工学部・大学院

Faculty of Engineering / Graduate School

機械システム学系 2・3・4年次 先進製造コース

 >  工学部・大学院  >  工学部  >  機械システム学系 2・3・4年次 先進製造コース

機械分野を中心としたさまざまな製品の“ものづくリ”に関する知識と技術を身に付けます。

先進製造コース

本コースではさまざまな製品の”ものづくり”の中でも、製造や生産現場で活躍できる人材育成を目指してカリキュラムを構成しています。具体的には、機械系の基本科目として材料力学や機械力学、振動学、機構学などを学びます。
その後、生産現場でのエキスパ ー トとして必要となる次の科目などを修得します。
設計や開発のために、設計製図やCAD/CAM、精密な加工のために加工工学や材料工学、製品の精度管理のために測定工学や品質工学などを中心に学び、これらに関連する実習も行います。

先進製造コース

本コースではさまざまな製品の”ものづくり”の中でも、製造や生産現場で活躍できる人材育成を目指してカリキュラムを構成しています。具体的には、機械系の基本科目として材料力学や機械力学、振動学、機構学などを学びます。
その後、生産現場でのエキスパ ー トとして必要となる次の科目などを修得します。
設計や開発のために、設計製図やCAD/CAM、精密な加工のために加工工学や材料工学、製品の精度管理のために測定工学や品質工学などを中心に学び、これらに関連する実習も行います。

ピックアップカリキュラム

立体造形
立体造形

立体を構成する概念や造形要素の知識と技法を学びます。3次元CADによるモデリングから3Dプリンタによる造形までの演習を通して、発想カ・表現カ・造形カ・構成力を養うとともに、基本的な加工技術を身に付けます。

自動加工技術
自動加工技術

現代の生産体制は著しく進歩しています。最新のNC加工、CAD/CAMのシステムや原理を理解し、演習を含めてNCプログラムの基本的な作成技術を学び、ものづくりにおける生産の省力化や無人化技術を身に付けます。

機械製図
機械製図

ものづくりでは、さまざまなアイデアを機械や器具として具現化するとともに、実際に製作するためには、その概念を正確に情報伝達する図面が必要です。講義と演習を通し、製図の基礎から製作囮面を仕上げる方法を学びます。

振動学
振動学

自動車の乗心地、機械の振動や騒音の防止などのために、振動学を学びます。授業では、微分方程式や行列演算、モード解析などの高等数学やシミュレーションを駆使して、卒業後に大学院や研究所で高度な研究をする礎を身に付けます。

OTHER 機械CAD/テクニカルイラストレーション/構造・機能性材料/機械保全技術Ⅰ・Ⅱ/メカトロニクス/構造・伝熱シミュレーション/熱・流体シミュレーション/計測工学/固体力学/サービスロボティクス/先進製造コースゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ/先進製造コース実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/卒業研究 etc.

先輩からのメッセージ

田村拓海さん
田村拓海さん 工学科 先進製造コース4年(新潟県央工業高等学校出身)
企業との連携は人として成長できる!

2年次の学系実験で、ガスタービンエンジンの金属材料やベアリング材料の研究に興味を持ち、山岸研究室に入りました。今は機械要素部品として難しい環境で使用されるベアリング用材料の機能や性能の研究を行っています。親しみやすい穏やかな先生ですし、企業との共同研究などいろんなことに挑戦しているので、知識を広げるだけでなく人間的にも成長させてもらっています。先輩後輩の壁のない研究室で、先輩から研究や就職活動のアドバイスをいただけるので安心です。

教員からのメッセージ

山岸郷志准教授
山岸郷志准教授
若い感性を活かしたものづくりを!

未来の社会をつくる工学の中でも、製造分野の技術はものづくりに直結する重要な役割を果たします。私の研究室では高い温度など特別な環境で使用される材料の耐久性や壊れ方を、実験やコンピュータシミュレーションを通じて調べ、安全で効率のよいものづくりの研究を行っています。実験などで学生が感じる苦労や驚き、達成感を共有できるよう、自分自身の感性をチューニングしながら指導しています。ぜひー緒に学びましょう。

コース紹介動画

資格

取得できるもの 高等学校教諭一種免許状(工業) ※教職課程履修者
取得を支援するもの 品質管理検定
テクニカルイラストレーション技能士
機械保全技能士
機械検査技能士
固体力学分野の有限要素法解析技術者
振動分野の有限要素法解析技術者
熱流体力学分野の有限要素法解析技術者

主な卒業後の進路

機械等の開発・製造技術者、機械保全技術者 など