工学部・大学院

Faculty of Engineering / Graduate School

電子情報学系  2・3・4年次 知能情報通信コース

 >  工学部・大学院  >  工学部  >  電子情報学系  2・3・4年次 知能情報通信コース

これからのデジタル化社会を支えるICT、AlおよびloTを扱うことのできる知能情報通信の技術を身に付けます。

知能情報通信コース

これからのデジタル化社会を見据え、産業界に変革をもたらす情報通信技術の基盤となる機械学習、画像情報処理、組込みシステムや伝送システムなどの授業内容を網羅しています。
これらの科目を系統的に学んで、デジタルコンテンツ開発に使える専門技術の力を身に付けていきます。少人数のゼミナール形式の演習やプロジェクト・ベースド・ラーニングの考えを取リ入れた実験を通じて、学生のやる気や考える力を伸ばします。

知能情報通信コース

これからのデジタル化社会を見据え、産業界に変革をもたらす情報通信技術の基盤となる機械学習、画像情報処理、組込みシステムや伝送システムなどの授業内容を網羅しています。
これらの科目を系統的に学んで、デジタルコンテンツ開発に使える専門技術の力を身に付けていきます。少人数のゼミナール形式の演習やプロジェクト・ベースド・ラーニングの考えを取リ入れた実験を通じて、学生のやる気や考える力を伸ばします。

ピックアップカリキュラム

電気回路
コンピュータプログラミングI·II

プログラム技術の主流となりつつあるオブジェクト指向プログラミングをPython言語による演習を通じて系統的に学んでいきます。また、基本情報技術者の資格取得に向けた試験対策も学びます。

生体情報計測
コンピュータアーキテクチャ

コンピュータの仕組みを理解し、応用するための基礎を身に付けます。テキストと併せてモデルコンピュータ用シミュレータを使い、コンピュータの基本構成と命令実行の仕組み、割り込み処理、記憶方式を学びます。

光エレクトロニクス
人工知能基礎

新しい知能情報の世界を拓く人工知能(Al)に必要な技術を学んでいきます。知識表現、述語論理、推論、確率推論、探索、ヒューリスティック、制約充足間題や学習と決定木などAlの基盤を網羅しています。

グリーンエネルギー
伝送システム

情報化社会の基盤技術である無線通信、有線通信や光通信の伝送方式、情報の交換技術、それらに用いる機器の動作や保守点検について系統的に学びます。特殊無線技士の資格取得に必要な科目です。

OTHER アルゴリズムとデータ構造/情報理論/オブジェクト指向 プログラミング/オートマトンと形式言語/通信基礎/電波法規/光エレクトロニクス/オペレーティングシステム/デジタル信号処理/画像情報処理/組込みシステム/機械学習/自然言語処理/認知科学/知能情報通信コースゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ/知能情報通信コース実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/卒業研究 etc.

先輩からのメッセージ

塚野直紀さん
塚野直紀さん 工学科 情報通信コース4年(五泉高等学校出身)
新しい発見が興味に繋がっていく!

半導体レーザーと光ファイバーを使った光知能システムに興味があり、中でもレーザーカオスが学べるところは他にないと考えこの研究室に入りました。カオスという不安定な信号を発生させないのではなく、逆に利用しようとする発想が面白いです。先生は学生思いでいつも親身に対応してくれるので、研究室の雰囲気は明るくいつも楽しいです。ソフトウェアやネットワークを開発する仕事を目指して、研究を続けていきます。

教員からのメッセージ

海老澤賢史准教授
海老澤賢史准教授
新しいことにチャレンジする精神を!

光通信工学・応用光学の研究を行い、主に半導体レーザーのカオス発振という物理現象を情報通信分野に応用するための研究に力を入れています。最近では日本美術史研究のための画像解析に関する研究も進めています。本研究室には、新しいものに興味がある、新しいことに挑戦したい、そんなチャレンジ精神のある人が向いています。私は学生の自主性を重んじており、学生=研究仲間と考えています。色々なことに挑戦していきましょう。

コース紹介動画

資格

取得できるもの 高校学校教諭一種免許状(工業) ※教職課程履修者
第ー級陸上特殊無線技士 ※指定科目履修者
第三級海上特殊無線技士 ※指定科目履修者
取得を支援するもの ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者
品質管理検定
*無線技士の資格は総務省に認定申諸中。

主な卒業後の進路

ソフトウェア・ハードウェアの設計技術者、通信機器の開発技術者や整備技術者 など