのだと感じています。無事に合格できて嬉しく思います。今後は、就職活動をして、大学院の修了に向けて研究を頑張りたいです。